福原愛 離婚裁判での親権争いが「今後の仕事」に及ぼす厳しい影響 | FRIDAYデジタル

福原愛 離婚裁判での親権争いが「今後の仕事」に及ぼす厳しい影響

芸能リポーター・石川敏男の芸能界”あの出来事のウラ側は……”

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
これから親権などを巡りドロ沼の離婚裁判が始まる福原愛と江宏傑

《芸能リポーター・石川敏男の芸能界『あの出来事のウラ側は……』》

国民的アイドルだった“卓球”の福原愛さんと台湾のイケメン卓球選手・江宏傑さんの離婚問題は、江さんが台湾・高雄地方法院に「離婚請求」したことで、本格的に動き出した。

初めてメディアで離婚が報じられたのは、今年の3月初旬。「江さんのモラハラ」と報じた週刊文春と「愛さんお泊り2連泊」と書いた女性セブンが、同時期に発売されて表面化した。

愛さんは、江さんの裁判所への行動に事務所を通して

「江氏が協議の場についてくれたことを感謝します」

とコメント。しかし、これでスッキリと彼女が考えているような離婚に進むとは思えない。

愛さんが二人の子供を台湾に残し、日本での活動の場を作ろうと考えて帰国。

「子供を日本の幼稚園に通わせたい」

などという発言もあって、夫婦仲が上手くいってないという噂は流れたが、当時は離婚を考えての行動だったと思ったファンは少なかった。しかし、二人の仲は深刻な状況になっていたのだ。

そして、ここから愛さんの“地獄”が始まる。彼女は

「ホテルでは一緒の部屋ではない。自宅も部屋数はあるから、同じ部屋ではない」

と否定したが、彼女に持ち上がった不倫疑惑に対する説得力に欠ける。台湾メディアの報じ方も、最初は愛さんに味方していたように感じたが、今では全く逆。江さんの「優しさ」を前面に出しての報道に変わった。

体調を壊し、日本に帰国する“愛さんの母”を空港に見送りに来た江さん。子供を抱えた彼の様子は日本でも伝えられたが、愛さんはどんな気持ちで実母の帰国を見ていたのだろうか。

裁判は、愛さんにとって必ずしも思っているような進行にはならないだろう。慰謝料、二人の子供の親権、財産分与などなど…。

3月に出演した『徹子の部屋』で「子供は、日本の幼稚園に入れたい」と発言していた愛さんは、離婚して二人の子供と日本で生活したいと考えていたのだろうが、甘かったね。彼女の思い通りにはいかない可能性が高い。

親権を取るのはかなり難しいと思う。まして、舞台は日本の裁判所じゃない。

日本で活動しようと思っている彼女は、簡単にすべてを投げ出して離婚したら、日本での仕事は進まない。“子供の親権を手放して”離婚したように見えてしまったら、彼女に与える影響は計り知れないだろう。

たとえ「江さんからのモラハラ」があったとしても、子供を手放すことになったら、日本での仕事には大きな影響が出るはず。2年かけても3年かけても、彼女は「親権」を求めて戦わなければならない。

彼女の男性問題をスクープした「女性セブン」で最初のインタビューに応じたのは、最初に週刊文春の取材に応じたあのアンジャッシュ・渡部健さんに似ている。「スクープした相手」が、どこまで取材をしてどこまで知っているのかを確認したいために、書かれた雑誌のインタビューを受ける…ということはしばしばある。

愛さんの場合、「ホテルで泊った部屋が一部屋だった二部屋だったか」を編集部側がどこまで認識しているかを確認したかった…ということもあるのかもしれないね。それは裁判になった時に大きな焦点になるからね。

不倫を否定するなら、この確認と証明は絶対に必要だ。横浜の中華街の食べ歩きデートだけなら、不倫とは言わない。

夫も子供もいる妻の行動としてあまり正しいとは思えないが、相談していただけなら、そういうことも考えられなくはない。どっちにしても、この離婚裁判が愛さんの今後を大きく占ことになる。

結婚して5年。東京に作った個人事務所も、たった2か月で自宅に変更。その自宅も引っ越し準備に入っているという話も報じられた。愛さんを取り巻く環境は今、大きく変わろうとしている…。

  • 石川敏男(芸能レポーター)

    ‘46年生まれ、東京都出身。松竹宣伝部→女性誌記者→芸能レポーターという異色の経歴の持ち主。『ザ・ワイド』『情報ライブ ミヤネ屋』(ともに日本テレビ系)などで活躍後、現在は『めんたいワイド』(福岡放送)、『す・またん』(読売テレビ)、ラジオは福井放送、ラジオ関西、レインボータウンFMにレギュラー出演中

  • 写真アフロスポーツ

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事