宮迫博之が「テレビ本格復帰宣言」頼りは明石家さんまより田村淳か | FRIDAYデジタル

宮迫博之が「テレビ本格復帰宣言」頼りは明石家さんまより田村淳か

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
吉本から独立後も、テレビ出演を熱望する宮迫。明石家さんまが後見人を買って出たが…

「オファーがあるものに関しては今後引き受けていこうと思います」

雨上がり決死隊の宮迫博之が自身のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』の1周年を迎え動画で感謝を伝えた。宮迫は今後の動画配信スケジュールや目標などを話したが、その中で、

「『アメトーーク!』に最初に戻るということを明言してしまっていたので、テレビ関係からいただいたオファーを『アメトーーク! が最初なので』と、すべてお断りしていましたが、僕にお声をかけていただいたものを断るのはどうなんだろう」

と考えるようになり、今後は『アメトーーク!』以外の番組のオファーを受ける考えを示した。しかし、他の番組に出演しても相方である蛍原徹の横である『アメトーーク!』の出演が最終目標ということには変わりないとした。

そもそも宮迫はすでに地上波で復帰を済ませている。

昨年12月28日の生放送『クイズピンチヒッター』(フジテレビ系)で、「この人は大物だ!と思う知り合いとつながってください」というお題に対し、「ロンドンブーツ1号2号」田村淳がサプライズで電話したのが宮迫だった。最初は戸惑いながら電話で話していたが、途中でテレビ電話に切り替え、1年半ぶりに地上波に復帰した。

「復帰初は『アメトーーク!』ということに固執していましたが、すでにサプライズという形で、その目標は崩れています。宮迫さんの中で“それなら他の番組にも出てやろう”と考え直したのかもしれませんね。複雑な心境だとは思いますが、淳さんに感謝しているのではないでしょうか」(女性誌記者)

そして目標を変更したことを、すでに蛍原やプロデューサーには伝えたという。

一方、吉本興業の岡本昭彦社長の「パワハラ告発」を、勝手に開いた会見で暴露した宮迫は、吉本との関係を修復できるのかという問題は依然残っている。

「吉本というのは“メンツ”を大切にする傾向があります。キングコングの西野さんもあれだけ吉本に力量を買われていたのに、結果的に会社をバッシングした瞬間に契約解除になりました。吉本は幹部たちの一存で重要なことを決められるトップダウンの会社です。公衆の面前で会社に泥を塗った宮迫さんを一切許す気はないと思いますよ」(芸能プロ関係者)

岡本社長は後日、パワハラについて謝罪する会見をしたが、しどろもどろでさらに世間に醜態をさらす羽目となった。そんな中、宮迫の復帰について難航が予想されている中、難なくテレビに出演させたのが淳だった。

「淳さんは吉本の中でも別格なんです。亮さんがあっさりと復帰できたのも吉本との間に入って、エージェント契約という落としどころを模索して解決したからだと言われている。亮の復帰会見も吉本が全面協力しましたからね。

吉本は淳さんに一目置いていて、宮迫さんを復帰させたことについても面と向かって文句は言いづらいと思います。宮迫さんの“後見人”として明石家さんまさんが名乗りを上げましたが、いざという時に頼りになるのは淳さんの方かもしれませんね」(スポーツ紙記者)

しかし当の淳は1日に配信したYouTubeの動画でキングコング・西野の退社について語ったが、その中で吉本に対し「マネージャーがころころ変わることは自分も納得できない」とコメント。淳自身も一時期吉本を退社する気でいたそうだが、亮の復帰の件で吉本に親身になって協力してもらい、“いい部分”が見えたので今は満足していると語った。

しかし一方で、「今後、僕がやる活動に対して制限が加わったり、事務所に迷惑をかけてしまったりするなら退社するかもしれない」とも発言。現状に満足しつつも“場合によっては吉本を退社する”と牽制するなど、バランスをはかる淳らしさものぞかせた。

先輩である宮迫がくすぶっているところを助けたキーマンはそんな淳だった。今後、淳の番組から宮迫にオファーをする可能性もゼロではないだろう。その時吉本はどう動くのかが注目だ…。

  • PHOTO坂口靖子

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事