窮地のゆきぽよ「知人男性逮捕」騒動鎮火に右往左往の背景 | FRIDAYデジタル

窮地のゆきぽよ「知人男性逮捕」騒動鎮火に右往左往の背景

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
先日ゆきぽよは、親密男性が彼女の自宅マンションでコカインを使用していたという報道を受けて謝罪。仕事への影響も少なからず生じている

ギャル系タレントの「ゆきぽよ」こと木村有希が、難局の突破に苦心している。

「週刊文春」で過去に親密男性A氏が彼女の自宅でコカインを使用し、逮捕されていた事実が発覚。ゆきぽよも当局の薬物検査を受け、結果は「シロ」だった。

A氏はそれ以前にも振り込め詐欺の指南役として逮捕歴がある。バラエティー番組で、過去の交際歴について聞かれ、

「(付き合った)5人のうち4人が捕まってる」

などと開けっぴろげに語っていたゆきぽよだが、ネタではなくある意味ガチだったことが判明すると、テレビ各局が彼女を扱う姿勢が明らかに変わった。

「コカインはともかく、詐欺の方は被害者がいますからね。文春に“現実”を突き付けられたことで、考え直す部分もあったのでしょう」

とはテレビ関係者。ゆきぽよは一連の報道について事務所ホームページやSNSで、

<自分のこれまでの人間関係や過去の言動により多くの方々に、ご迷惑、ご心配をかけてしまったことを深く反省しています>

と謝罪。『サンデー・ジャポン』(TBS系)のVTRインタビューでは、A氏について、

「しつこく付きまとわれていた。お世話になった先輩の紹介だったので(関係を)切りづらかった」

と涙ながらに釈明した。ただ、これについてはストーカー呼ばわりしておいて「家にいるのか」「合鍵を渡していたのか」といった矛盾を突っ込まれても仕方ない部分があるだろう。

「ゆきぽよサイドもこの部分は深堀りされたくない印象を受ける。当時、警察の聴取を受けた彼女が、A氏について何と説明していたのか。報道記者なら遡って取材していると思いますが…」(ワイドショー関係者)

すでに掲載予定だった雑誌のグラビアが差し替わるなど、仕事面への影響も出ている。

「謝罪インタビューの2日後、ゆきぽよはインスタグラムで雑誌撮影のオフショットを投稿しましたが、ネット上では『切り替え早くね?』『反省していない』と反発の声の方が大きかった。それ以降、インスタの更新は止まったままです」(スポーツ紙記者)

このままでは潮目が変わらない――そう考えたのか、ゆきぽよサイドにこのところ“異変”が生じているという。

「尿検査の結果は陰性であり、違法薬物との関わりは一切ない、まったくのシロであるということを再度メディアの関係者に強調して伝えているようです。さらに、疑念を呼ぶA氏との“関係”もあくまで『知り合い』であり、つきまとい行為をしてきた相手だ、と。何ならブッ倒れていたA氏をみかねて救急車を呼んだのはゆきぽよであり、今回の過剰バッシングはお門違いということを伝えているようです。

一部メディアが『ゆきぽよにも問題アリ』と過剰に言及をしたことに、我慢ならなかったのでしょう」(同・スポーツ紙記者)

ゆきぽよはかねて女優業に挑戦したいと意気込んでいた。‘19年12月に登場した芸能イベントは「本格的にドラマをやりたい。ちょい役でいいから出させていただきたいという目標がある」と発言。「1番やりたいのは映画『クローズ』の女バージョンみたいな作品。アクションもやりたいし、いじわる役のリーダーを演じたい。ヒール役を」と意欲的に語っていた。

そうした夢も今回のスキャンダルで、少なからず修正を余儀なくされるかもしれない。テレビ局関係者は、

「ヒール役に目を付けたのさすがですが、今のままでは逆にリアル過ぎて視聴者も敬遠してしまうでしょう」

と話す。記者会見を行い、数々の疑念に答えることが完全復活の常道といわれるが、ゆきぽよの願いはかなうのだろうか……。

  • 撮影西圭介

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事