渡部建が“小手先”のテレビ出演を捨てて狙うべき「本当の復帰策」 | FRIDAYデジタル

渡部建が“小手先”のテレビ出演を捨てて狙うべき「本当の復帰策」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
『行列のできる法律相談所』への出演が報じられた渡部建だが、スポンサーなどの反対から流れてしまった…

またもテレビ復帰が遠のいてしまった…。

不倫問題で芸能活動を自粛している「アンジャッシュ」渡部建さんが日本テレビ系で放送される『行列のできる法律相談所』で復帰すると「週刊現代」が報じたのは、3月中旬のこと。ですが、この報道を受けて22日に行われた日本テレビの定例会見では、

「全く聞いておりませんので、予定していることはないと思います」

と、バッサリ。番組プロデューサーは復帰を後押ししていたのは間違いないようですが、どうも局の上層部やスポンサーサイドからNGが出てしまったようです。

それにしても、渡部さんのテレビ復帰が報じられたのは、これで2度目。1度目は昨年末に放送された同じく日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の特番『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時』でした。

これもマスコミの復帰報道が先行。しかも、すでに収録済みということで、急きょ、謝罪会見を開きました。

「渡部さんは不倫報道後、会見をせずにスクープした週刊文春のインタビューのみ答えた。そして芸能活動を自粛し、表舞台から距離を置いたのです。そんな状況でしたが、年末に“しれっと”テレビ復帰をしようとしたことに、世間の反発を招いてしまった。しかも、会見では“なぜこの時期に会見なのか?”という質問に明確に答えることができず、イメージ回復を図ることはできなかったのです」(ワイドショー関係者)

世間の反発を鎮静化させるどころか、逆効果になってしまった謝罪会見。表舞台に戻ることに失敗した渡部さんでしたが、今年2月に豊洲市場でバイトしていることが報じられました。

当初は芸能界とは違う仕事に精を出す渡部さんに、世間は比較的、好感をもって受け止めました。しかし、実際は3回しか働いていないことや、バイトではなく無給のお手伝いだったことが報じられるとも、プラスに動いたイメージはすぐに逆戻りしてしまいました。

「豊洲市場でのバイトについて、実はスポーツ紙や雑誌など複数の媒体に、ほぼ同時期にタレコミがあった。しかも、3回しか顔を出していないのにこの情報量は、かなり作為的なものを感じるというのが、大方の芸能記者の感想です。バイト報道に続いて出たのが『行列』への復帰報道ですから、芸能マスコミ以上に、世間が引いてしまった格好ですね」(スポーツ紙記者)

あまり大きな声では言えませんが、FRIDAYにも渡部さんに関する“豊洲バイト”の情報は入っていました。もし、本人が意図していないところで周囲が動いていたとしたら、あまりにも“小手先”の復帰策だと思わざるを得ません。

確かに不倫報道により、イメージを落としました。しかし、妻である女優・佐々木希さんとは離婚せずに済みましたし、何より「アンジャッシュ」も解散していません。これは、渡部さんにとって、大きな大きな支えです。

であるならば、様々な策を弄してテレビ復帰を図るよりも、相方である児嶋一哉さんに頭を下げ、もう一度、舞台から再起を目指すことが、もっとも成功率が高く、復帰への道しるべになるのではないでしょうか。お金を払って見る人だけの舞台であれば、バッシングもテレビよりもだいぶ少ないでしょう。

ただ、児嶋さんはピンでバラエティー番組だけではなく、俳優業も充実しています。ですので、時間的な拘束や労力の割には収益にならない舞台を、児島さんがコンビとして一緒に立ってもらうには、かなりのハードルであるのは間違いないでしょう。しかも、渡部さんと一から舞台というのは、今の児島さんにとってリスクはあっても、メリットはほとんど無いように思えます。

ですが、このような渡部さんの状況を見ても、児嶋さんは2月に出演した『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、松本人志さんからコンビ解散について聞かれると、

「解散はしないです。僕から『解散する』と言う気は一切ないです」

と即答しています。彼が渡部さんのことを見捨てることはしないのでしょう。

スキャンダル前の渡部さんと言えば、番組でグルメに関するうんちくや高校野球の知識などを話す姿が印象的でした。しかし、元々は『爆笑オンエアバトル』(NHK)で優勝していますし、コントのうまさは折り紙付きです。

いきなりテレビ復帰を狙うのは、もう厳しい状況です。もう一度、足元を見つめなおし、お笑い芸人としてイチからスタートすることが、復帰への早道だと思います。

劇場を“笑い”でいっぱいにし続ければ、必ずテレビからのオファーも来るでしょう。渡部さんにとって、決して平たんな道のりでは無いかもしれませんが、私は2人の「コンビ愛」に期待したいと思っています。

  • 荒木田 範文(FRIDAYデジタル芸能デスク)

    ‘75年生まれ、埼玉県出身。夕刊紙、女性週刊誌の記者・編集者を経て現職。テレビやラジオにも出演中

  • PHOTO島 颯太

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事