みんな耐えて頑張った! スポーツ真剣勝負の「痛い瞬間」

痛みに耐えて頑張った、アスリートたちの雄姿

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

夏の甲子園、大阪桐蔭と高岡商業の3回戦。一塁走者が二盗した際に、捕手からの送球が大阪桐蔭の遊撃手・根尾昂の左頬にめり込む

試合後に襲ってくる激痛

自打球が顔面にヒットし、蹴り上げた足が相手選手のアゴを直撃――。

スポーツには、見ているだけで思わず「痛ッ!」と叫んでしまう瞬間がある。甲子園を沸かせた大阪桐蔭の”二刀流”根尾昂(あきら)(18)も、今夏アクシデントに見舞われた。高岡商業(富山)との3回戦でのこと。4回表に一塁走者が二盗すると、捕手からの送球がショートを守っていた根尾の顔面を直撃。根尾は痛みに耐えながら、その後も二塁打を放つなどの活躍でグラウンドに立ち続けたのだ。

西武や巨人で捕手を務めた、デーブ大久保氏が話す。

「プレーしている選手たちは、真剣そのものです。ボールや相手の動きを恐れてなどいられません。捕手をしていると、交錯プレーなどいろいろなアクシデントに遭いました。試合中は集中してアドレナリンが出ているので、それほど痛みを感じない。激痛が襲ってくるのは、たいがい試合が終わってからですね」

ラフプレーによるケガもある。今年4月に行われたJリーグ、浦和レッズとジュビロ磐田の試合。ジュビロ・田口泰士(たいし)(27)が密集の中で大きく振り上げた足が、レッズ・武藤雄樹(29)の横顔にヒット(7枚目写真)。幸い大事には至らなかったが、打ちどころが悪ければ大惨事になっていた可能性もある。

スポーツは真剣勝負。アスリートは常に身体をはっているのだ。

野球編

メジャーリーグ、ツインズ対ブルージェイズの一戦。ツインズの強打者モルノーの自打球が顔面を直撃!

中日対DeNAでのアクシデント。中日の7番・亀澤恭平の打球は前に飛ばず自身の鼻にヒット

サッカー編

W杯イングランド対ウルグアイの試合。イングランドのスターリングのヒザが、倒れたウルグアイのぺレイラの右頬を強打する

UEFAチャンピォンズリーグ。テルジエフ(ルドゴレツ・ラズグラド)のヒジがベイル(レアル・マドリード)の顔を直撃

AFCチャンピォンズリーグで。新井章太(フロンターレ)が豊田陽平(蔚山(ウルサン))をヒザ蹴り

Jリーグでのラフプレー。田口泰士(ジュビロ)の右足が武藤雄樹(レッズ)の横顔に当たる

ボクシング編

WBO世界フェザー級タイトルマッチ。米国のガルシアの左フックがプエルトリコのロペスの顔面に決まりKO

WBAスーパーフェザー級タイトルマッチ。パナマのコラレスの強打が内山高志の顔にめり込む

他にも痛いシーンがいっぱい

’14年11月、京都競馬場でのハプニング。フランスのルメール騎手が馬に振り落とされ右脛骨(けいこつ)骨折などの大ケガ

’17年12月に行われたスピードスケート競技会。今野陽太選手がカーブを曲がり切れずフェンスに激突し転倒

今年の大相撲5月場所。東前頭8枚目の嘉風(左)と同7枚目の竜電が土俵下に転落。貴乃花親方に激突

五輪で金銀合わせ7つのメダルを獲得している内村航平も、あん馬でバランスを崩し頭から落下(’16年8月)

今年8月、ペルーで行われた体操の南米大会。新体操選手のアメンドラ(アルゼンチン)はジャンプに失敗し首を負傷

写真:福田直樹/アフロ、日刊スポーツ/アフロ Getty Images

Photo Gallary14

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事