宮迫博之「吉本会長激怒」も芸人達が次々ユーチューブ共演するワケ | FRIDAYデジタル

宮迫博之「吉本会長激怒」も芸人達が次々ユーチューブ共演するワケ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
最近、吉本との決別を宣言した宮迫博之。だが、YouTubeでの吉本芸人との絡みは今まで以上だ…

「雨上がり決死隊」宮迫博之をめぐる“相関図”が複雑になってきている。‘19年の“闇営業問題”で吉本を追い出された宮迫はユーチューバーに。いまや登録者数約140万人を誇る人気者となった。

「それでも宮迫さんの本心は『テレビの世界に戻りたい』です。きらびやかですからね。ユーチューブ業界は基本カメラに向かって話すスタイルで、大掛かりなセットもいらない。そのコスパが良いところなんですが、宮迫さんのように長年テレビ業界にいた人にしてみれば、物足りなさもあるはずです」(テレビ局関係者)

当初、“吉本に戻りたい人”と揶揄された宮迫だが、このところは「相方(蛍原徹)の隣にいたい人」に変更。復帰したい番組には、コンビでMCを務めていたテレビ朝日系『アメトーーク!』の名を挙げている

「それでも厳しいでしょう。2月に吉本の大崎洋会長がフライデーで宮迫に対し『もう戻らんでええ』『辞めてまで吉本のことネタにすんなよ』と発言したことが効いている。お笑い番組は吉本をなくしては成立しませんからね。あれで宮迫はさらにアンタッチャブルな存在になった」(同・テレビ局関係者)

吉本のトップが「NO」を突き付けたことで、芸人のリアクションも変わってきた。「ナインティナイン」の岡村隆史は3月18日放送のラジオ番組『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)の中で「それなりにユーチューブで頑張ってはるからアレなんでしょうけど…」と前置きした上で、

「会長が『あんまりもう話するな』と言うてはるから、こっちも話しせん方がええと思います」

と言葉を濁した。

一方で、ユーチューブ上では吉本芸人と宮迫の交流はむしろ活発化している。直近でも宮迫と“犬猿の仲”と言われた千原ジュニアが宮迫とコラボ。丁々発止のやりとりが話題となった。

このほか、お笑いコンビ「FUJIWARA」の2人や、「品川庄司」品川佑もユーチューブで宮迫と共演。片方では宮迫NG、片方では宮迫を“積極採用”なのだから「ダブルスタンダード」と言いたくもなるが、ここが“商売人”吉本興業のしたたかさだ。

吉本は昨年4月28日、大手ユーチューバー事務所「UUUM」と資本業務提携。吉本芸人の動画チャンネルをUUUMと共同運営していくことを発表した。ここから吉本芸人の“ユーチューブ侵攻”がスタートし、多くの芸人が人気チャンネルを持つに至った。

「舞台やお笑い番組を重視していた吉本にとっては新しい風。動画を積極配信するようになってから、驚くほど調子がよく、社内の空気も変わった。ユーチューブ業界ではコラボ動画が人気を博しており、双方にメリットがある。

こうなると無視できないのが、一躍人気ユーチューバーとなった宮迫さん。コラボすれば、彼のファンも誘導することができる。吉本がうまく利用している印象を受けますね」(スポーツ紙記者)

事実、前出した千原のチャンネルでは、宮迫とのコラボ動画がケタ違いの再生回数を記録している。吉本関係者は

「見たこともない数字。千原さんもその反響の大きさに目を丸くしていたそうです。周りの芸人からも『宮迫さんと組むとバズる』と話題になっています。ある意味、YouTube芸人にとって宮迫さんは“救世主”ですよ」

と話す。宮迫にとっても人気芸人とのコラボは「ウィン・ウィン」。テレビ復帰はできなくても、旧友たちとの交流は刺激になるはずだ。

しかも運営はUUUMが中心的に行っており、大崎会長らが“介入”してくる心配もない。「それはそれ、これはこれ」理論だ。

この辺りが吉本のソツないところでもあるだが…。宮迫はかすかな期待を胸に、今後も古巣・吉本のオファーに答え続けるのか――。

  • PHOTO坂口 靖子

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事