福原愛の誤算…不倫疑惑でタレント価値と「2人の子ども」失う恐れ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
自身の不倫報道が飛び出し、ピンチに追い込まれた福原愛。果たして離婚問題はどうなるのか…

「女性セブン」が報じた卓球女子メダリスト・福原愛の不倫疑惑。同日発売された「週刊文春」には、夫である江宏傑氏の“モラハラ疑惑”が報じられるなど、まさに週刊誌を巻き込んでの暴露合戦となっている。

「2月18日に放送された『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に、福原さんが出演。そこで彼女は、現在3歳の第一子が幼稚園に入るタイミングで、日本に活動拠点を移すこと。そのために、今年1月に会社を設立したことを明かしたのです。

それまで夫婦仲があまり良くないという噂は耳にしていましたが、具体的な日本移住計画を公にしたため“すわ、離婚か!”と、芸能マスコミは福原さんを取材し始めたのです」(女性誌記者)

‘18年から日本の卓球シリーズ「Tリーグ」に江選手は参戦していたが、その際も拠点は台湾のまま。そのためリーグ側も配慮し、飛行機で通いやすい沖縄のチームに加入した経緯がある。

つまり、夫である江氏が親きょうだいを台湾に残し、日本に移る可能性は限りなくゼロに近いこと。そのため、福原がテレビでの“日本移住”発言は、離婚問題に直結したのだ。

「実際に福原は離婚への意志は固いと言われています。そのため、モラハラや別居などの夫婦不仲の報道が出てくるのは、時間の問題でした。ですが、福原にとって不倫報道だけは計算外だった。彼女はまず子どもと実母を何らかの理由をつけて日本に連れて来て、それから夫へ離婚を突きつける手はずだったはず。それが、自身の不倫報道でその計画がご破算になってしまったのは、手痛い失敗だと思いますよ」(卓球関係者)

国際結婚で離婚した場合、子どもが日本への帰国を認められないケースがある。もし裁判などでうまく合意が進まなかった場合、福原が子どもたちに会うのが困難になる恐れだってあるのだ。

「『徹子の部屋』に4年ぶりに出演するなど、今年に入って卓球以外のタレント活動も本格化させるはずだった。もちろん、東京オリンピックでの解説も視野に入れていたと思います。

ですが、不倫報道のうえに、ドロ沼の離婚問題を抱えているとなれば、あまりにイメージが悪すぎる。当然、タレント価値はガタ落ちになりますよ」(広告代理店関係者)

9日発売の「FLASH」によれば、人気バラエティー番組『モニタリング』(TBS系)の収録を、不倫報道の影響でドタキャンしたことを報じている。年間1億円とも言われるスポンサー収入なども、今回のスキャンダルで暗雲が立ち込めている。

自身の不倫報道という誤算で、数々の大切なものを失いかけている福原愛。“泣き虫愛ちゃん”が、離婚問題で涙を流すことになってしまうのだろうか…。

  • PHOTO蓮尾 真司

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事