みのもんた 病と闘いながら年下恋人とラブラブショッピング | FRIDAYデジタル

みのもんた 病と闘いながら年下恋人とラブラブショッピング

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

年明けのとある夕刻。晩御飯の買い物客でゴッタ返す都心の高級スーパーへ仲良く入って行くみのもんた(76)と女性の姿があった。寄り添う美女は、娘でもなければ仕事関係者でもない。みのの40歳ほど年下の〝恋人〟であるK子さんだ。

買い物を終え、食材の入った紙袋を手に提げながら店を出るみのとK子さん。長年連れ添った夫婦のようである

店内ではみのが押すカートにK子さんが野菜や果物などの食材を選んで入れていく。みのの足の運びに合わせているためか、かなりのスローペースだ。のんびりと店内を回った二人はようやくレジへ。買い物の量が多いせいか会計にもけっこうな時間がかかったが、みのは店員が袋詰めする様子をのんびりと眺めている。会計が終わると、みのが自ら紙袋を二つとも両手に提げて店を出たのだった。

「K子さんとみのは’12年頃に銀座のクラブで知り合いました。その後、K子さんは介護士の資格を取って、ホステスを辞めたんです。現在では、持病の糖尿病の他にパーキンソン病も発症したみのの支えになっているようです。みのはK子さんへの感謝の気持ちとして1億5000万円の高級マンションを〝贈与〟したそうです」(テレビ局関係者)

昨年、本誌がみのを直撃したときには「年があまりに離れすぎているからねぇ~」と、結婚の可能性は否定していた。結婚しなくても、今の寄り添いながらの生活で充分幸せいっぱいなのだろう。

本誌未掲載カット みのもんた 病と闘いながら年下恋人とラブラブショッピング

本誌未掲載カット みのもんた 病と闘いながら年下恋人とラブラブショッピング

  『FRIDAY』2021年2月5日号より

  • 撮影西 圭介

Photo Gallary3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事