ボンクジョビ兄弟が語る「日本に生きる黒人が感じてきたこと」 | FRIDAYデジタル

ボンクジョビ兄弟が語る「日本に生きる黒人が感じてきたこと」

日本最大の黒人コミュニティ『Jaspora』設立者セナ&ペレ 目的はアフリカと日本をつなぐこと、 そして、偏見や差別に関する議論の場の創出

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

 

有名IT企業でマーケットアナリストとして働く弟のペレ・ボンクジョビさん(右)と大学院生の兄・セナさん

「日本で生きていて、アメリカのような露骨な差別を受けることは滅多にありません。ただ、根強いステレオタイプが残っている面もある。たとえば、生まれも育ちも日本なのに、毎回『日本語うまいね』と言われることに辟易(へきえき)している友人がいます。些細(ささい)なことかもしれませんが、この〝意識〟は、在日アフリカンにとっては解消していくべき大きな問題だと思っています」

色彩豊かなソファに座り、セナ・ボンクジョビさん(25)は静かにそう語り始めた。

日本人のなかに根強く残る〝意識〟を変えるため、大学院生のセナさんがIT企業に勤める弟のペレ・ボンクジョビさん(24)と共に’19年8月に設立したのが、国内最大の黒人コミュニティ『Jaspora』だ。ジャパンに、ギリシャ語で「民族離散」を意味するディアスポラを掛け合わせた。

ボンクジョビ兄弟はガーナ人の父と日本人の母のもと群馬県高崎市で生まれた。兄・セナさんが2歳の時に家族でガーナに移住。その後、二人はコスタリカの高校に2年間通った後に、アメリカの大学を卒業。セナさんは’17年に、ペレさんは’19年に日本へと戻った。

「母が日本に戻りたいということで、私も帰国しました。帰国前に『あしなが育英会』でインターンシップをしていて、日本の外務省などが主催するアフリカ系のイベントに多く参加したんですが、その大半が日本目線のイベントでした。

『アフリカは国じゃない』とか『野生ばっかりじゃない』といった説明を日本人向けにするという感じ(笑)。僕らにとっては、より本質的な悩みを共有し、建設的な議論を生むことのほうが大切に感じた。それなら自分たちで作ろう、と」(セナさん)

差別や偏見についての議論の場の創出、というのが『Jaspora』の活動内容だ。イベントは毎月一度。設立当初は20人程度の参加者しかいなかったが、次第に評判を集め、やがて毎回100人以上を超える大盛況となった。

アフリカにルーツを持つ者だけでなく、日本人やアメリカ人など50ヵ国を超える国籍の人々が参加しているという。日本初のアフリカ系学長となった京都精華大学のウスビ・サコさんやジャパンタイムズのコラムニストなど、ディベートの登壇者もバラエティに富んだ豪華な面々だ。

毎回のイベントでは、アフリカにルーツを持つ者ならではのさまざまな悩みが話し合われている。

「日本人がイメージする〝黒人〟に当てはめられることが多いですね。『黒人だから歌が上手いんでしょ』『ダンスできるんでしょ』と言われたり、学校では『足が速そう』という理由でリレーの選手にさせられたり、『勉強はできないよね』という言葉をかけられたりもする。女性の中には、『黒人は激しいセックスをするんだろう』と不愉快なセクハラを受けたことのある人もいます。

日本の皆さんが悪意をもっているわけではなく、黒人を含むマイノリティにどう接していいかわからない、ということが根本的な理由だと感じています。その証拠に、仲良くなれば非常に良い関係が築ける。だけど、その最初に超えるべきハードルが高いのも事実です。東京はだいぶ意識が変わってきたと感じますが、地方ではまだ好奇の目を向けられることも多い」(ペレさん)

法務省が’20年6月に発表した資料によると、日本の在留資格を持つアフリカ地域の出身の外国人は約1万8000人。彼らは偏見にさらされるだけでなく、生活の上でも苦労することが多いという。

「マンションの契約をするとき、『外国人には貸したくない』というオーナーは少なくない。『在留カードを出せ!』と警察に身体検査や尋問を受けたという在日アフリカンもたくさんいます。

私も街を歩いているだけで、荷物のランダムチェックを何度も行われます。警察にとっては、黒人=六本木の不良外国人やドラッグディーラーというイメージでもあるんですかね。本人に差別意識がなくても、受け手は別です」(ペレさん)

偏見や差別をなくすため――。兄弟の活動は続いていく。

 

『Jaspora』のイベントの様子。人材発掘・登用の場として、日本企業からも大きな注目を集めているという
本誌未掲載カット ボンクジョビ兄弟が語る「日本に生きる黒人が感じてきたこと」
本誌未掲載カット ボンクジョビ兄弟が語る「日本に生きる黒人が感じてきたこと」

『FRIDAY』2021年4月23日号より

  • PHOTO小川内孝行 中山寛治(2枚目)

Photo Gallery4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事