『青のSP』米倉れいあ16歳 芸能界入り1年で「変わったこと」 | FRIDAYデジタル

『青のSP』米倉れいあ16歳 芸能界入り1年で「変わったこと」

ガールズユニット821のメンバー、『青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー』で役者デビュー!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
米倉れいあ(撮影:加藤誠)

TikTokに投稿した動画が事務所の人の目に留まり、スカウトされ、18年に「第43回ホリプロタレントスカウトキャラバン」をきっかけに結成されたガールズユニット821(ハニー)のメンバーとして芸能界入りをした米倉れいあ。現在放送中の連続ドラマ『青のSP―学校内警察・嶋田隆平―』(カンテレ、フジテレビ系/毎火/午後9時〜)で教師から暴行を受ける涌井美月役を務めている。

デビュー作ながら、物語の重要な鍵を握る不登校のワケあり女子という役を見事に演じ注目を浴びている彼女だが、この活躍ぶりと今どき女子らしいデビューとは裏腹に、自分のことを「隠キャです」という。

「私、友達が多いタイプではないんです。おしゃべりはするけれど、本当のことを話せる友人は少ない方だと思います。でも、『青のSP―学校内警察・嶋田隆平―』で美月役を演じることで、リアルな学校以上に学校らしい生活を送ったような気がします。ドラマ自体に出演するのが初めてだったので、右も左もわからない現場でたくさんの人に助けてもらいましたし、尾崎香澄役の鈴木梨央ちゃんとは本当に仲良くしてもらって、演技の相談にものってもらいました」

映像作品に出演するのが初めてという中で、重要な役回りを演じなければいけないプレッシャーは、16歳(撮影時15歳)の彼女には相当なものだっただろう。

「ドラマの現場に入った初日が、藤原竜也さんとふたりっきりの撮影で、もう緊張しすぎて心臓が爆発しそうでした。実際に目の前に藤原さんがいらっしゃった時には、そのオーラがすごすぎて、圧倒されてしまったんですけど、“どう演じたらいいですか?”と尋ねたら“適当でいいんだよ”って返ってきて。その言葉のおかげで、ものすごい量の肩の荷がほんの少し降りたような気がしました」

そうは言いながらも、実は彼女、役作りをあまり考えずに現場に飛び込んだという。

「不登校で事情を抱えた美月という役を演じると決まった時は“私でいいの?”という戸惑いもありましたが、あえて積極的に役作りのために勉強をすることはありませんでした。まっさらなままで演じた方がうまくいくような気がしたんです」

米倉れいあ(撮影:加藤誠)

まわりに流されず、自分で考えて感じたことを行動に移せる彼女の強さ。それは芸能界に入って1年という短い時間の中で感じた、彼女自身の成長の手応えがあったからなのだろう。

「お仕事をはじめた当初はダンスも歌も嫌いだったんです(笑)。苦手だし、うまくいかないし……。でも、821のメンバーの頑張っている姿や、お仕事で出会った他のタレントさんたちの活動を見て、徐々に自分もうまくなりたいという気持ちが芽生えてきて、気がついたら前向きに努力している自分がいたし、少し上手になっている自分がいました。そうやって自分が成長することを楽しめるようになったことが自信になったような気がします」

話していくうちに緊張も解れたのか、マスクをしていてもわかるほど笑いながら自分の気持ちを素直に話してくれる彼女が見えてきて、思わず「本当に隠キャなの?」と意地悪な質問をしてみた。すると、「根は隠キャのまま。でも、ちょっと変わり始めた自分がいるかも」という。

「休みの日は今も変わらず大好きなアニメをずーっと見ながら、ひたすらイラストを描いて家にこもっています(笑)。でも、昔から人に喜んでほしいっていう気持ちはもっていて、中学校の時の卒アルには“ディズニーキャストになること”っていう夢を書いたくらいなんです。今、芸能界で人に楽しんでもらえるお仕事ができるようになってきて、少しずつ自分の中で隠キャと陽キャのオンオフができるようになったのかもしれません(笑)」

まだ芸能界のスタートラインに立ったばかりの彼女。これからドラマ、映画、バラエティといろいろなフィールドで仕事をしていきたいと話すが、本人の目下の夢は「特徴的な自分の声を生かして声優にチャレンジしたい」ということだそう。隠キャ&陽キャの境界線を軽々と飛び越えて、16歳の瑞々しさをたくさんのメディアで見られることをこれからも期待したい。

米倉れいあ(撮影:加藤誠)

米倉れいあに5つの質問

Q1 あなたが人に自慢できることは?
A1 スノボードが得意です!
小学5年からずっとスノーボードをしています。ボード系が好きで、サーフィンやスケートボードも好きです。

Q2 今、プレイリストに入っているお気に入りの音楽は?
A2 Vaundy
ジャズっぽい音楽が心地良くて最近のお気に入りです。特に「napori」という曲がおすすめ。ゆったりしていて電車に乗っている時とか、外の風景と音楽が混じってすごく気持ちいいです。

Q3 影響を受けた作品は?
A3 石原さとみさんの舞台「密やかな結晶」
スカウトされた時に、最初に拝見させていただいた作品です。舞台に立つ石原さんの姿や声が体に直で伝わってきて、本当に引き込まれました。この作品がきっかけで芸能界に入りたいと思った大事な作品です。

Q4 毎日していることはありますか?
A4 筋トレ
夏に向けて、雑誌の依頼がきて“水着を着て欲しい”と言われた時に、対応できるように今から頑張っています。YouTubeを見ながら毎日30分やり続けてくびれもできたし痩せました!

Q5 好きなタイプを教えてください
A5 優しい性格が顔に出ている人
性格って顔に出ると思うんです。優しい目をしているのは優しい性格だからだと思うから、トロンとした系の優しい目……星野源さんのような温和なイメージの人が好きです。

米倉れいあ(撮影:加藤誠)

プロフィール
米倉れいあ(よねくら れいあ)
2005年2月8日生まれ 和歌山県出身。
2021年「青のSP」で映像作品デビュー。2018年開催の「第43回ホリプロタレントスカウトキャラバン」合格者で結成したガールズユニット・821(ハニー)の“レイア”としてライブでも活躍。日本テレビ「ZIP!」内「星星のベラベラENGLISH」(毎朝平日7時30分頃~)レギュラー出演中。

米倉れいあ(撮影:加藤誠)
米倉れいあ(撮影:加藤誠)
米倉れいあ(撮影:加藤誠)
米倉れいあ(撮影:加藤誠)

撮影:加藤誠
取材・文:知野美紀子
企画・構成:SUPER MIX

Photo Gallary8

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事