米日韓を席巻したBTS「ダイナマイト」パフォーマンスの超絶秘話 | FRIDAYデジタル

米日韓を席巻したBTS「ダイナマイト」パフォーマンスの超絶秘話

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
2020年2月21日、アメリカの人気番組「TODAY SHOW」に出演した際のBTS 写真:REX/アフロ

初登場で「Billboard Hot 100」トップを飾り、2020年下半期に世界中で「Dynamite」旋風を巻き起こしたBTS(防弾少年団)。

リリースから約半年が経とうとしている2月17日現在も、46位とTOP50位圏内に留まり続けているだけでなく、アメリカを除いた世界200地域以上のストリーミング数と売り上げを集計したランキング「ビルボードグローバル」で2位を記録するなど、グローバルヒットソングの強さを見せつけている。

これほど長期間チャートインを維持している理由は、8.3億回を超える再生数を誇る公式MVの力はもちろんのこと、2020年9月以降のプロモーション活動も大きく貢献している。

特に日本や韓国で音楽賞が行われた2020年11月から2021年1月にかけて、BTSは頻繁にメディアへの出演を果たし、次々と新しい演出で「Dynamite」を披露。応援するARMY(BTSファンの呼称)に向けてのメッセージと共に、視聴しているみんなを元気づけてくれる、華々しいステージを繰り広げた。そして、そのステージ映像のほとんどがYouTubeで公開されており、ファンを飽きることなく楽しませていることも、ロングヒットの一因だろう。

そこで、2020年コロナ禍の中でスタートした「Dynamite」の軌跡を、BTSのYouTubeオフィシャルチャンネル・BANGTANGTVとBUNGTAN BOM、および各放送局などのメディアが公開している動画を使い、時系列を追って振り返ってみよう。

アメリカの人気テレビ番組へ積極的にリモート出演

「Dynamite」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界ツアー「THE MAP OF SOUL TOUR」のスケジュールが大幅に見直されたことを受け、ツアーを心待ちにしていたARMYに向けて、癒やしや慰めを届けたいという気持ちで制作されたという。

「英語のシングルで、軽快かつエキサイティングな曲」というオーダーに見事応えたのは、コロンビア・レコードのロン・ペリー会長の眼鏡に適った、作曲家のスチュワートとアゴンバー。2人はBTSと何度かやり取りを重ねながら「Dynamite」を仕上げたという。万が一話題にならなかった場合に備え、BTSはSNSを使った簡単なダンスチャレンジ企画を展開する準備もしていたが、予想に反して、一夜でYouTubeとSpotifyの記録を塗り替えるほど話題に。

そしてリリースから9日後の8月30日(現地時間)、NYで行われた、年間のもっとも優れたMVやアーティストを決める、アメリカ最大級の音楽授賞式2020 MTV Video Music Awardsのステージで、遂に初披露を迎える。

これを皮切りに、まるでオンラインツアーのごとく、アメリカの音楽フェスや人気番組に次々と出演。衣裳や舞台演出を少しずつ変えて、世界中の視聴者の目を楽しませてくれた。時系列で動画を視聴していくと、回を重ねるごとにステージでの動きもこなれ、ダンスパフォーマンスや歌唱にアレンジが加えられていくのが体感できるはずだ。特にJIMINのハモリと、JINのソロアップに注目して観て欲しい。

2020 MTV Video Music Awards (メイキング映像)

2020年9月6日公開。MTV Video Music Awardsに、韓国から中継で参加。背景で、NYのアイコニックな場所を映し出しながら、ステージで始めて「Dynamite」を披露した。BTSは「ON」で、「BEST POP」「ベストK-POP」「BEST CHOREOGRAPHY」の3部門を受賞し、「BEST GROUP」にも選ばれた。

iHeartRadio Music Festival 2020 (メイキング映像)

2020年9月19日公開。アメリカ・オンライン・ラジオ曲iHeartRadioが開催している大型音楽フェスの10周年ステージに出演。オンライン生中継で、初日エンディングを飾ったBTSは「Dynamite」「Spring Day」「Make it Right」「Boy With Luv(Feat.Halsey)」の4曲を披露した。ウェストサイドストーリーを彷彿とさせるアメリカンストリートを模した舞台セット、ミュージカルのようなパフォーマンスはもちろんのこと、VとSUGAが着ていた、黄色と青のGUCCIのお花柄の服も話題に。

TODAY Citi Music Series (メイキング映像)

2020年9月21日公開。同年9月10日に行われた、アメリカNBCトーク番組「The Today Show」のサマーコンサートシリーズに出演し、「Dynamite」と「Anpanman」を披露した。2020年2月に「MAP OF THE SOUL:7」の発売記念生放送インタビューでTODAYに初出演したBTS。8月に映像配信を通じて「Dynamite」の発売ニュースを伝え、3回目でようやくパフォーマンスを披露した。短期間で出演回数を重ねているあたり、アメリカでのBTSの人気ぶりがよくわかる。

タイニー・デスク・(ホーム)・コンサート

2020年9月21日公開。タイニー・デスク・コンサートは、アメリカの公共ラジオ放送「National Public Radio(NPR)」の音楽部門事務所で開かれ、ステージで観るときとはひと味違うアーティストのパフォーマンスを観ることができると話題の番組だ。現在、COVIT-19の影響でリモートで放送しており、タイトルに(ホーム) がついている。

BTSは9月21日放送回に出演。番組の雰囲気を再現したこじんまりとしたスタジオで、椅子に座ったまま歌唱……のはずが、途中で我慢できずに踊りだす人が数名(笑)。音源にはない合いの手を入れたり、踊っているメンバーを楽しそうに見つめるメンバーのアップがあったりと、“お家コンサート”というコンセプトにぴったりの映像で、曲の間にトークを挟みつつ「Dynamite」「Save ME」「Spring Day」の3曲を披露した。

ちなみにメンバーの見分けがつかない! という人は、この映像の座り順とマイクの色で、顔と名前を覚えてみよう。映像左からJ-HOPE(ジェイホープ・赤マイク)→SUGA(シュガ・黒マイク)→JONGKOOK(ジョングク・青紫マイク)→V(ブイ・緑マイク)→JIN (ジン・ピンクマイク)→RM(アールエム・白マイク)→JIMIN(ジミン・オレンジマイク)。

The Tonight Show Starring Jimmy Fallon

2020年10月1日公開された、アメリカNBC放送の深夜トーク番組「The Tonight Show」への出演映像。ロケ地は、ソウル市内にある朝鮮時代の王宮・景福宮勤政殿(キョンボックンクンジョンジョン)で、青くライトアップされた幻想的な雰囲気の中、「IDOL」と「Dynamite」を披露した。映像は「Dynamite」のみだが、「IDOL」も別途公開されている。

 

The Tonight Show Starring Jimmy Fallon

2020年10月3日公開の「The Tonight Show」の出演映像。メンバーがダンスホールような場所でバイトをしている小芝居から始まるのだが、「こんなオシャレイケメンのバイトが居たら、毎日通うわ!」と叫びたくなるかわいさ。このバイトシリーズが好評だったのか、後に他の番組にも使われている。

2020 ビルボード・ミュージック・アワード

2020年10月6日公開。同年4月開催から延期になっていた2020 ビルボード・ミュージック・アワードが、10月14日にLAドルビー・シアターで開催。BTSは、ファン投票で決定するトップ・ソーシャル・アーティスト賞を4年連続で受賞し、韓国・仁川国際空港ターミナルをステージにして、リモートで「Dynamite」を披露。

背後の大画面に流れた海外バンド+コーラスのアレンジがステキで、大人っぽく洗練されたステージになっているのが魅力。出国スクリーンや飛行機が映し出されるシーンを良く見ると、2020年に中止になったコンサートの開催地が表示されており、「離れていても心は一緒」、「いつでもどこでも世界中のARMYと繋がっている」という、彼らのメッセージが込められている。

世界ギネス記録を塗り替えたBTS MAP OF THE SOUL ON:Eの成功

「Dynamite」リリース前の2020年6月に開催した、オンラインでのリアルタイム・ライブ公演「BANG BANG CON The Live」で、75万6600人以上の同時最多アクセス数で、ギネス世界記録を打ち立てたBTS。10月10、11日には、ソウル蚕室総合運動場主競技場でのオンライン・ストリーミング公演「BTS MAP OF THE SOUL ON:E」を開催し、視聴者は世界191カ国と地域で合計99万3000人に達した(Big Hit Entertainment発表)。

同ライブでは、「Dynamite」を含む23曲を熱唱。最先端のXR技術(AR・VR・MRの総称。大まかにいうと現実世界と仮想世界を融合させた映像技術)を使い、ARMYとリアルタイムでコミュニケーションを取ることができる「ARMY ON AIR」を導入。また、ライブ・ストリーミング公演では世界初となる4K/HDマルチビューを同時適用させるなど、世界トップアーティストに相応しいステージを披露。日本では、劇場でのライブビューイング上映も開催され、大きな盛り上がりをみせた。

ちなみに2020年9月10日には、3作目となるドキュメンタリー映画「BREAK THE SILENCE:THE MOVIE」公開され、11月20日には「Dynamite」を収録したニューアルバム「BE(Deluxe Edition)」が発売されるなど、2020年前半の鬱屈を吹き飛ばすような、怒涛のコンテンツ供給が起きていた。ここからさらにイベントが重なる年末へ向け、再びメディ露出が増えていく。

アメリカズ・ゴッド・タレント 2020

2020年10月22日公開。NBC才能オーディション番組「アメリカズ・ゴッド・タレント」の特別パフォーマーとして、9月17日に出演したステージの映像。色とりどりのネオンが光る夜の遊園地の背景やレトロポップな衣裳、花火の演出など、MVの新ヴァージョンとも言える完成度の高さで、繰り返し見てしまう中毒性がある。特に車の助手席に座ったVの映像は、彼氏感満点!

2020 American Music Awards (メイキング映像)

2020年11月24日公開。同年11月22日に、LAマイクロソフトシアターで開かれた「2020アメリカン・ミュージック・アワード」の授賞式に、ソウルからリモートで参加。BTSは、非英語圏のアーティストとして初めて受賞した2019年に続き、ポップ/ロック部門「フェイバリットデュオ/グループ」と「フェイバリット・ソーシャル・アーティスト」の2部門で受賞した。

BTSのステージはフィナーレで放送され、蚕室(チャムシル)オリンピック主競技場に設置された豪華なステージから登場。これが初ステージとなる「Life Goes On」と、「Dynamite」を披露した。

The Late Late Show with JAMES CORDEN

2020年11月25日公開。グラミー賞にノミネートされたことを記念し、アメリカCBS放送のトークバラエティ番組「The Late Late Show with JAMES CORDEN」に出演した際の、スペシャルパフォーマンス。クリスマスパーティをしている部屋から始まり、ドアを次々を開けていくと意外な場所に到着!? そのユニークな演出が大好きというファンも多く、1800万回以上の再生されている。

司会のジェームズ・コーデンはBTSの大ファン。BTSの番組出演回数も多く、MV再生数のTOPに上がってこないアルバム曲のパフォーマンス映像もあるので、興味がある人はチェックしてみよう。

エモーショナルなステージを生み出したSUGAの療養と一時復帰

もっともメディア露出が多くなる2020年11〜12月にかけ、メンバーのひとりSUGAが肩の手術の後に療養に入り、BTSは2ヵ月間6人でステージ活動を行った。ステージのSUGAの位置はいつも空けられていたが、メンバーたちはそこにSUGAも居るかのようなパフォーマンスを披露し続ける。その姿が視聴者にBTSの絆の強さを印象づけ、2020年をよりエモーショナルな思い出に変えてくれた。

ベストアーティスト2020

2020年11月25日公開。こちらは本放送で楽しんだ人も多い、日本テレビ「ベストアーティスト2020」でのステージ映像。久しぶりに日本のテレビに登場したことで話題に。

グッド・モーニング・アメリカ(GMA3)

2020年11月26日公開。NYタイムズスクエアにあるタイムズスクエア・スタジオから、毎朝生放送されるアメリカABC放送の情報番組「Good Morning America」の「What you need to KNOW」というコーナーに出演した際の映像。

FNS歌謡祭

2020年12月2日公開。同日に日本で放送されたFNS歌謡祭第1夜に、療養中のSUGAを除く6人で出演。前日の12月1日に、FNS歌謡祭【公式】Twitterで、「美術館風のセットでパフォーマンス! みどころはステージのうしろ!? 横!?」という気になるつぶやきがあり、日本中のARMYが注目した。

セットで飾られていた絵画は、BTSの旅番組「In the SOOP BTS ver.」でメンバーが描いたもの! Vがパフォーマンス中に、療養中であるSUGAの絵に寄り沿ってメンバーへの愛情を示したこともあり、ARMYの間ではかなり話題となった。

Melon Music Awards 2020

2020年12月2日公開。韓国の音楽授賞式メロンミュージックアワードへ出演し、「Black Swan(パフォーマンスのみ)」「ON」「Life Goes On」「Dynamite」を披露。こちらは4曲の通し映像でBTSの魅力がギュッと詰まっているだけでなく、曲間ににメンバーのメッセージと世界中のARMYたちのメッセージを紹介しており、ちょっとしたフィルムコンサート気分が味わえる。

「Dynamite」は、MV冒頭のJiminのアクションをJKが真似っこしたり、Dance Breakがかっこよかったりと、一瞬たりとも見逃せない。また、「Dynamite」のみのメイキング映像も公開されている。

 

2020 MAMA (Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)

2020年12月7日公開。12月6日に韓国で開催された、韓国の通販・エンターテイメント企業CJ ENMが主催する、アジア最大級の音楽授賞式「2020 MAMA」の出演映像。BTSは、男性グループパフォーマンス賞とアルバム賞、ファン投票で決定されるWorldwide Icon of the Tearを受賞。アルバム賞の発表には、ジェームズ・コーデンがプレゼンターとして映像出演したほか、療養中のSUGAも電話で出演して、受賞の喜びを語った。

大トリで披露されたパフォーマンスでは、ソウルワールドカップ競技場を舞台にマーチングバンドと共演した「ON」、AR技術で華やかな演出で魅せた「Dynamite」、そして歌詞になぞらえて白く止まった世界を舞台に「Life Goes On」を披露。「Life Goes On」の2番歌詞では、現実の空間や人物・物体を3D化するボリューメトリック技術を使って再現されたSUGAがメンバーと並ぶ形でステージに登場し、ファンを感激させた。

2020 KBS歌謡祭

2020年12月19日公開。同年12月18日に放送された、KBS歌謡祭でのステージ映像。最初にRMがファンへ「We walk slow with music, walk side by side with pain but without fear.」(訳:私たちは音楽とともにゆっくり歩き、怖れることなく、痛みとともに歩いていきます)とメッセージを発信した。

CDTV Live! Live! Christmas Special

2020年12月21日公開。12月21日に放送されたTBSテレビ「CDTBライブ!ライブ!」のクリスマススペシャル放送に出演した際の映像。12月2日放送のFNS歌謡祭での出演が話題になった後だったので、リアルタイムで視聴するファンが大いに盛り上がった。

2020 SBS歌謡大祭典

2021年1月5日公開。2020年12月25日に放送された、韓国SBS歌謡大祭典に出演し、クリスマスの飾りに彩られた街中をイメージしたセットで、楽しげに「Dynamite」を披露した。途中、緑色のニット帽をかぶった雪だるまが登場。RMが自分のパートで「Ladies and gentlemen, I got the medicine」から「Ladies and gentlemen, I got the snowman」と歌詞を変えて歌った後、SUGAパート位置に置かれた雪だるまを中心にダンス。メンバーたちがかわるがわる雪だるまをなでて、ファンの心を熱く揺さぶった。

同祭典でRMは、「Dynamite」の前に歌った「Life Goes On」でも、雪だるまにまつわる歌詞の変更を行っていて、SUGAに向けたステキな替え歌ではと話題に。後日、音声のみでVLIVEに登場したSUGAは、「当日放送を観ていたが、自分が雪だるまで出てくるなんて思っていなかった」とコメント。「ユンギ×雪だるま」がTwitterのHOTワード入りした。(※ユンギはSUGAの本名)

2021 NEW YEAR’S EVE LIVE

2021年1月4日公開。2020年12月31日にオンラインライブストリーミングで開催された、所属事務所Big Hitレーベルのアーティストが総出演した年越しカウントダウンライブ「2021 NEW YEAR’S EVE LIVE presented by Weverse」の映像。

「Dynamite」「Best Of Me」に続き、海外アーティストとコラボした「Make it Right(Feat.Lauv)」「MIC DROP(feat.Steve Aoki)」「Boy With Luv(Feat.Halsey)」を披露。「Life Goes On」で大トリを飾った。この公演でSUGAが一時復帰! 「お久しぶりです。本物のSUGAです。ホノグラムじゃないですよ」と挨拶して、ファンを歓喜させた。

SUGAの一時復帰というな劇的な締めくくりで一段落を迎えた、「Dynamite」を携えてのメディア露出。2021年頭には、彼らがメディアに登場して話題になると、下がっていたビルボードヒットチャートの順位が再浮上するという珍しい現象が起きたが、冒頭でも触れた通り、現在は緩やかに順位を下げている。

また、公式アカウントでの動画は未公開だが、2021年1月9〜10日には、第35回2021ゴールデンディスクアワードに出演。3月14日には、「Dynamite」がポップ歌唱・演奏賞(グループ/デュオ部門)でノミネートされたグラミー賞授賞式がLAで開催される予定で、もうひと盛り上がりありそうな予感。

まだまだ当分、「Dynamite」で楽しめそうだ。

  • 取材・文中村美奈子写真アフロ

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事