小室圭さん母の「遺族年金搾取疑惑」報道で婚約破棄の現実味 | FRIDAYデジタル

小室圭さん母の「遺族年金搾取疑惑」報道で婚約破棄の現実味

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
母子家庭として小室圭さんを女手一つで育て上げた佳代さん。そんな母の金銭トラブルが眞子さまとの結婚に影を落とすとは…(‘18年)

“たった”28ページの文書だけでは説明が足りない事態になったかもしれない――。

秋篠宮家の長女・眞子さまとの結婚が、金銭トラブルなどで延期になっている小室圭さん。その母親である小室佳代さんが、元婚約者に送ったメールの内容を4月22日発売の週刊文春が報じたhttps://bunshun.jp/articles/-/44931)。

その内容はまるでどこかの“事件”を扱ったドラマや小説などと見紛うほどのものだった。

佳代さんは‘02年に夫を亡くし、その後は遺族年金を受給。しかし元婚約者であるAさんと婚約、もしくは内縁関係者として生活費をもらったりしてしまうと、法律上その遺族年金の受給が停止してしまうという。

そのため、佳代さんはそれを恐れてAさんに対し、婚約したこと自体を会社やAさんの娘にすら秘密にすることを求めるメールを婚約直前の‘10年に送っていたのだ。

さらにAさん自身の年金を受給できるようになる4年後まで結婚はせずに、あくまで事実婚として生活費を援助してもらい、それを世間に隠した上で元夫の遺族年金まで不正に受給する「計画」を企てていた。

中でも驚いたのが、佳代さんは結婚もしていない段階でAさんの生命保険の受取人を急いで自分に変更させ、後に受け取り額が500万円だと知ると“少ない!”と激怒したというのだ。“28ページ文書”の中で小室さんは、

《Aさんが自ら“自分に何かあっても路頭に迷うことがないように保険に入っているので安心してください”と言われた》

と書いてあるが、この佳代さんの“画策メール”によって“仕掛け人”が異なる可能性が出てきた。Aさんは昨年、週刊現代の取材に対し

《婚約したといっても、同居もせず、マンションのお互いの部屋を行き来するのも数えるほど。佳代さんとの間に肉体関係もありませんでした》

と明かしている。

「プラトニックな関係を貫いた佳代さんは、それでもAさんのことを“パピー”と呼んで親近感を持たせ約400万円のお金を援助させた。さらに生命保険の受取人名義まで自分に変更させた。

しかも違法性を認識していたため、口止めしていた可能性があるのです。Aさんがついに嫌気をさして婚約解消を求めると、縁が切れることを恐れたのか、佳代さんは“圭をパピーの養子にしてくれませんか”とお願いしたといいます。なんと“強かな母”なんでしょう」(女性紙記者)

さらに、文書では佳代さんがAさんからもらった約400万円に対し、贈与税を納付したことが明かされたが、これは「不正受給が表ざたにならないようにするための隠れ蓑」だったのではないか…という見方もある。というのも内縁者からの生活費や教育に関する支援には贈与税はかからないのだが、その一方で内縁者がいたとすれば、遺族年金を受給していたことが“不正”となるからだ。

「贈与税の無申告」か「年金の不正受給」か、どちらが佳代さんにとってピンチになるか。すなわち佳代さんはそれを天秤にかけ不正受給の告発を恐れて“Aさんが内縁者ではなかった”ことにする方を選択し、報道があった後に贈与税を慌てて支払った可能性が出てきたのだ。

万が一それらを小室さんがすべて把握していたとすれば、さすがに国民からの疑問が抑えられなくなり、それにうまく答えられなければ、眞子さまと“婚約破棄”ということも現実味を帯びてくるかもしれない。

ここまで疑惑が露呈してくると、国民からも小室さん親子には聞きたいことは山ほど出てくるだろう。なにかしら新たな説明の機会が必要になるはずだ。文書でもよいのだが、この際、潔白を証明するためにも、記者の質問がなくなるまでの「エンドレス会見」をしてはいかがだろうか…。

  • PHOTO船元 康子

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事