小室圭さん 母の元婚約者の「優しさ」をフイにしてしまう可能性

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
金銭トラブルは母である佳代さんの問題だったが、28枚の”釈明文”が小室圭さんの問題にしてしまったようで…(‘18年)

《私と佳代さんの金銭問題と圭さんの結婚は別問題だと今も考えています》

4月27日、小室圭さんの母・佳代さんの元婚約者Aさんが公にコメントを発表した。秋篠宮家の長女、眞子さまと小室さんの結婚を前に加熱する「報道合戦」に一石を投じた形だ。そのコメントの中には、

《私と小室佳代さんとの間の金銭問題が、いまだに世間を騒がせていることに関して、誠に申し訳なく感じております》

《すでにお金を請求しないと伝えていましたし、金銭問題は終わったことだと考えておりましたので一連の出来事に関しては大変困惑いたしました》

と気持ちを明かした。そして、小室さんが一転して支払う用意があるとした解決金については、

《今後、代理人を通じて解決金についての交渉ができればと考えていますが、私はあくまで交渉の相手は小室圭さんではなく小室佳代さんだと思っております。以前もコメント致しましたが、私と佳代さんの金銭問題と圭さんの結婚は別問題だと今も考えています》

と胸中をつづった。

「これまで週刊誌の取材に対し、“解決金を受け取る気はない”と明言されていたAさんですが、今回の文書では“代理人を通じて解決金の交渉”という言い回しに変わりました。あまりにも騒動が収まらないので、もしかすると受け取って終わらせることも視野に入れているのかもしれません。今後この交渉に注目が集まりますね」(全国紙記者)

さらにAさんはマスコミに漏れていない話として、

《現在、佳代さんは体調が悪く、長期間の入院中と伺っております。ご体調については私も心配しておりますが、可能な限り早く佳代さんにお話を伺い、最終的な判断をしようと考えております》

と佳代さんの現状を明かしている。病名は不明だが、このコロナ禍で病床がひっ迫している中、長期間の入院を余儀なくされているのであれば、余程どこか体が悪いのかもしれない。行為の是非とは別に、そのことは心配である。

Aさんは当初から“金銭問題と圭さんの結婚は別問題”と発言しており、今回も同様のコメントを発表している。だが、小室さんは“借金か贈与か”という両者の言い分が真っ向から食い違った中、Aさんとの話し合いの場でこっそり録音までしていた。

「確かに、事の発端は母親の金銭トラブルでした。しかし、Aさんの言質を取り、それを武器に相手を不利に追い込むような28ページにも及ぶ文章を発表したのは、他ならぬ小室さんご本人です。

あの“小室文書”を発表したことで、“母の問題です”とは言い逃れできなくなってしまった。しかも、“返す必要はない”と対応を指示していたのは眞子さまだったという報道も出て来てしまった。Aさんは小室さんのことを思って優しさで『金銭問題とお二人の結婚の話は別』と言っているのかもしれませんが、すでに国民としては“別問題”と見ることはできないでしょうね」(女性誌記者)

佳代さんサイドはAさんと話し合いもせず、贈与税を支払い“あたかも借金ではなく贈与だった”ことをアピールした。その裏には遺族年金の不正受給疑惑もあるのではないか…と報じられた。

Aさんと小室家が金銭問題を表向きに解決できたとしたら、国民は眞子さまと小室さんの結婚を心から祝福できるのだろうか…。

  • PHOTO船元 康子

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事