「女優・奈津子のプライベート家電ライフ」 スマートウォッチ編

元SDN48で女優としても活躍する奈津子。実は『家電製品アドバイザーGOLDクラス』という資格を持つほど、大の家電好きのお姉さんなんです。そんな奈津子が、新登場の白物家電、話題のガジェットを実際に使用して、プライベートフォトと一緒にレビューする新シリーズ。

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

第1回目は、ダイエットから睡眠管理まで可能な、話題のスマートウォッチをご紹介!

バッテリーが長持ちだから、充電の手間が少ない!

「家電女優」の奈津子です。少し前までは“ガジェットマニアが付けるもの”というイメージが強かったスマートウォッチ。でも最近はデザインも機能も進化して、かなりイケてる感じになってきました。

今年6月に発売されたばかりの「Fitbit Versa(フィットビット ヴァーサ)」
は、バッテリー保ちが最強にパワフルで最大4日、充電しなくてもOK。この機能は面倒くさがりのひとには特にイチオシです。スマートウォッチを利用していくと必ずブチ当たるのが“充電面倒くさい問題”なので!

Fitbit Versaを装着してパシャリ

充電しているときはこんな感じ。専用の充電器にはめるだけ

私はタレントという職業柄、地方でのロケがかなり多くて新幹線や飛行機の移動、泊まりも多いので、充電する回数が少なくて済むのはホントありがたいんです。Apple Watchも使用しているけれど、充電を1日1回はしてあげないとキツいんですよね。その分、高性能なんですけど……。

歩数や消費カロリー、心拍数も測れる

スマートウォッチといえば、どれだけ運動したのか、「活動量」を計測できることが最大の魅力ですよね! 歩数や消費カロリー、心拍数など、ウォッチ本体の画面でも見れますが、専用のFitbitアプリを使うとより細かく確認できます。

アプリでは、歩数や消費カロリーが一目で分かります。健康だけでなく体型管理への意識がぐぐっと上がるのでダイエットしたいひとに最適(写真左)。
心拍数のデータもこんなに正確にとれちゃいます。脂肪燃焼した時間も分単位で分かるから嬉しい!(写真右)

ランニングや自転車、水泳などのトレーニングのログも詳細に記録可能。運動量と消費カロリーがちゃんと認識できるだけで、運動へのモチベーションが俄然UPします!

執筆作業の合間には、気晴らしで区民プールへ泳ぎにいくことが多いです。水深50mまでOKの防水力!

この日は1kmほど泳いで結構頑張りました。消費カロリーももちろん見れますよ

食事管理もFitbit Versaで出来ちゃいます。摂取した水分量や、食べたメニュー&摂取カロリーも記録に残せるので、痩せさせたいパートナーへさり気なく贈るのもアリかも。なんか義務感というより、ゲーム感覚で頑張れちゃうんですよね。

摂取水分量(写真左)と食べ物(写真右)のログ。食べ物は「バナナ」や「オムライス」などメニューを選ぶだけで自動でカロリーが登録されます

睡眠環境がダンゼン良くなるんです!

さらに便利なのが、「睡眠時間」や「睡眠の質」を測定してくれる機能。

睡眠の詳細が分かったところで一体なにがいいワケ?と思う方もいるでしょう。分かります、私もスマートウォッチを利用するまではぶっちゃけそう思ってました! だけど、眠りの質が分かってくると、睡眠環境がダンゼン整えやすくなるんですね。

自分の場合、睡眠の計測結果を参照したところ全体的な眠りが浅くて明け方に目覚めやすいことが判明。

おそらく慢性的に疲れていたり、喉のためにエアコンを控えていることが原因と考えられたので、タイマーを上手く活用しながら、睡眠時にエアコンと扇風機を導入しました。そしたら目覚めのすっきり感が格段にアップして、疲れもとれやすくなって、さらにさらにムダな昼寝も減りました。これは嬉しかったな~!

上段が毎日の時間別のログ。時間単位で「レム睡眠」や「深い睡眠」など、質が把握できるんです!
Versaで睡眠状況を知ってから寝方を改善しました。改善前(左下)に比べて、改善後(右下)は、「深い睡眠」の度合いが増えているのが分かりますよね? 同年代の平均と比較したデータも教えてくれるのも嬉しい

それまでは、睡眠がヘタであるという自覚すらなくて、日中の仕事で頭がボーッとしてくると“自分のやる気が足りてないせいだ”と落ち込むこともあったんです(なんて健気……笑)。

でも、スマートウォッチを使ってから、睡眠の質がその日のパフォーマンスに大きく関係している
ことが分かりました。だから、睡眠の質が悪くて、仕事の要領が悪かった日は、「上手く眠れなかったんだからしょうがない。疲れてるんだね自分、乙!」ってな感じで、開き直れるように笑。

もちろん、そういう日は早く寝て、なるべく睡眠負債を取り戻すように努力するようになりました。頭では分かっていても、夜更かししてしまうというのが人間の性ですからね。
だからこそ、可視化できることって本当に大事なんですよ。

睡眠中の自撮り。装着感がないので最初の2~3日以降は付けていることを気にせずに眠れます

その他、ユニークに感じたのは文字盤がたくさんのデザインから選べること。あとはPCに専用ソフトをダウンロードして連携させれば、楽曲のダウンロードもでき、音楽プレイヤーとして使用することもできます。また、月経の周期を確認することも可能。女性としては大切な機能です。

なんだろう、ここまで来ると、もはや私のこと全部わかってくれる彼氏みたいだな。がはは

ただし、メッセージへの返信はAndroidのみ。スマホの着信とカレンダー機能との連携、SNSなどのアプリからの通知はAndroidでもiPhoneでも可能。電子マネー機能の「Fitbit Pay」は日本国内ではまだ未対応なので、今後の進展に期待したいところです。

まだまだあるぞ!進化系スマートウォッチ

「仕事で使うから、アナログ時計のような落ち着いたデザインがいい!」

「ディスプレイがなくても、アクティビティの詳細はスマホアプリで確認できれば十分」

というような、「デザイン重視」のひとにはソニーの「wena wrist (WN-WT11)

NOKIAの「Steel HR」
はかなりオススメ。

wena wristは、エレガントな装いにもマッチします。歩数といった活動量の記録ができるし、電子マネーの決済やスマホからの通知機能もついていますよ。

wenaは男性からの受けも非常に良かったです

Steel HRもクラシカルな時計デザイン。カジュアルな服装や、コットンなどナチュラル系の素材のファッションにもすっぽりと馴染むのが嬉しい。Fitbit Versa同様に心拍数のモニタリングが可能で、防水機能やスマホ通知も可能。その上、バッテリーがなんと最大で25日間持続します。

nokiaはバンドのカスタマイズが可能

王道のApple Watch (series3)はiPhone
との親和性が高く、連携できるアプリ数がダントツで多いのがやはり大きな魅力でしょうね。

たとえば、モバイルSuicaに対応しているので、電車に載る際の切符がわりに利用するのはもちろん、個人的にいちばん便利だと思っているのが「スマートキー」と連携できるアプリです。スマートキーとは、自宅の鍵をスマートウォッチで解錠できる機能なんです。

私が使っているスマートキーは「Qrio」というもの。事前に装置を購入して、玄関ドアの内側にセットしておく必要がありますが、それだけで自宅の鍵がオートメーション化できちゃう!

おかげでカバンから鍵を取り出さなくても、ワンタップでドアの鍵の開閉ができるんです。これ、年間を通したら凄い単位でロスタイムを減らしていると思いませんか?この快感を味わってしまうと、もう元には戻れないですね。

慌ただしい朝も、ホロ酔いで帰宅した夜も、鍵の開閉が一瞬で済む!

ちなみに、Apple Watchはモデルによっては通話もできるし、画面が頑丈だから不意に壁などへぶつけてしまっても亀裂ひとつ入りません。替えのベルトが豊富な点も嬉しいところ。だからホント充電の保ちだけですね、望むのは……。

どうです?魅惑のスマートウォッチの世界。ダイエットや睡眠管理、スマートキーまで、自分に見合った1本を見つけてくださいね!

紹介した商品

・Fitbit Versa:希望小売価格 28,490円(税込)

・wena wrist WN-WT11:実勢価格 23,630円

・Steel HR:実勢価格 23,000円

・Apple Watch series3:実勢価格

34,000円

 

<奈津子プロフィール>

女優・タレント。SDN48在籍中、秋葉原の町で家電に興味を持ったことをきっかけに猛勉強して家電製品アドバイザー ゴールドグレードを取得。現在は9本の連載に加えてFM東京「Skyrocket Company」内「家電で快適! 生活向上委員会」コーナー(毎週火曜18:10頃)、テレビ東京系「開運!なんでも鑑定団 」(毎週火曜 20時54分)にレギュラー出演中。

・奈津子 亜希子 オフィシャルブログ「ナツアキブログ

・ツイッター:@natsuko_twins

・Instagram:@natsuko_kaden

Photo Gallary12

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事