石原さとみのコロナ感染をメディアがほとんど報じなかった背景 | FRIDAYデジタル

石原さとみのコロナ感染をメディアがほとんど報じなかった背景

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
コロナ感染を報じられた石原さとみ。事務所は報道後にその事実を認めたが…

女優の石原さとみが新型コロナウイルスに感染していたことが、所属事務所の発表で明らかになった。ドラマの撮影現場で1月中旬に受けたPCR検査で陽性と判明。石原にコロナの症状はなく、現在は自宅療養中ですぐに仕事に復帰する予定という。まずはひと安心、といったところか。

実際には、事務所の発表よりも前に「女性セブン」が石原の感染を報じていた。4月から放送予定の主演ドラマの撮影が予定されていたが、感染発覚後に延期されたという。「ドラマの情報解禁前」ということもあり感染を発表しなかったというが…。

「セブンの報道を受け、各マスコミが事実確認のために事務所に問い合わせたので、隠しきれなくなって回答したそうです。しかしホームページなどでは公表しておらず、あくまでマスコミからの問い合わせがあれば答えるというだけ。感染したこと自体は悪いことでもないのに、こんな対応になるのは不思議ではありますね」(スポーツ紙記者)

別のケースではドラマ『ももいろ あんずいろ さくらいろ』(テレビ朝日系)で主演を務める予定だった筧美和子が新型コロナウイルスの濃厚接触者にあたると医師から指摘を受け2月3日に主演を降板した。代役にはアイドルグループ「PASSPO☆」の元メンバーの奥仲麻琴が務めるという。

筧自身はPCR検査の結果陰性だったというが、感染せずとも「濃厚接触者」であれば降板…とはなかなか世知辛い。21日からスタートするドラマということなので、ロケスケジュールを変更できなかったのだろう。

一方の石原だが、5日のスポーツ紙やテレビのニュースを見ても、目立って取り扱った媒体がほとんどないのだ。これはなぜなのか…。

「石原さんの所属事務所が、マスコミに『できれば扱わないでほしい』とお願いしていた、と聞いています。理由を聞いても“プライベートなことなので”というよく分からない回答だったとか。

事務所は、公表しなかったことについて『むやみに芸能人が公表することは社会不安をあおっていることになり得る』と説明しています。たしかに病気はプライベートなことですが、他の芸能人は、共演者やスタッフなどに迷惑が掛からないように公表していますからね…」(テレビ局関係者)

たしかにドラマ制作発表前であり、舞台やコンサートなどファンに迷惑を掛けないのであれば、公にする必要はないのかもしれない。だが、8日に配信された「日刊ゲンダイDIGITAL」の記事によれば、感染を隠すために出演ドラマの情報解禁を2月3日から10日へ変更していたと報じられたが、これが事実なら、ますます「なにかあったのか」と思われても仕方ないだろう…。

コロナに感染して炎上したのは、宴会やお持ち帰り報道などで何度も報じられた石田純一や、狭い劇場で舞台を上演し客までもクラスター感染を起こした山本裕典や有村崑くらい。芸能人が感染を公表しても、いまは非難を浴びることもないはずだ。

報道により感染事実が判明してしまった石原。きちんと対応していれば、こんな騒ぎにはならなかったように思えるのだが…。なにはともあれ、一刻も早い復帰を願いたいものだ。

  • PHOTO香川貴宏

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事