景子さんの失望、不倫…貴乃花vs花田優一「父子関係崩壊の歴史」 | FRIDAYデジタル

景子さんの失望、不倫…貴乃花vs花田優一「父子関係崩壊の歴史」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
車に乗り込む貴乃花。ナンバープレートには第65代横綱にちなみ「65」の数字が。18年12月撮影

親子の争いが泥沼化している。元貴乃花親方(48、以下、貴乃花)と、息子でタレントの花田優一氏(25)のバトルだ。

キッカケは、今年2月2日に発売された『週刊女性』だった。優一氏が「(家庭で)父・貴乃花のモラハラや暴力があった」と告白。対する貴乃花は、2月10日発売の『週刊文春』で「息子の〝告発〟は嘘で塗り固められ」、金銭トラブルや離婚した妻への非道な仕打ちがあったと反論したのである。

貴乃花父子は、どこへ向かおうとしているのか。以下は、貴乃花ファミリーの数奇な歴史だ――。

家族崩壊の発端は、貴乃花の父親・貴ノ花(元大関)が亡くなった05年にさかのぼる。

「貴乃花は、先代から続くタニマチとの関係の多くを切ってしまったんです。タニマチは、おカネも出しますが口も出しますからね。うるさく感じたのでしょう。

ただ支援金なしに部屋は運営できない。そこで妻の河野景子さん(56)が、一門の女将さんたちとの食事会で提案したのが『サポーター制度』でした。タニマチから集めたおカネを、部屋ごとに管理するのでなく一門でシェアするというシステムです。さすがに女将さんたちの反発で、実現しませんでしたが」(元支援者)

資金に困った貴乃花は東京・中野新橋にあった部屋を売却。16年に江東区の物件で部屋を再スタートさせた。

「見るに見かねた一門の親方衆は、17年の春に自分たちのタニマチを招いて貴乃花のために資金パーティを開いたんです。場所は帝国ホテルで300人ほどが集まった。親方衆は当然、貴乃花が腰を低くしてタニマチに礼を言うものと思っていました。しかし、あろうことか貴乃花は途中で帰ってしまったんです」(同前)

結婚直後の「裏切り行為」

貴乃花と景子さんの関係にヒビが入り始めたのも、この頃だという。

「勝手な行動が目立つ貴乃花に、ついていけなくなったのでしょう。部屋が移転してからは、景子さんをほとんど見なくなりました。女将さん不在で、力士たちの炊事洗濯が疎かになったんです。ただテレビの密着企画などでは、仲の悪さを見せられません。取材の時は、景子さんも部屋に来ていました」(相撲協会関係者)

家族崩壊のもう一つの要因が、貴乃花が「(家名の)花田を名乗る資格なし」と攻撃する靴職人の優一氏だ。彼への教育方法でも、貴乃花と景子さんは意見が対立していたという。

「父親の貴乃花としては、怒り心頭だったハズです。元前頭・富士乃真の娘さんと結婚(17年10月に発表)して間もないのに、別の女性とデートしたのち彼女の自宅に二人で入る姿を報じられる(『FRIDAY』18年9月14日号)。靴職人としてはクレームも多い。当時所属していた芸能事務所もクビになったようですからね。貴乃花は、一途な性格です。靴職人になりたいなら、不倫やタレント活動などせず修業に専念し一人前になってもらいたかったのでしょう。

一方の景子さんは、靴職人として成功するには名声もあったほうがいいと芸能活動を応援していました。夫婦の意見の大きな違いです」(前出・元支援者)

テレビで優一氏は「(写真を撮られた女性とは)食事をしただけ」「複数の友人といた」と発言していたが、結局18年12月に離婚。彼の奔放な性格は、「父親の厳し過ぎる愛情の影響ではないか」という指摘もある。

「優一君が中学時代に、バスケットボール部を4ヵ月ほどで辞めてしまったことがあります。貴乃花は優一君を、こう怒鳴りつけたそうです。『一つのことを始めたら覚悟を決めろ。中途半端なことをするな!』と。優一君は貴乃花に厳しく躾けられた反動で、自立してから奔放に行動するようになったんだと思います。

景子さんの接し方は真逆です。息子のために塾や習い事の学校を調べ、『やりたいようにやりなさい』と優しい言葉をかけ続けた。優一君は週刊文春に『異様な「母子密着」』と報じられるほど、母親との距離感が近かったんです。貴乃花は、事あるごとに景子さんを『甘やかし過ぎだ』と責めていました」(同前)

18年10月に貴乃花と景子さんの離婚が成立。離婚後は、景子さんの表情も清々しくなったという。

「貴乃花と別れ、スッキリしたのでしょう。景子さんは離婚直後、友人に笑顔でこう言ったそうです。『あぁサッパリした! これからはバリバリ仕事する。テレビにも出る』と」(相撲協会関係者)

現在、景子さんは都内でエステティックサロンを経営するジャッキー・ウー氏と再婚間近と報じられ、優一氏はアーティストとして音楽にも活動の場を広げている。一方の貴乃花の身近にいるのは、18年5月に引退した貴輝鳳という元弟子ぐらいだ。

「貴乃花は『優一は勘当した』と明かしています。実の母の藤田紀子さんや兄の虎上さんとも絶縁状態です」(スポーツ紙担当記者)

いくつもの歯車の違いから、完全に崩壊してしまった貴乃花ファミリー。親子の言い分も平行線で、今のところ解決の糸口はまったく見えない。

(一部敬称略)

  • 撮影坂口靖子

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事