茨城一家殺傷事件 逮捕された26歳男の「ヤバすぎる過去」 | FRIDAYデジタル

茨城一家殺傷事件 逮捕された26歳男の「ヤバすぎる過去」

岡庭由征容疑者は高校時代、猫の生首を教室に持ってきた

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
20年11月、大量の硫黄を違法に貯蔵したとして埼玉県警に条例違反で逮捕された際、岡庭容疑者は不敵な笑みを浮かべていた

2019年9月、茨城県境町で小林光則さん(当時48)と妻の美和さん(同50)が刃物で殺害され、長男(同13)と次女(同11)が重傷を負った。雑木林に囲まれた「ポツンと一軒家」で起きた、この凶悪事件は、まるで「世田谷一家殺人事件」を連想させ、一時は迷宮入りも危ぶまれたが、5月7日に急展開する。

茨城県境町一家死傷事件の現場。田畑と雑木林に囲まれ、隣家とは300m以上離れている

茨城県警が、事件現場から約30km離れた埼玉県三郷市に住む岡庭由征容疑者(26)を殺人容疑で逮捕したのだ。

「岡庭容疑者は昨年11月、硫黄45キログラムを所持していたことで、三郷市火災予防条例違反でも逮捕されていました。このときすでに境町一家殺傷事件への関与が噂されており、事件担当記者はXデーをずっと待っていた状態です」(全国紙社会部記者)

岡庭容疑者に警察当局やマスコミが注目していたのには、理由がある。警察関係者が言う。

「’11年12月5日、当時16歳だった岡庭容疑者は連続少女刺傷事件の容疑者として逮捕されています。第一の事件は同年11月18日、埼玉県三郷市内の路上で、中学校3年生の女子生徒の右顎を切りつけ、全治2週間の重傷を負わせた。第二の事件はそれから2週間後。千葉県松戸市の路上で、小学校2年生の女児の背中や脇腹など4ヵ所を刺したのです。

松戸の事件では、岡庭容疑者は逃げた女児が転んだところに包丁を振り下ろしています。厚手のジャンパーを貫通し、傷の一部は肺に達するほど深いものでした」

その後の捜査で、岡庭容疑者の自宅からは20本以上の刃物が見つかっている。

岡庭容疑者は中学校の卒業アルバムの自己紹介ページにこう書いていた。

「将来の夢=大学進学 好きな言葉=ないです 尊敬する人=ないです クラスへの一言=よろしくお願いいたします」

中学の卒業文集の自己紹介ページ

屈託のない他の生徒の書き込みと比べると、あまりにも異質だった。

中学時代の同級生は岡庭容疑者について本誌記者にこう明かす。

「成績も悪いわけではなく、運動もソコソコ。いじめられているわけではなく、空気のように目立たないヤツで、あんまり覚えていない」

中学時代の卒業アルバムより

岡庭容疑者は’11年11月、少女殺傷事件を起こす直前に通っていた千葉県内の私立高校を「自主退学」している。

それは”猫の生首事件”が原因だった。高校の同級生が言う。

「アイツが学校の教室に猫の生首を持ってきたんですよ。教室に人だかりができて、学校中で話題になりましたね。腐ったような変な匂いが充満していたことを覚えています。そんな中で、アイツは何事もなかったように机で寝ていた。生首を持ってきた理由は、友だちに猫の生首の写真を見せたら、『持ってきて』と言われたからだと聞きました。ナイフを持ってきたこともあったらしいです」

後日、教師が猫の生首を持ってきたことを岡庭容疑者に質した。すると岡庭容疑者は事実を否定する一方で、退学を申し出たのだという。

連続少女刺傷事件で逮捕された岡庭容疑者に対して、’13年3月、さいたま家裁は、精神鑑定の結果を踏まえて、医療少年院への送致を決定した。

だが、それから6年半後、再び惨劇が起きてしまった。

岡庭容疑者の自宅は三郷市内の駅からバスで10分ほどの閑静な住宅街にある。

岡庭容疑者の実家は、祖父宅の庭に建てられたものです。両親、弟と4人暮らし。祖父は近所でも有名な地主です。ですが、’11年の事件の後、被害者への補償のためだと思いますが、自宅に隣接していた所有する土地を売っています」(全国紙地元記者)

近所の住人は、「ここ数年は(岡庭容疑者の)両親の姿をまったく見ていない」と話す。

三郷市火災予防条例違反で岡庭容疑者が逮捕された後、本誌記者が祖父母が住む家屋のインターホンを押すと、祖父らしき男性が出てきた。記者が声をかけると、男性は手を振り回しながら、「いらん、いらん」と叫ぶと家の中へと戻っていった。

警察関係者によれば、岡庭容疑者と境町の小林光則さん一家に事件以前の接点は確認できていないという。

昨年11月に条例違反で逮捕されていた岡庭容疑者

岡庭容疑者は取り調べで一体何を語るのだろうかーー。

亡くなった小林美和さん
事件現場には今も黄色いテープが張られており、雑木林の隙間からわずかに家屋が見える
小林さん宅は田畑の真ん中にあるうえ、雑木林に周囲を完全に囲まれている
  • 撮影蓮尾真司 桐島瞬

Photo Gallary9

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事