代表剥奪の韓国バレー美人姉妹 中学時代の壮絶イジメの中身 | FRIDAYデジタル

代表剥奪の韓国バレー美人姉妹 中学時代の壮絶イジメの中身

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ジェヨン(左)とダヨンの美人姉妹。特にダヨンは性格が明るく人気が高かった。今年1月撮影(画像:AFP/アフロ)

〈女子バレー代表のイ・ダヨンが緊急入院〉

2月7日、韓国のテレビ局や新聞が、こう一斉に報じた。イ・ダヨン(24)はイ・ジェヨン(24)との双子姉妹で、ともに東京五輪の韓国バレーボール女子代表の主力選手だ。所属する「興国生命ピンクスパイダース」は、「ストレスによる腹痛で入院した」と発表。騒動はスグに収まると思われた。ところが……。

「同じ日、ネット上にイ姉妹からイジメを受けていたという書き込みがアップされていたんです。中学時代に強烈な暴行を受けていたという、被害者の告発です。ネットには、こう書かれていました。〈(姉妹は)加害者でありながら、私たちにきちんとした謝罪や反省もない。(中略)すまない気持ちはあるのだろうか〉と。ダヨンが感じた『ストレス』とは、この告発によるものだったのでしょう」(韓国紙記者)

ジェヨンとダヨンは美人姉妹として人気が高く、テレビのバラエティ番組や起亜自動車などのCMにも出演している。父親は元ハンマー投げの選手で、母親は88年のソウル五輪バレー代表。親譲りの身体能力で、小学生時代から注目された韓国の有名アスリートなのだ。人気者のスキャンダルに、騒ぎは大きくなる一方。姉妹への批判が一気に高まった。

「2月10日に所属チームが正式に陳謝。姉妹も事実を認め直筆の謝罪メッセージを公開しましたが、『二人を追放しろ』『許せない』と世論の非難は収まりません。所属チームは姉妹に今後の出場停止を通告し、韓国バレーボール協会は代表選手資格を無期限で剥奪する事態になったんです」(スポーツ紙担当記者)

要求を拒否するとナイフで脅迫

姉妹によるイジメとは、どんなモノだったのだろうか。内容は壮絶だ。今回の騒動に詳しい、韓国人ジャーナリストが明かす。

「被害者は一人ではありません。複数の中学時代のチームメイトが『汚い』『横に来るな』と暴言を吐かれ、ミーティング中には『気合が足りない』と殴打されたとか。寮で同部屋だった選手は消灯後に使い走りを命じられ、拒否するとナイフで脅されたそうです。試合に負けると、こぶしで思い切り頭を殴られた人もいました。

姉妹のイヤがらせは、暴力だけはありません。練習中に緊張感が足りないとみなされると、『罰金』の名目でカネを要求。練習後は、交代でマッサージをさせていたそうです」

今回の告発が大きな騒動に発展した背景には、韓国ならではの事情がある。

「スポーツ界でトラブルが相次いでいるんです。昨年6月にトライアスロン選手のチェ・スクヒョンさんがチームドクターらからの暴行を苦に自ら命を絶った。ショートトラックのシム・ソクヒ選手やテニスの指導者キム・ウンヒ氏は、性的暴行を受けた経験があると公表しています。

文在寅大統領も、今回の事件を重視。2月16日に『繰り返されるスポーツ界の暴行、暴言、セクハラなどの事件に心を痛めている』と発言しました。イジメは、韓国のスポーツ界で根深い問題なんです」(前出・韓国紙記者)

テレビ局は、姉妹が出演していた番組のアーカイブを削除。さらに母親は、二人を育てた功績で昨年バレーボール協会から受けた「立派なオモニ(母親)」という賞を剥奪された。批判は韓国代表チームにも向けられ、さらなる処分も検討されているという。

  • 写真AFP/アフロ

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事