板野友美、「元カレの友達」人気デザイナーとポルシェでお泊まり愛

神セブンと呼ばれた元国民的アイドルは、デート姿もセクシーだった

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

焼き肉を食べ終えて、宮﨑氏の待つポルシェへ向かうともちん。この後、六本木の高級ホテルへ移動した

グォオオオオッ!

甲高いエンジン音が広尾(渋谷区)の高級住宅街に鳴り響いた。爆音をたてて走っているのは漆黒のポルシェ911。車両価格2500万円はくだらない、新型GT3である。助手席にはロングヘアの美女の姿が見える。

ポルシェは裏路地に入ると、コインパーキングで停車。同時に助手席のドアが開いた。黒髪をなびかせて出てきたのは元『AKB48』の”ともちん”こと、板野友美(27)であった。

ともちんは胸元や背中が大胆に開いたノースリーブでフェロモンを撒き散らしながら、近くにある個室焼き肉屋へ。

AKBを卒業してはや5年、ギャルっぽかった彼女はすっかり、大人の女性となっていた。そしてそんな彼女の支えとなっているのが、おそらく彼だろう。

かつての江口洋介を思わせるサラサラヘア、市川海老蔵みたいな真っ白いTシャツ&短パン姿が印象的な、件のポルシェのハンドルを握っていたイケメンが、ともちんと肩を並べて焼き肉屋に入って行ったのである。

実は本誌、これまで何度かこの二人のデートを目撃している。

最初はちょうど2年前。麻布十番(港区)の高級割烹でディナーを愉(たの)しんだともちんとイケメンは、時間差で店を出ると、大通りでタクシーを拾って、そこから5分弱の距離にあるイケメンのマンションへ。笑い合い、寄り添いながらエントランスに入ると、二人はそのまま朝まで出てこなかった。

見事、ともちんをお持ち帰りしたイケメンの名は宮﨑泰成――大学在学中に起業し、弱冠29歳にして人気ブランド『GOD SELECTION XXX』を築き上げたヤリ手デザイナーである。

「お父さんは有名レストランの内装などを手掛ける、売れっ子建築デザイナー。いわゆるボンボンですね。六本木ヒルズ育ちで、小中学生時代の通学路だった表参道で、いわゆる”裏原ブーム”に触れてアパレルの世界を志したんだとか。就職活動はせず、親のおカネで会社を興しています。夜の六本木では知られた存在。セレブ仲間と毎晩のようにパーティをしている関係で、芸能人の知り合いも多いですね」(宮﨑氏の知人)

そして、東京の超一等地で彼が築いたパーティ人脈が功を奏す。

『EXILE』のTAKAHIRO(33)ら著名人に『GOD SELECTION XXX』のTシャツ等の商品をプレゼントして、SNSでアップしてもらう戦略が大当たり。『GOD〜』は発売即ソールドアウトの超人気ブランドへと成長したのである。

このエピソードを聞いてピンときた読者諸氏も少なくあるまい。そう、ともちんは元カレのTAKAHIROを通じて、宮﨑氏と知り合っているのだ。

「’14年に板野さんとTAKAHIROが同じマンションに住んでいることをフライデーされてしばらくしてだから……’15年くらいだったかな? TAKAHIROが知人としてナリくん(宮﨑氏)を彼女に紹介したんだそうです。それからほどなくして、板野さんはTAKAHIROと破局しちゃうんですけど、彼女とナリくんの友人関係は続いた。個人的にナリくんや、彼の仲間の六本木パーティピーポーたちと一緒に飲むようになり、今年の春先あたりから付き合い始めたと聞きました」(前出・知人)

「ゲレンデ」でコンビニへ

ともちんと宮﨑氏が付き合い始めるまで時間がかかったのは、宮﨑氏に恋人がいたからだろう。

’16年3月、NHK朝の連続テレビ小説『純と愛』のヒロインを務めた女優の夏菜(29)が、六本木の高級ホテルで行われたパーティで男性とキスしている写真が流出する騒ぎがあった。実はそのキスの相手が宮﨑氏だったのである。

「当時、ヒマさえあれば、夏菜は宮﨑氏のマンションに通っていたそうです。彼が運転する漆黒のベンツ・ゲレンデヴァーゲンの助手席に座ってドライブする姿が何度か目撃されていたんだとか」(スポーツ紙芸能担当記者)

本誌が初めてともちんと宮﨑氏のお泊まりデートを目撃したのはその半年後だ。

ちなみに夏菜が乗っていたベンツ・ゲレンデヴァーゲンは宮﨑氏のセカンドカーなのだが、本誌は昨年11月、ともちんがそのゲレンデヴァーゲンでコンビニに行く姿を目撃している。

買い物を終えると、住宅価格と変わらない2000万円もの特別仕様車はともちんのマンションへ帰って行った。

冒頭のデートシーンに戻ろう。

1時間ほどで焼き肉ディナーは終了。宮﨑氏が先に店から出てきて、一人でポルシェを停めたコインパーキングへ。時間差でともちんが店先に登場した。

てっきり、焼き肉店の前にポルシェを回して彼女をピックアップするのかと思いきや、人目を気にして警戒度を強めたのか、ポルシェは店から約100m離れた路地で待機。元国民的アイドルは文句ひとつ言わず、彼のもとまで歩いて行った。

その後、ポルシェは宮﨑氏の”主戦場”である六本木へ移動。二人は六本木ヒルズで約2時間過ごした後、再びポルシェでともちんのマンションへ向かい、そこで朝まで過ごすのだった。

今年春、ともちんは雑誌のインタビューで理想のタイプを問われ、「人間力のある人」と答えている。

「生きる力……とでもいうんですかね。たとえば、自分が困っているときにすぐに助けてくれたり、意見をちゃんと言ってくれたりとか。自分に足りない部分を補ってくれる人」

今年7月、初代神セブン仲間の前田敦子(27)が俳優・勝地涼(32)と結婚。彼女を祝福しつつ、ともちんは「結婚(の予定)は全然ないですが、恋はしていたい」と語るにとどめていたが――宮﨑氏という「人間力」に溢れたパートナーを得たいま、ともちんが神セブン2番目のゴールを切っても不思議ではない。

起業後、数ヵ月で立ち上げたブランドが成功。宮﨑氏は都内屈指の高級マンションに暮らす富豪となった

’16年9月、麻布十番で夕食をとった後、二人は宮﨑氏のマンションへ向かう

昨年11月、宮﨑氏のゲレンデヴァーゲンでコンビニまでちょっとお買い物

こちらも宮﨑氏所有の愛車・ポルシェ911GT3。最高速度は300kmを超える

ポルシェを預け、ホテル内へ。ともちんはバラエティ番組で「本気で人を好きになったことがない」と嘆いていたが、今度の恋ははたして……

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

撮影:川上孝夫、山田宏次郎(3・4枚目)

Photo Gallary12

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事