令和のドラマに不可欠となった「恋の当て馬役」の存在感

ドラマを盛り上げるバイプレイヤー、彼らを見るためにドラマをウォッチする価値がある!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
「うまくいかない恋」がよく似合う、間宮祥太朗

TBS系、毎週火曜22時のドラマ放送枠にラブストーリーが続いている。そろそろ別の題材も見たいと思うけれど、つい見てしまうし、あれこれSNSで突っ込みたくなる理由がある。それが恋の当て馬たちの大活躍だ。

要は主役のカップルが成就するために登場してきて、最終的には恋を勝ち取ることなく去ってしまうというバイプレイヤーのこと当て馬と指している。このポジションの俳優たちが、めちゃくちゃいい仕事をしているのだ。この当て馬たちの奮闘記を見るために火10を見ていると言っても過言ではない。

話がさかのぼりすぎると、ドラマオタクの私の記憶も怪しくなってくるので2020〜2021年に登場した役を追ってみたい。読んだ後にはサブスクでドラマタイトルを漁っているはずだ。

主役カップルよりもいい風味の存在感を醸し出す

恋に飢えた女性たちの間で、すでに語り草化しているドラマといえば。2020年放送の『恋はつづくよどこまでも』。天堂浬(佐藤健)と佐倉七瀬(上白石萌音)の間には、ヒロインの未熟な仕事ぶりや性格の差など様々な障害が生じていたので、目立った当て馬こそ存在しなかった。天堂の元カノの妹だという若林みおり(蓮佛美沙子)も、七瀬に近づいてきたチャンボツ・上条周志(清原翔)も、微かな灯りだけを灯すかのように去っていった。この作品はなんといっても、天堂のドSっぷりと、無茶な恋のコマの進め方の勝利だ。

『私の家政夫ナギサさん』も、相原メイ(多部未華子)と鴫野ナギサ(大森南朋)による年齢差や、キュートなナギサさんの言動が強かった。田所優太(瀬戸康史)という存在が、メイに接近はしたけれどいわゆる“爪痕”を残したわけでもなく終了。

ただ昨年末、事件は起こる。『この恋あたためますか』の井上樹木(森七菜)と、浅羽拓実(中村倫也)のカップルが成就するまでに、頭角を表してきたのが新谷誠(仲野太賀)である。役名から推測してもふわふわと漂ってくる、当て馬感だ。樹木の気持ちが浅羽にあると知りながらも、告白して最終的に振られてしまう新谷の健気な姿に、女性視聴者の心は癒やされた。

「ツンデレ浅羽よりも深谷の方が良くない……?」誰もがそう思ったはず。放送中、樹木の前で見せる新谷の笑顔がすごく切なかった記憶もある。この作品には他に北川里保(石橋静河)という浅羽の元カノもチラつき、主役カップルを惑わせていた。でも個人的には、新谷の存在感が圧勝。

やっぱり当て馬役には男性俳優が適任なのだろうか。そう思っていたところにレジェンドのお出ましである。

間宮祥太朗よ、なぜあなたは“恋の焚き付け役”に……?

現在放送中の『オー!マイ・ボス!恋は別冊で(以下、「ボス恋」略)』には、男女それぞれの当て馬がドラマ内を疾走している。

鈴木奈未(上白石萌音)と宝来潤之介(玉森裕太)の主役カップルに近づいてきたのは、潤之介の元カノで、幼馴染で、プロのヴァイオリニストというウェポンを引っ提げた、蓮見理緒(倉科カナ)である。今、世間では“あざとい”という言葉が種々の意味で、フィーチャーされている。私は褒め言葉だと捉えているけれど、倉科カナは日本の女優陣内でもベストオブのあざとさを誇っていると思う。

もうテレビに出てきただけで恋の事件の予感を掻き立てる、そういう人だ。あの笑顔の向こうには底なし沼が潜んでいる。念の為もう一度伝えておくが、ディスりではなく、むしろ好きだ。

この理緒の対抗位置(?)にいるのが、今、激推ししたい恋の当て馬・中沢先輩こと、中沢涼太(間宮祥太朗)。奈未がアシスタントとして働く編集部のガチの先輩だ。

初めは奈未が「ドS先輩!」と陰で呼ぶほど、塩対応を貫いていた先輩が突然、奈未に恋心を抱いてしまう。これを全く隠すことなく、

「俺、おまえのこと好きだわ」

「俺ならおまえのことを、泣かせない」

と、迫る。第七話では奈未がキャンプ場でなくしてしまった、潤之介からのプレゼントのブレスレットを一緒に探すという偉業に出た。その間、奈未は旅館で時間を過ごしている。部屋がないから一緒に泊まろうと申し出ても、

「もしおまえが俺の彼女だったら、俺はおまえが他の男と泊まんのは嫌だ」

と、また真っ暗な岩場へブレスレットを探しに行くのだ。そして潤之介にも

「あんたがそんなんなら、俺、遠慮はしないから」

堂々宣言。とにかく中沢先輩は、恋の当て馬のマニュアル書でもあったら最初のページに載っていそうなセリフを連発。そして今日も奈未を思っている、プロの当て馬なのだ。

ちなみに間宮祥太朗は、昨年も『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系)で、五文字順太郎という、主演カップルの周囲をうろうろしていた当て馬だったことを思い出す。五文字は引きこもり体質の、セレブ育ちで中沢先輩とはまた違ったいい味を出していた。

そういえば彼のブレイク作品『半分、青い』(NHK総合・2018年)の森山涼次役では、ヒロインと大恋愛の末に結婚して、子どもを授かって、結果は夢を選んで離婚。その後に、ヒロインは幼なじみと心を通わせていた。涼次役は当て馬までは行かなかったけれど、彼には”うまくいかない恋”がとてもよく似合う。あの大きく、いつも潤んでいる瞳は悲哀性を秘めているのだろうか。

次回の『ボス恋』ではどんな活躍を見せてくれるのだろうか。とりあえずSNSのトレンド一位に、彼の名前は上がるのは間違いない気がする。

  • 小林久乃

    エッセイスト、ライター、編集者、クリエイティブディレクター、撮影コーディネーターなど。エンタメやカルチャー分野に強く、ウエブや雑誌媒体にて連載記事を多数持つ。企画、編集、執筆を手がけた単行本は100冊を超え、中には15万部を超えるベストセラーも。静岡県浜松市出身、正々堂々の独身。女性の意識改革をライトに提案したエッセイ『結婚してもしなくてもうるわしきかな人生』(KKベストセラーズ刊)が好評発売中。

  • 写真アフロ

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事