「オトコの学歴に興奮する女」猥談バー店長が紹介するトンデモ性癖

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

クラウドファンディングで700万円を超える資金を集めた、完全会員制の「猥談バー」が話題になっているのをご存知だろうか。

11月のプレオープン時には、お客さんがバーに入り切らず、椅子を外に出しての立ち飲み営業になるほど人気を博した。そんな猥談バーを手がけるのが、日本でただひとりの「エロデューサー」佐伯ポインティ氏(25)。「エロデューサー」は彼の造語で、「エロ」×「プロデューサー」の意味。男女ともに楽しめるエロスのあるコンテンツを作ることを生業とする。今までに集めた猥談は100を超えるという。猥談バーでは、いったいどんな猥談が登場するのか。

エロデューサーの佐伯ポインティ氏。笑顔で猥談を次々と紹介してくれた

「サピオセクシャルっていう、”学歴”に興奮する性癖の女性がいるんです。特にエリート高校が大好きで、日本最高峰の進学校である『開成』や『灘』の卒業生と聞くとテンションが上がってしまう。この人は、おじいちゃんとおばあちゃんに愛されて、毎日サピックスに通って勉強し、ついに開成高校合格――おめでとう!ってみんなに祝われてた。なのに……そのエリートくんが、今わたしに興奮している!彼女はそのギャップがたまらないんだそう」

さらに、佐伯氏が紹介するのはTwitterで密かに人気の”踏まれルーちゃん”だ。

「彼の話も、超面白いんです。『日本人の女の子に踏まれたい』っていう願望を持つアメリカ出身の男性がいて、渋谷で女の子に踏まれまくっている映像がTwitterでバズったんです」

とんでもない猥談のタネを見つけた佐伯氏は、すぐさま取材を申し込むも返事はこない。しかし、

「『こういう女の子が踏んでくれるんですが……』って取材を申し込んだら、ソッコー返事がきて快諾してくれました(笑)。実際のインタビューでは、ルーちゃんが踏まれてるところに、一緒に横になりながら話を聞かせてもらいました。彼いわく『裸になるのはアブノーマル』らしいんです。服を着たまま靴を履いた人に顔を踏まれる。それがルーちゃんにとっては”普通”なんですね。『俺は別に世界がノーマルなんて思ってない』と言っていて、それは確かにその通りだなと」

佐伯氏はそんな猥談が好きすぎて、「猥談好きが集まって話すためのバー」をエロデュースすることに。佐伯氏はなぜ「猥談バー」を作ろうと思ったのだろうか。

「普通の飲み会で盛り上がってくるとエロい話するときってあると思うんですけど、僕はそれが待ちきれないんですよ。サビだけ聞きたいみたいな。だから最初からエロい話が出来る場があるといいなと思って『猥談バー』を企画しました」

「猥談バー」ではバーテンダーを務める佐伯氏。毎回バーに収まりきらない超満員だ

猥談バーは月に一度の企画から始まった。客層は、下は20代から上は50代まで様々。毎回入り切らないほど人が集まるあまりの盛況ぶりに、実店舗を立ち上げることを決意したという。

佐伯氏この一年間で、猥談バー以外にも、メルマガ「猥談タウン回覧板」、ひょっとこのお面をつけた女体の展示「ひょっとこヌード写真展」、「猥談オークション」や「出張猥談師」など、多くの企画を行ってきた。

「11月から株式会社ポインティという会社をつくったので、いろんなエロデュース事業を楽しくやっていこうと思います。猥談バーの展開はもちろん、猥談バーの楽しさをスマホ上で再現できるようなサービス、あとYouTubeユニットも始めました。『猥談ピーポー』といって、童貞で僧侶の“煩悩クリエイター”稲田ズイキくんとユニットを組んでやってます」

彼の活動はSNS上で急速に支持者を集めており、その勢いはとどまるところを知らない。飲み会のサブとして過小評価されることも多い”猥談”が、一つのトークテーマとして市民権を獲得する日は近そうだ。

佐伯ポインティ氏のTwitterはこちら

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事