『ホリミヤ』井上祐貴 演じる人物を追求する演技派は料理男子? | FRIDAYデジタル

『ホリミヤ』井上祐貴 演じる人物を追求する演技派は料理男子?

出演作が続々と控える、ブレイク必至の新星にロングインタビュー!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
井上祐貴(撮影:加藤誠)

ずっと気になっていた。ホリプロの創立60周年を記念し、製作された映画『NO CALL NO LIFE』の公開日決定のリリースを目にしたのは、昨年の暮れ。この作品で、事務所が期待を寄せる若手実力派俳優の1人として、みごとW主演の座を射止めた井上祐貴は、同時に主演を務める優希美青と同じく、ホリプロタレントスカウトキャラバンでの受賞者。長い歴史を誇るオーディションの中でも、男性陣は希少な存在といえる。そんな彼は、いったいどんな人物なのだろうか、と。

ようやく念願の機会を得て、実際に目の前に現れた井上祐貴の第一印象は、なんだかイメージと違う……。映画『NO CALL NO LIFE』の場面写真で見ていた、今風な“とんがった感じ”が一切ないのだ。それは髪色を戻していたせい、だけではないだろう。

「ドラマや映画の役によって、印象が違うと思っていただけるのはうれしいですね。まったくの別人みたい、と言っていただけることもあって。でも、それはメイクさんの力ありき、なんですけど(笑)。

毎回、作品に入るときはマネージャーさんと、かなり時間をかけてディスカッションするようにしてます。例えば、『NO CALL NO LIFE』の春川真洋のように、原作があって髪色が決まっていたら、“こういう髪色にする春川は、どんな人物なのか”“こういう時には、どんな表情をするか”。その時々の役について詳細に考えるのは、自分が不安だからなんですけど。

ちょっとでも疑問に思ったり悩むことがあったら、プロデューサーさんにも相談しますし、監督さんとも読み合わせや衣装合わせの時とか、お話しさせていただきます。基本的に、そこで理解して、自信をもって現場に入れるようにしたいんです」

確かに。シリーズ累計部数600万部を突破した超人気漫画を実写化した『ホリミヤ』(毎火/深夜1時26分~/TBS系)で公開されているビジュアルは、髪色がオレンジの”イマドキ男子”でも、表情や雰囲気がまったく違う。このドラマは、それぞれクラスメートには知られていない“秘密” を持つ2人の主人公、宮村伊澄(鈴鹿央士)と堀京子(久保田紗友)を中心に、甘酸っぱい高校生の日常が描かれている。井上祐貴は、宮村の中学時代唯一の友人で、別の高校に通う進藤晃一として第3話から登場。

井上祐貴(撮影:加藤誠)

彼の言葉の端々には魅力の片鱗が垣間見えるが、その素顔はどこにあるのか。これまで演じた役の中で、素顔に近いキャラクターがいるかもしれない。真摯に作り上げられた役柄と分かっていても、つい聞いてしまった。

「うーん。『NO CALL NO LIFE』の春川は真逆というか……今までで一番、共感できる部分が少なくて。そこも僕には新たな挑戦で、演じる上で10代ならではの“相手を好きって想う気持ち”や“周りが見えなくなったり”とか、“その人の事しか考えられなくなる”みたいな、10代の頃を振り返って共感ポイントを見つけていく感じでした。そんな風に、いろんな年代の方に、それぞれの感じ方で楽しんでいただけたらって思います。

話が少しズレましたけど、僕はとても普通なんで(笑)。春川より、もっと普通の役のほうが近い気がします。消去法みたいな感じですけど、『ホリミヤ』の進藤とか。ずっとハイテンションなヤツで、その部分は演じるのに結構、体力を使いました。でも、高校時代は、毎日のように友達と遊んでいて、時間があればショッピングモールやボウリングに行ったり。放課後、友達との時間を楽しんでいたのは、進藤に通じるかな、と」

学校帰り、自転車通学の友達とコンビニに乗りつけて、テレビ番組をまねた「男気ジャンケン」(勝った人が皆におごる)で盛り上がったエピソードを聞きながら、思い浮かんだのは屈託なく笑いあう制服男子。インドアからは程遠い印象の彼に、コロナ禍の1年は退屈だったろうと思いきや、ステイホームで始めたことがあるという。

「去年、外出自粛ってなったとき、友達とかにも会えないし。じゃあ家で何をしようって考えて、外食もできないから料理やってみよう、と。せっかく作ったから、と撮った写真はファンクラブで公開しましたが、ちゃんと見たら雑な男メシですよ。写真を撮るために器に移してますけど、お皿を洗うのが面倒でフライパンのままいっちゃうタイプですし。大抵の料理はネギと卵があれば、それっぽく仕上がるんです。

井上祐貴が自粛期間中に作った料理の数々。シンプルな「男メシ」ながら、どれもおいしそう

もともと、料理をするようになったのは、大学時代のバイトを始めてから。ラーメン屋で4年間、時給を上げたくて中華鍋を振る練習したり、終わりの1年半くらいはカフェも掛け持ちしてイタリアンも作ってました。学生時代から一人暮らしでしたけど、バイトでもないのに自分のために作るとかありえないって思って、自炊はほとんどしてなかっんたです。でもやってみたら楽しくて、1人で作って食べるのもアリだなって、今でも続けてます。

それと、もう1つ時間を使っていたのはドラマです。ドラマは基本的に全部、観るようにしていて。もとからドラマ・映画鑑賞は好きなので、ちゃんと作品としても楽しんでますけど、今は半分以上、勉強な気がします。自分が演じる仕事をするようになって、確実に見方は変わりました。

1つの目標として“この役をやらせていただけるようになりたいな”とか、“いろいろな収穫を得たい”と思ったり。役柄が魅力的かどうかはもちろん、番手(出演者のクレジットの順番)を意識したりもします。それは、少しでも多くの人に“見ていただきたい”“知っていただきたい”というのが、この仕事の根本だと思うので。実は、小栗旬さんの演じる刑事とアクションが好きなんです。あんな風に、カッコよくアクションができる刑事役を演じてみたい、という憧れがあります」

実際、アクションやアクロバットのレッスンも受けているという井上祐貴。ある日、突然、テレビで刑事姿を披露してくれそうな、そんな予感のようなイメージがわいてきた。今はまず、第3話から登場するという『ホリミヤ』で再会できる。インタビュー終わりには、丁寧に言葉を選びながら受け答えしてくれる姿に、すっかりガッチリ、心をつかまれていたのだった。

井上祐貴(撮影:加藤誠)

井上祐貴に5つの質問

Q1あなたが人に自慢できることは?
A1やる気!
ものすごくシンプルですが・・・やる気です。この仕事を始めて、まだ3年。いただくお仕事のすべてが毎回“はじめて”で、主演させていただいても、周囲に気を配るまでの余裕は自分にはなくて。なので、やる気だけは絶対に誰にも負けないように、いつも頑張ってると思ってもらえるように、そこは忘れないようにやっていきたいと思っています。

Q2今、プレイリストに入っているお気に入りの音楽は?
A2三浦大知さん
音楽はよく聴くんですけど、その日、その時で聞きたい曲が違います。テンションをあげたい時にはコレ、という感じで。気分をあげたい時に聞く人は決まっていて、三浦大知さん。中学2年の頃からファンで、なんか元気をもらえるんですよね。たまたま、テレビで見た音楽ランキング番組で、ほんの数秒だけ流れた曲がきっかけで。その「Two Hearts」の曲調が好きで、今でもお気に入りの1曲です。

Q3影響を受けた作品は?
A3『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』
小栗旬さんと西島秀俊さんが主演のドラマです。初めて主演させていただいた『ウルトラマンタイガ』はアクションシーンが結構あって、バディものでもあったんですね。自分がいて先輩がいて、常に2人一緒に行動して事件が起きていく。「CRISIS」と被る部分が多い気がして、ドラマを見ながら“2人で目線を合わせる感じイイな”とか“二手に分かれる時の声のかけ方がカッコイイ”とか。自分の「タイガ」の演技にも何か組み込めないかな、と意識しながら見ましたね。お芝居もアクションも初めての経験だったので、ドラマから勉強したというか、お手本にしてました。

Q4毎日していることはありますか?
A4青汁、飲んでます()
風呂上がりのルーティーンです。上京してからも一人暮らしなので、今でも親父が「ちゃんと栄養とってるか」と心配してくれて、定期的に青汁を送ってくれるんですよ。忘れないように飲むタイミングを決めておこうと思って、自然と風呂上がりに飲むようになりましたね。

Q5好きなタイプを教えてください
A5話していて楽しいヒト、尊敬できる人
話してて楽しい人とか、イイなって思います。もちろん女性もそうですけど、男友達でも同じで、尊敬できる事がある人は魅力的です。趣味とか、共通して好きなモノがあると話が合いますよね。

井上祐貴(撮影:加藤誠)

井上祐貴(いのうえ ゆうき)

1996年6月6日生まれ、広島県出身。
2017年『第42回ホリプロタレントスカウトキャラバン』審査員特別賞受賞。
2018年、ミュージカル『ピーターパン』で俳優デビュー。ドラマでは『ウルトラマンタイガ』主演、『ひまわりっ宮崎レジェンド』『13(サーティーン)』レギュラーほか、時代劇などにも出演。今年は映画の主演作が続々。ホリプロ60周年記念映画『NO CALL NO LIFE』公開は3/5(金)~。『Bittersand』も夏に公開予定。
Twitter(@inoue__yuki)
Instagram(@inoue_yuki_)

井上祐貴(撮影:加藤誠)
井上祐貴(撮影:加藤誠)
井上祐貴(撮影:加藤誠)
井上祐貴(撮影:加藤誠)

撮影:加藤誠
取材・文:石田陽子
企画・構成:SUPER MIX

Photo Gallery9

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事