吉川愛「大きいリュック」を背負ってカフェで放つ存在感 | FRIDAYデジタル

吉川愛「大きいリュック」を背負ってカフェで放つ存在感

目撃!ハリコミ24 <浅草橋 11時20分>

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
吉川は子役時代、ドラマ『ホタルノヒカリ』に出演し、綾瀬はるかの幼少期役を演じたこともある

下町情緒が漂う浅草橋(台東区)。3月のある日、駅近くのカフェでは、放送中のドラマ『カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜』(日本テレビ系)の撮影が行われていた。そこに現れたのは、やけに大きなリュックを背負った、ちょっと野暮(やぼ)ったい雰囲気の女性。若手女優の吉川愛(21)だ。

「吉川はNHK朝ドラ『おちょやん』に出演し、公開中のディズニー映画『ラーヤと龍の王国』で主人公の日本語声優に抜擢された注目の存在。子役として3歳の頃から芸能界に関わり、安定した演技力を持っています」(芸能プロ関係者)

本作で吉川が演じるのは、メイクもファッションも完璧な「ジェンダーレス男子」と恋に落ちる漫画編集者。文字通りカラフルな表情を見せてくれそうだ。

本誌未掲載カット 吉川愛 ドラマ『カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜』ロケ中の吉川を発見

『FRIDAY』2021年5月7・14日号より

  • 撮影近藤裕介

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事