日本を超越するヤバすぎる「チャイナドール」の進化 | FRIDAYデジタル

日本を超越するヤバすぎる「チャイナドール」の進化

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

「安かろう悪かろう」は終わった

あらゆる分野で目覚ましい発展を続ける中国。その中でも台頭著しい業界がある。ラブドールの世界だ。

ここ5年で急激な発展を遂げて、これまでは「オリエント工業」と「4woods」という日本の二大メーカーの寡占状況だったが、チャイナ勢がその牙城を崩そうとしている。

「10万円代の安いチャイナドールが本格的に普及して、日本にも輸入されています。日本製と比べれば半額以下という安さが受けて、一定の購買層が生まれています。もちろんクオリティの部分で日本製に劣りますが、それでも耐久性以外は同等レベルに迫るメーカーも出てきています」

こう解説するのは、2年前から大阪でチャイナドールの代理店をする「WAGDOLL」の柏木代表だ。日本の第二の都市である大阪で専門店が出来ていることからも、その勢いが見て取れるが、いったいなぜ、チャイナドールは急成長を遂げたのか。柏木氏によると、実は中国国内の「お家事情」が関係しているという。

「WAGDOLL」の柏木代表

というのも、長きにわたる一人っ子政策がたたって、現在の中国の男女比には歪みが生じている。女性100人に対して、男性は118人。世界でも類稀なる「超絶格差の男性社会」となっているのだ。それもあくまで「表向きの数字」で、実際はこの数字以上に「男あまり」が進んでいると言われている。中国政府でさえも、おそらく実際の数字をつかめていないのではないだろうか…。

一生結婚できない男性が3000万人いるとも5000万人いるとも言われるなか、そこに目を付けたのが「中国の若き起業家たち」だ。「相手のいない男たち」の欲求を満たそうと、中国内で次々に「ラブドール製造会社」が勃興。習近平体制以降、中国国内で性風俗産業の摘発が進められたことも背景に、現在、中国にはラブドールを製作する会社が大小合わせて100社以上あるという。

「中国では法律上、自国で製作されたアダルトグッズだけを認可して、輸入が禁じられている。つまり、日本製のラブドールは原則として税関を通過できないのです。これが結果的に中国メーカーの誕生を促している。労働コストの関係から、日本と比べれば安く製造できるので、価格競争力もある。そこで日本への輸出も始まり、日本のラブドール市場にも大きな影響を与えている、というわけです」(柏木代表)

たしかにリアルだ…

中国はもともと模倣に関しては天下一品。初期は日本の老舗である「オリエント工業」のラブドールを見よう見まねで製作。お粗末な模倣品をつくっていた。当初は比べるべくもない代物だったが、時間とともに、品質が向上していったようだ。

「粗末なものを作っていたメーカーの従業員が退職して、自ら起業するケースが後を絶たなかったのです。新しく立ち上がった会社は、品質向上を目指した。中国は出る杭は打たれるのではなく、出た者が勝ち。我先にと競って品質向上に努めた結果、目覚ましい成長を遂げた」(業界関係者)という。

「一つのケースを挙げると、会社を辞める前に、その会社の金型をパクッて、そこから事業を始める。圧倒的に低コストなので、そこで生まれた利益を、技術向上のために投資する…こうしたある意味で脱法的な競争原理が働き、市場が成長していったのです。今ではラブドールの骨組だけを製作する会社まである。市場規模は、日本の数倍以上あるのではないか」(同)

魑魅魍魎の業界だからこそ、もちろん安全性を無視した粗悪なメーカーもある。肌の素材に廃シリコンを使用したり、問題アリと言われるTPE(熱可塑性エラストマー)を使用した製品があったり…。前出の柏木代表も「うちでは売っていませんが、安いだけの商品は危険です。10万円以下のドールは、安全性を無視している可能性があるので気を付けたほうがいいと思っています」と警鐘する。

中国の工場でこんな風に作られる
グロテスクではあるが、リアルだ…

ヤバい進化

粗悪品もある一方で、リアルを徹底追求して中国最大手まで急成長したメーカーがある。それが、広東省に本社を置く「人造人科技」(RZRDOLL)だ。

同社の設立は2016年。わずか5年前でラブドールのトップ企業に成長した。しかも、300人いる従業員を抱えるCEOの一刀氏は30代後半という若さだ。

「300人のうちのほどんどが職人で、ハリウッド映画『バットマン』や『メン・イン・ブラック』などの小道具やフィギュアの特殊メイクが本職だとか。富裕層向けにドールを製作したのを機に、ラブドール部門が出来たと聞きました。このCEO自身も生粋の職人肌であり、いわゆるオタク。等身大のフィギュアが欲しくてラブドールの部門を新たに作ったそうです」(柏木代表)

同社のラブドールの最大の強みは、白く透き通った肌の製造。人間のように薄っすらと見える毛細血管まで造っている。手に触れたときの肌の質感も、怖いぐらいに人間に似ているのだ。

コロナ禍でステイホームが定着する今、ラブドールは本来的なニーズとは違うところからも「ラブコール」があるという。柏木代表が明かす。

「新たな顧客から問い合わせが増えていて、その一つが性風俗産業です。最近、コロナの関係もあってか、女性を募集しても思うように集まらないそうです。そこで、ドールでお客さんのニーズを満たせないかと、全国の業者さんから問い合わせがあるのです。実際にどう使うのかはわかりませんが…(苦笑)。

また、中国ではメイクの練習や介護の練習にとドールを購入する女性も増えているそうです。アニメが好きな女子がドールにコスプレをして、それを撮影する新たな市場も生まれています。いずれも、『リアル』を追求した結果生まれてきた新たなニーズですよね」

13億人を抱える巨大市場の中で独自の発展を遂げる「チャイナドール」の世界。日本はこの分野でも、遅れを取ることになるのだろうか…。

  • 取材・文加藤慶

Photo Gallary5

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事