アンジャッシュ・渡部建の芸能界復帰は相方・児島一哉次第 | FRIDAYデジタル

アンジャッシュ・渡部建の芸能界復帰は相方・児島一哉次第

芸能リポーター・石川敏男の芸能界”あの出来事のウラ側は……”

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
いまだ芸能界復帰が出来ていない「アンジャッシュ」渡部建。豊洲市場でのバイト報道もあったが…(‘20年)

《芸能リポーター・石川敏男の芸能界「あの出来事のウラ側は……」》

アンジャッシュの渡部健さんが、女性スキャンダルを起こして、間もなく1年を迎える。「多目的トイレ」で女性に1万円を渡し、“性のはけ口”にしたという出来事に衝撃を受けた人も多かっただろが、不倫も含めてお笑い芸人の女性スキャンダルは、世間の目も甘く復帰は早いものだと思っていた。

しかし、渡部さんの復帰は全く見えてこない。「人徳がない」と言ってしまえばそれまでだが、復帰を邪魔する人がいるのだろう。

昨年末の『ガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない大貧民GOTOラスベガス25時』(日本テレビ系)の収録はすんでいたのにお蔵入り。放送日前までに記者会見をして一連の騒動を謝罪したのだが、約半年遅れだったために、誠意(?)が伝わらなくて、復帰のきっかけにはならなかった。

そして今年初めには、東京の豊洲市場で深夜から寝ずに働いているという「美談」情報も流れた。働いてから、たった1か月での発覚に「やらせ疑惑」もささやかれる始末。

次は彼がレギュラー出演していた『行列の出来る法律相談所』(日本テレビ系)での復帰と言う報道。このニュースには、局の幹部が「聞いてない」と完全否定。放送されなかった『笑ってはいけない…』の「幻の出演台本」とされるものがフライデーに流れるという出来事も、この時期だった。

収録されていた内容はスキャンダルを「肴」にしたもので、渡部さんスキャンダル前にタイムスリップした設定。共演したフットボールアワーの後藤輝基さんに

「アンジャッシュの渡部さんですよね? 毎日テレビで見ています。大ファンです」

と、声を掛けられ。

「いまは、毎日、自宅で自分と向き合い、反省の日々を送っています。本当に申し訳ありませんでした」

と、ここまで“へつらって”の出演だったが、世に出ることはなかった。渡部さんを復帰させようとする力のある番組制作者と、渡部さんにいい感情を持っていないスタッフとの開きなのだろう。

渡部さんの復帰に手を貸しているスタッフはいるのだろうが、反対している現場スタッフもいそうだ。そうじゃなきゃ、ここまで情報は流れてこない。

そして、相方の児島一哉さんとの仲も大きな問題だ。児嶋さんはスキャンダルで番組を降板させられた渡部さんに代わって出演。その中で、児島さんは

「10年前に喧嘩したことで仲良しコンビではなくなっていた」
「渡部さんは傷がつくことを平気で言っていた」
「渡部さんが自分より売れていたことで、叱ることもできなかった」

と、相方の「天狗」になっていく状況を止められなかったことも告白していた。もともと「アンジャッシュ」は、児島さんが高校時代の同級生である渡部さんを誘って生まれたコンビだったのに、相方にここまで言われてしまう「驕り」があったんだろうな。

渡部さんが芸能界に戻るには、児島さんの援護がないと難しいと思う。しかし、渡部さんの自粛後、児島さんから彼に対する「助け舟」の発言がない。

騒動後、2人がきちんと話し合っているとは思えない。児嶋さんが、バラエティ番組で「渡部を助けてあげて」と言うことが、渡部さん復帰の近道だと思うのはオレだけかな。

女優でファッションモデル。「世界で最も美しい顔100人」に選ばれるほどの美貌を持った佐々木希さんを妻に持ち、「グルメ王」とまで言われた渡部さんは、高校野球にまで熱い情熱を傾けていた。そのグルメも高校野球も「後輩に調査をさせていた」なんて話も飛び出しも飛び出し、四面楚歌の状態だ。

このままじゃ、渡部さんのテレビ復帰は、ますます遠のくばかりだ…。

  • 石川敏男(芸能レポーター)

    ‘46年生まれ、東京都出身。松竹宣伝部→女性誌記者→芸能レポーターという異色の経歴の持ち主。『ザ・ワイド』『情報ライブ ミヤネ屋』(ともに日本テレビ系)などで活躍後、現在は『めんたいワイド』(福岡放送)、『す・またん』(読売テレビ)、ラジオは福井放送、ラジオ関西、レインボータウンFMにレギュラー出演中

  • PHOTO島 颯太

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事