バイデン大統領を支える「ファミリー&4人の孫娘」の素顔 | FRIDAYデジタル

バイデン大統領を支える「ファミリー&4人の孫娘」の素顔

交通事故で前妻と娘を亡くし、長男にも先立たれ……波乱万丈な人生を送ってきた

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
娘のアシュリー(左)と妻のジル(右)に挟まれ、大統領選での勝利宣言をするバイデン氏。妻と息子を連れた次男のハンター氏の姿もある(画像:アフロ)

新アメリカ大統領、ジョー・バイデン氏(78)の就任で注目を集めているのが、新しいファーストファミリーの存在だ。

関連画像にある家系図の通り、バイデン家には女性が多く、皆エネルギッシュだ。

「娘のアシュリーはオーガニック素材を使用したアパレル企業を立ち上げるなど、環境問題に対して高い意識を持っています。妻のジルは今後も英語教師の仕事を続けると宣言している自立した女性で、遊説(ゆうぜい)の際には体を張ってデモ隊から夫を庇(かば)ったことも。二人とも質実で、トランプ一家とは対極にあると言えるでしょう」(国際ジャーナリスト・山田敏弘氏)

バイデン氏には7人の孫がいる。なかでも、次男のハンター氏が前妻との間にもうけた三姉妹は祖父の活動を積極的にサポートしており、メディアでも話題だ。

「最もバイデン氏を支える存在になりそうなのが、インスタグラムのフォロワーを12万人以上持つナオミです。コロンビア大学のロースクールを卒業した才女で、政府からコロナ禍での景気刺激策が出された際には、受け取れる支援金の額が簡単に計算できるウェブサイトを作成し無料で公開していました。ナオミの妹にあたるフィネガンやメイシーも、副大統領時代から外遊に同行しています」(同前)

最初の妻と当時1歳だった娘を交通事故で亡くし、政治家になった長男にも先立たれているバイデン氏は、人一倍家族の絆を大切にすることで知られている。美女揃いのファーストファミリーが、新大統領を温かく支えていくに違いない。

昨年夏に行われた民主党全国大会にビデオ出演した孫娘達(左からメイシー、フィネガン、ナオミ、ナタリー)

『FRIDAY』2020年2月5日号より

  • 写真アフロ

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事