加藤浩次に焦り?“加藤の乱”代償で『スッキリ』は9月末で終了も | FRIDAYデジタル

加藤浩次に焦り?“加藤の乱”代償で『スッキリ』は9月末で終了も

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
3月いっぱいで2本のレギュラー番組が終了した加藤。4月以降も『スッキリ』は続くというが…

「吉本興業さんの方から契約を延長しないと言われて」
「ちょっと僕もビックリしている」

3月いっぱいで吉本興業と専属エージェント契約を解除することになった極楽とんぼの加藤浩次。10日には自身が司会を務める『スッキリ』(日本テレビ系)に出演し、オープニングでこの報道に対してコメントした。

「僕自身はね、2年ぐらい前に騒動があって、僕もああいう発言をしたんで吉本興業とエージェント契約を続けようとは思っていたんです。僕自身は3月が更新の時期だったんで、吉本興業さんの方から契約を延長しないと言われて…」

と、加藤としては契約を切られることは、まさに“青天の霹靂”だったようだ。その上で加藤は、

「『スッキリ』は4月からも日本テレビさんに続けさせてもらえるということなんで、そこだけは本当に真面目な話、正直にうそなく番組を続けたい。みなさんこれからもスッキリをかわいがってあげてください」

と、新たに個人事務所を設立して4月以降も継続して仕事をすると話した。しかし、日本テレビ関係者は裏事情を明かす。

「4月以降も一旦は続けますが、番組関係者は“次の改編期である9月末で番組は終わるかもしれない”ということを認識していますよ。ウチのエースである水卜麻美アナが離れ、『ZIP!』に移ったのも打ち切りのための布石でしょう。

実際にスタッフの間では、『次の番組はどうなるのか』『もし万一にもスッキリがおわったあと、スタッフは引き継げるのか』なんて話で持ち切りのようです。吉本を辞めても絶対に変わらず番組が続けられると思っているのは、もしかしたら加藤さんだけじゃないでしょうか」

10日の『バイキングMORE』(フジテレビ系)に出演したカンニング竹山は、この加藤の件について

「会社と個人なら解雇すると不当解雇になるが、(エージェント契約は)会社と会社との契約なので切りやすいのでは」

という持論を展開。エージェント契約は解雇へのカウントダウンだったのではという見方をした。

「吉本の大﨑会長ら幹部は、加藤さんが闇営業問題の際に名指しで批判したことに対し、初めから許すつもりはなかったと思います。それが今になって表面化した。

また加藤さんの発言に追随して会社を批判した近藤春菜も、現在はエージェント契約にさせられてしまった。時期をみて、吉本サイドから“更新しない”と通達される恐れもありますよね…」(芸能レポーター)

闇営業騒動に端を発した芸人たちの“吉本批判”。近藤もパワハラを受けた宮迫や田村亮らに同情し号泣して会社を批判したことで、“覆水盆に返らず”となったという。

10日付けのスポーツニッポンは《スッキリのギャラの取り分は加藤が8で吉本2。その他の仕事のギャラは基本的に吉本に入らない形になっていたようでうまみがなかった》と報じた。だが、これ自体は大きな問題ではなかったようだ。

「ギャラの取り分も多少あるかもしれませんが、吉本はメンツを重んじる傾向が強い。組織に強い意を唱えた芸人がどうなるのかということを、結果的には知らしめたわけです。

宮迫さんが当時吉本からいなくなるときも“宮迫がいなくなっても会社としては大した損失ではない”と言われていましたからね。吉本ほどの巨大企業が加藤さんから多少のマージンを抜いたところで、そんなにうまみはない。それ以上に会社のメンツの方が大切ということです」(芸能プロ関係者)

吉本という後ろ盾を無くし、取り巻く環境が大きく変わった加藤。はたして、これからはどんな活動を見せてくれるのだろうか――。

  • PHOTO足立百合

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事