長野博の妻・白石美帆が「V6解散」で広告業界から注目されるワケ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
今年11月に解散が決まったV6。長野博は妻である白石美帆を「ママタレ」にすることができるのか…(’19年)

3月12日にアイドルグループ「V6」が、デビュー記念日となる今年11月1日をもって解散することが発表された。なお、メンバーの森田剛は、ジャニーズ事務所からも退所するという。

「‘19年ごろから、メンバーで今後の活動について話し合う機会が多くなってきたとか。その中で、森田さんは役者業を中心とした活動を行っていきたい意向を示し、そのためにもジャニーズ事務所を退所して活動の幅を広げることを決断。全員で議論した末に、1人でも欠けたらV6ではないという思いから、解散という結論になったそうです」(スポーツ紙記者)

V6がアイドルグループとして特異だったのは、その熱愛スキャンダルの多さだろう。ほとんどのメンバーが、浮名を流してきた。それも、アイドルらしからぬ堂々としたデートぶりも話題になっていた。

また、「結婚はグループに1人」というジャニーズ内の“暗黙のルール”を打破したのも、V6だった。

‘07年に井ノ原快彦が、ドラマの共演をきっかけに女優・瀬戸朝香と結婚。このときはジャニーズとしては異例のツーショット会見も行っている。

また、‘16年には長野博がタレントの白石美帆と結婚すると、翌年には岡田准一が、かねてより噂のあった女優・宮﨑あおいとゴールインして続いた。

さらにその翌年には、森田剛が、舞台の共演が縁で交際に発展して宮沢りえと結婚するなど、まさに妻たちだけで1本のドラマが撮影できそうなほど、豪華な顔ぶれだ。

「ファンの間では“V6妻”と言われるほど、彼女たちの存在は注目されてきました。瀬戸さんはジャニーズ事務所との距離が近く、良好な関係を築いてきた。まさに“第二の工藤静香”なんて呼ばれているほどですよ。

宮﨑さんは前夫と離婚成立前に飛び出た不倫騒動→略奪婚というのを気にしてか、結婚後はあまり表立った活動を控えています。また、宮沢さんは森田さんの役者としての能力を高く認めており、今回の独立にも影響を与えたと言われていますね」(女性誌記者)

まさに三者三様の夫婦関係だが、ここにきて大きく注目されそうな“V6妻”がいるという。それが、長野の妻である白石美帆だ。

「彼女は2児の母親として家庭を支えていますが、情報番組『土曜はナニする』(フジテレビ系)に準レギュラーとしてコメンテイターをするなど、セーブしつつも芸能活動を続けています。白石さんの屈託のない笑顔と自然体の話し方は同性の共感も高いのですが、残念なことに“アイドルの妻”ということで、家族の話などはタブーとされていた。ですが、今回の解散でジャニーズ的に“家族話”が解禁となれば、ママタレとしての注目度は一気に上がるでしょうね」(広告代理店関係者)

北川景子や仲里依紗、辻希美など、まさに“ママタレ界”もまさに群雄割拠。そこを後押しするのが、やはり夫の存在だという。

「夫である長野さんは、ファンの間からは“仏の長野”と言われており、スキャンダル要素も皆無。ある意味、“理想の旦那さん”と言ってもいいでしょう。もし、夫婦での共演なども解禁となれば、“ジャニーズタレントの家族話”というレア感もあり、2人をCMに起用したいという企業は数多く出て来るでしょう。そうなれば、白石さんが一気にママタレ界のトップに君臨することは十分に可能でしょう」(同・広告代理店関係者)

かの木村拓哉も、SMAP時代は一切、家族のことを表に出さなかったが、解散後は娘のSNSに絡むなど、“家族感”を出してきている。その結果、解散直後に低迷したイメージも回復し、CM出演数も急上昇している。

V6という“大きな船”を失うメンバーたち。そんな彼らを影で支えている、妻たちの存在は大きいようだ――。

  • PHOTO足立 百合

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事