なぜ11月5日に…?「世界津波の日」制定までの、ある物語 | FRIDAYデジタル

なぜ11月5日に…?「世界津波の日」制定までの、ある物語

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
安政南海地震による津波から村人を救った浜口梧陵の活躍を再現した「稲むらの火祭り」(写真・共同フォト)

東日本大震災の日から10年が経つ。まず、あの未曽有の大災害で亡くなった方々のご冥福を祈りたい。犠牲者の大半は津波で亡くなった。改めて、津波の恐ろしさを知らしめた災害であった。

その恐ろしさは定期的に思い出していかなければならないが、津波に警鐘を鳴らす「世界津波の日」を知っている人はどのくらいいるだろうか。おそらく、ご存じない方のほうが多いだろう。

2015年12月に、日本政府が国連で提案して採択された記念日であり、歴史的には浅い。しかし、それが「制定された日」にも、あまり知られない理由があるだろう。日本政府が提案したとなれば、「津波の日」は東日本大震災が起こった3月11日を連想してしまうが、制定されたのは11月5日だった。

なぜ11月5日なのか?

2011年3月11日、東北地方を襲った津波(宮古市提供)

この日は1854年安政に起きた安政南海地震が起きた日である。

四国・紀州沖を震源地とする地震により津波が発生し、被害は数千人とされる。が、詳しい人数は明らかになっていない。時代背景もあるが、その前日に安政東海地震があり、大規模な地震が連続して起きたため、津波以外にも家屋の倒壊による被害も大きかったのだ。

この安政南海地震も大災害であったが、日本にはこれと同等、あるいはこれ以上の被害があった津波災害の記録は幾つもある。

明治以降であれば1896年(明治29年)6月15日の明治三陸大津波で約2万人が死亡・行方不明になった。また1933年(昭和8年)3月3日の昭和三陸大津波で3000人が死亡・行方不明になっている。前述した2011年の東日本大震災では2万人弱の被害がでているのはご承知の通りである。

世界的に見てみると、記憶に新しいのが2004年12月26日に発生したスマトラ沖の津波被害がある。この津波では22万人も犠牲者がでた。もちろん、犠牲者の数が基準になるわけではないし、それが基準になってはならないと思う。しかし、なぜ安政南海地震の日が「津波の日」になったのか…には、多少のいわくがあるのだ。

防災の意味を込めての「稲むらの火」

安政南海地震は、村の庄屋さまが津波から住民たちを逃がすために工夫を凝らした逸話が1937年(昭和12年)に小学生向けの国語読本に採用されたことで、全国的に知られるようになった。

あらすじはこうだ。海岸近くの村の庄屋さまが夕方に起きた地震のあとで津波が襲ってくることを予想し、何も知らない住民たちを安全な高台に誘導して逃がそうと、小高い場所にあった庄屋宅の脇の田んぼの稲わらに火をつけた。住民たちは庄屋さまの屋敷が燃えているように見えて消火しないといけない、と駆け付けて、それによって津波からの被害を免れた。めでたし、めでたしという話である。

この原典は小泉八雲の筆名を持つラフカディオ・ハーンが1898年に発表した「生神(A Living God)」を基にして、和歌山県広村の教師・中井常蔵氏が書いた物語であることが明らかになっている。

ハーンは1896年(明治29年)の明治三陸大津波について書かれた英字新聞の記事を参考に構想を練り「生神」を作った。その記事には、安政南海地震のことも記されていたという。

ハーンの「生神」でも中井氏の「稲むらの火」でもこの場所は特定されていないが、中井氏は自分が育った地であると考えて構想を練った。

主人公である庄屋さまは、ハーンの作品では「儀兵衛」であったのに対し、「稲むらの火」では「吾平」に変えられ、このモデルが広村の庄屋であった浜口悟陵氏を想定したものになっている。

教師の中井氏は、日本の醤油の発祥の地として有名な湯浅の出身で、広村とは数キロしか離れていない。広村には和歌山県で最古の中学校があり、中井氏はそこで学んで教師になった。校長まで務め、退職後は町会議員にもなった地域の名士だった。

「生神」の主人公である広村の庄屋・浜口悟陵氏は、千葉県銚子市のヤマサ醤油の創業者としても知られている資産家であった。ちなみに広川町の海岸近くに「稲むらの火記念館」があり、大勢の観光客が訪れているが、その建物は浜口氏宅を改装して記念館としたものである。

稲むらの火記念館

浜口氏本人が残した日誌によると津波が襲ってきた後に、村内の八幡神社の提灯を付けて誘導して9人を助けたとある。小高い場所にあった田んぼの稲わらに火を付けて住民を誘導した逸話は、ハーンが創作したものだ。

冷静に考えるならば、そもそも11月に田んぼに稲わらが干してあること自体がおかしい。少なくとも10月までには稲わらは田んぼから消えているはずであるし、何より広村の海岸線の小高い場所に田んぼは存在していない。しかも地震が起きたのが午後4時半であり、津波が後から来るとしても、紀州の地ではまだ日が暮れていないのだから、火を灯す必要もなかった。

しかし、創作であっても防災のことを人々が考えるきっかけになってくれれば全く問題はない。ここで言いたいのは、事実と警鐘の物語は必ずしも一致しないということだ。

「稲むらの火記念館」の崎山光一館長は「稲むらの火」がフィクションであることを認めたうえで次のように語る。

「ハーンが広村に取材にきたという話はありませんが、明治三陸大津波のときに安政南海地震のことも書かれていたので、参考にしたんだと思います。中井氏は地元の広村の庄屋さんをモデルにして話を膨らましたんでしょう。広村では安政南海地震から50年後に記念日として毎年奉っていて、今年で118回になります」

なぜ11月5日か

「稲むらの火」によって、日本国民に津波の被害と防災の大切が改めて知られたのは間違いない。不思議なのは、その日が「世界津波の日」に制定されたのは2015年12月のことである。東日本大震災から4年後に、「11月5日」が津波の日に制定されたのはどうにも不可解な気持ちが残っているのも事実である。

実は、11月5日を「世界津波の日」にしようとこれを推し進めたのは、広村(現・広川町)がある和歌山3区選出の衆院議員の二階俊博幹事長であった。国際的に津波被害・防災を訴える日として日本政府も後押しをして、津波の日が制定された後には、二階幹事長自身が国連で演説をしている。津波への危機意識が高まる中で、地元でおきた痛ましい経験と名前を世界に広めようとするのは、分からなくもないし、熱心だと思う。

しかし、ここでひとつ疑問が持ち上がる。安政南海地震が起きたのは1854年11月5日になっているが、実はこれは「旧暦」なのである。世界では通用しない旧暦を記念日に制定されたのはなぜだったのか。

安政南海地震が起きた日は、西暦では1854年12月24日なのである。クリスマス・イブが津波の日になるのは、西欧社会からは受け入れられなかったのかもしれない。そこで、あえて旧暦での制定となったのではないか。

だったらなおさら、3月11日でよかったのではないか…とおもうが、そこには二階氏の政治家としての執念もあったのかもしれない。

いずれにせよ、世界に津波の危険性を継承するのは大切なことだ。災害は必ず起こる。少しでもその被害を抑えるために、われわれが出来ることは何かを改めて考えたい。

  • 取材・文吉田隆

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事