BTS 美少年ジョングク & V デビューから7年の成長が尊い

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

音楽チャートのトップに輝き、グラミー賞にノミネートされるほどのグローバルスーパースターに成長した、BTS。彼らがデビューしたのは、7年前の2013年6月13日だった。

当時、最年少メンバーのジョングクは15歳! Vとジミンが17歳、JホープとRMが18歳、シュガが19歳で、最年長のジンは20歳(いずれも日本年齢。韓国の年齢の数えかたは、生まれた時点で1歳、新年を迎えると2歳になるので+1〜2歳で表記される)。

デビュー当時はまだ幼さを残した顔立ちだった7人も、この7年間で目覚ましい成長を遂げ、現在では世界中からラブコールを受けるほどの好青年に。特にジョングクとVは、映画評論サイトTC Candleが主催している「世界で最もハンサムな顔100人」2020年のランキング2位(V)と4位(ジョングク)に輝いた、世界的イケメン。そんな2人の成長は、デビュー当初からの写真で振り返るとかなり尊い。

メンバーが溺愛するジョングクの今と昔

2020年12月30日に配信された誕生日Vライブで、ファンから「5歳のジョングクと5人のジョングクどちらがいいか?」と質問され、5歳のジョングクを選んだV。その後シュガとRM、Jホープが同じ質問に対して、それぞれこう答えた。シュガは「5人のほうがコスパがいい」、RMは「5人のジョングクによる幻想的なメロディーを聞きたいから」という理由で5人のジョングクを選択。Jホープは「ジョングクは1人でも意味があるので」と、5歳のジョンググを選んだのだ。

2021年2月19日に、「BE Essential Edition」発売記念で生配信された映像を、5分に編集した動画VPICK!【BTS】BTS saying whatever (feat.BE Essential Edition)。この時ジミンは、「5人いても全員どっかに行っちゃうから(過去、受賞スピーチ時に行方不明になった前科アリ)、5歳のジョングク」と回答している。

その質問が印象的だったのか、久しぶりに7人が集合したV LIVE「BTS BE LIVE 2021 BE.T.S」でも話題に。「以前の答えを撤回します。5歳のジョングクで」というRMに、ジンが「15歳のときもかわいかったのに、5歳ってどんだけかわいいんだよ」と発言。さらにVが「かわいいジョングクはもう終わって、最近はかっこよく男前になって」というと、「15歳のジョングクはかわいかった……」とメンバーが口々にジョンググのかわいさを絶賛する展開に。

2013年6月25日に出演した、韓国のTV番組「Simply K-POP」のパフォーマンス 写真:アフロ
衣裳やメイクのコンセプトは、“ヒップホップ・アイドル”。特に目全体を黒で縁取ったメイクは、社会に反抗する若者の力強さを印象づけた 写真:アフロ
2017年5月19日、アメリカ・テキサス州のマッカラン・ミラー国際空港に到着した際の画像。ノーメイクでもこの美しさ! デビューから4年で、すっかりスターの顔に 写真:アフロ
2018年12月12日、さいたまスーパーアリーナで行われた「2018 MAMA FAN’S CHOICE in JAPAN」にて。もう大人の顔! 写真:アフロ
2020年1月26日、アメリカLAで行われた第62回グラミー賞にて。カリスマオーラがあふれているだけでなく、かっこよさと色気が増し増し 写真:アフロ
2020年2月21日。リリースしたばかりの「Map of the Soul:7」を引っさげて、アメリカNBCテレビに出演。この後、新型コロナウイルスの流行により自粛生活へ 写真:アフロ
2020年8月30日、MTVミュージックアワードで初めて「Dynamite」を披露 写真:アフロ
2021年11月20日、ニューアルバム「BE」のグローバル記者会見でのジョングク。この頃はまだ黒髪だった 写真:アフロ

かわいい少年から麗しい青年へ……Vの変貌

ときどき子どものような突拍子もない行動をとることから、メンバーに「5歳児」と言われているV。バラエティ動画では、よく他のメンバーにいたずらを仕掛けたり甘えたり姿を見せていた彼も、今は落ち着いた雰囲気が漂う大人へと成長した。その変化は、デビュー当時の写真を見れば明らかだ。

2013年6月25日、韓国のTV番組「Simply K-POP」のパフォーマンス。顔のラインや身体つきが、華奢な印象が強い 写真:アフロ

2017年5月19日、アメリカ・テキサス州マッカラン・ミラー国際空港にて。金髪マッシュルームカットのかわいさが最強 写真:アフロ
2017年11月15日、「ジミー・キンメル・ライブ!」に登場したV。まだまだかわいさ爆発中 写真:アフロ
2017年11月19日、アメリカン・ミュージック・アワード2017にて。表情豊かなVは、シーンによって驚くほど印象が変わるのが特長。たった4日前の「ジミー・キンメル・ライブ!」の写真に比べると、美しさが際立っている 写真:アフロ
2018年12月12日、さいたまスーパーアリーナで行われた「2018 MAMA FAN’S CHOICE in JAPAN」では、赤い髪の毛姿を披露 写真:アフロ
2019年2月10日、第61回グラミー賞に参加。青に染めていた髪の毛の色が抜けて、グラデーションカラーに 写真:アフロ
2019年4月12日、NYでTV番組出演に向かう姿をパパラッチ。髪の毛がキレイな青に染め直されている 写真:アフロ
2019年12月4日、名古屋で行われたMAMAへの出演写真。黒髪で落ち着いた大人の雰囲気に 写真:アフロ
2019年12月6日、LAで開催されたKIIS-FMのJingle Ballフォーラムでのパフォーマンス 写真:アフロ
2020年2月21日、アメリカNBCテレビに出演 写真:アフロ

2021年11月20日。ニューアルバム「BE」のグローバル記者会見では、かっこいい立ち姿を披露。落ち着いた雰囲気が漂う、大人ショットだ 写真:アフロ

ハイティーンでデビューし、まさに青春の真っ只中を駆け抜けてきたジョングクとV。ヒップホップアイドルグループとしてデビューした当初は苦労も多かったが、しだいにその実力を認められ、着実に階段を昇って成長した軌跡の一端を、写真から感じてもらえただろう。これから20代後半という男盛りを迎える2人の今後の成長が楽しみだ。

  • 取材・文中村美奈子写真アフロ

Photo Gallary21

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事