半年で2度の事故でも…角界一「ついてない力士」が愛されるワケ | FRIDAYデジタル

半年で2度の事故でも…角界一「ついてない力士」が愛されるワケ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
相次ぐアクシデントも持ち前の明るい性格でプラスにとらえる天空海。17年11月に十両へ昇進し四股名の書かれた札を持ち笑顔(画像:共同通信社)

残念な報告だった。2場所ぶりに幕内復帰する天空海(あくあ、30。東前頭17枚目)が、3月場所中に「踏んだり蹴ったり」の事故にあったことを、5月5日の電話取材で報道陣へ明かしたのだ。

天空海の回想によると――。

3月場所3日目。天空海は、父親の運転する車で両国国技館(東京都墨田区)へ向かっていた。首都高速をおり、料金所から出ようとすると……ドスン! 左後ろから別の車に突っ込まれたのだ。以下は、天空海のコメント。

〈本線に入り、あっちは一番左の料金所から出てきて、急いでいたんじゃないですかね〉

天空海の不運は、事故にあっただけではない。

〈むこうは無保険、無車検だったんです。イヤになっちゃいますよ。踏んだり蹴ったり。買い換えたばっかりなのに、事故車になっちゃいました。スグに……。(修理費については自腹で)60万円くらいかかった。自分の保険を減らすしかありません〉

さらに後部座席に座っていたため衝撃が強く、頚椎をねん挫。同場所3日目と4日目は、連敗となった。

整備士の夢を諦めた意外な理由

「天空海が交通事故にあうのは、今回が初めてではありません。昨年11月場所中にも、移動中にダンプカーに追突されています。天空海は、もともと大の車好きです。自動車販売店で働く父親の影響で、自動車整備士になるために専門学校に入学。しかし当時から体重が120kgあったため巨体が車内に入らず、細かい作業ができません。泣く泣く整備士になる夢を諦めたという過去があるんです」(スポーツ紙担当記者)

自動車に「裏切られ」続けてきた天空海。半年間に2度も事故にあい、さぞショゲているかと思いきや……本人は上機嫌だという。

「事故にあった2場所とも好成績を残し、番付を上げているんです。天空海は、こう言って笑っています。『当てられた場所は勝ち越しているんですよね。〝あたり〟がいいのかもしれないです、もしかしたら』と。3月場所も事故にあったおかげで、かえって身体が軽くなったそうです。8勝7敗の成績で、5月場所での幕内復帰を決めました。

もともと天空海は、明るく前向きな性格。自身のツイッター(現・幕下の阿炎が不適切投稿を行ったため、力士がSNSを活用することは現在禁止)には、大ヒット映画『君の名は。』で主人公が神社の階段ですれ違うシーンを再現し、話題になりました。同じ立浪部屋に所属する越乃花と階段でポーズ。タイトルは『君の四股名は。』です。自身の四股名『天空海』は、出身地の『アクアワールド茨城県大洗水族館』にちなんだもの。本人は『スマホで自分の四股名が一発で変換されるようになりたい』と、抱負を語っています」(同前)

5月場所後に、所属する立浪部屋は茨城県つくばみらい市から東京都台東区へ移転する。1時間以上かかっていた国技館への移動時間は、4分の1に短縮。新型コロナウイルスの影響で、原則タクシー移動が求められるが、事故にあう確率はかなり低くなるだろう。

  • 写真共同通信社

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事