コロナ禍で際立つ海外セレブの「ワークアウト着」のスゴい魅力 | FRIDAYデジタル

コロナ禍で際立つ海外セレブの「ワークアウト着」のスゴい魅力

着るだけでスタイルアップ!? ジム通いに熱心な欧米セレブたちのトレンドを写真でチェック

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
肌の露出面積は少ないけれど、ボディラインをばっちり出したのがモデルのジャスミン・トゥークス。カッティングのユニークなトップスで、脇腹をチラ見せしているのにも注目 写真:Backgrid/アフロ

海外セレブのストレス解消法といえば、ナイトクラブやパーティーなどのナイトアウト(夜遊び)が定番だったが、コロナ禍により事情が変化。今では、ジム通いが最大の気張らしとなっているようだ。

そこで注目したいのが、彼女たちのワークアウトルックだ。ここ数年、スポーツテイストのトレンドが流行した影響で、味気なかったジム着もファッション性が高まり、私服と兼用するセレブも少なくない。

主流なのはフィット感のあるボトムスだ。ボディラインがくっきり出るレギンスは、腰まわりを隠さずに穿くのが鉄則。

日本では長めのトップスやショートパンツを重ねてしまいがちだが、欧米ではヒップラインを完全に見せる着こなしが長年親しまれている。加えて、近年はサポート力の強い素材が用いられ、しばしばゴシップ記事でネタ扱いされていた“キャメルトゥ(=股の割れ目を示す隠語で、ラクダのツメの意)”も目立たなくなった。セレブに限らず、一般にもすっかり浸透しているのだ。

そもそも、かつてはXLサイズ以上の展開がなかったが、近年のボディポジティブ志向が功を奏し、アシュリー・グラハムのようなプラスサイズ体型にも適したサイズも続々登場している。

2020年1月に第一子を出産したプラスサイズモデルのアシュリー・グラハムは、バイクショーツをチョイス 写真:Splash/アフロ

また、ピタピタのワークアウトルックはスタイルに自信がなければ着られないと思われがちだが、実は身体のラインを隠すようなゆるっとしたトラックスーツよりもすっきりキレイに見える。

身に着けるだけで緊張感を得られるうえ、ボディラインのチェックもしやすい。理想の体型を目指すにあたり、自信がない人ほどチャレンジする価値があるといえそうだ。

スウェット素材のトラックスーツを着用したヴァネッサ・ハジェンズ。小柄で筋肉質な体型の持ち主だ。写真:Backgrid/アフロ
フィット感のあるワークアウトスタイルのヴァネッサ・ハジェンズ。膨張色のライトブルーながら、ボディラインを見せたことですっきりした印象に。写真:Backgrid/アフロ

前置きが長くなってしまったが、ここからは真似するべきセレブのスナップをご紹介しよう。まずはボディラインを強調した着こなしからスタートし、気になるパーツをカモフラージュする着こなしへと順に並べたので、ぜひ参考にしてほしい。

★ボディラインを見せてスッキリと

ランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット(以下、VS)」の看板モデルを長年務めたアレッサンドラ・アンブロジオは、エメラルドカラーのセットアップでジムへ。斜めにしばった長袖のTシャツは、ジムに到着するときに着用していたもの。

プライベートのジムレッスンを終えたアレッサンドラ・アンブロジオ。写真:Backgrid/アフロ

こちらは「VS」の現役エンジェル(=選抜看板モデルのこと)で、ポスト・ミランダ・カーと呼ばれたテイラー・ヒル。淡いグレーで統一しつつ、「BOYY(ボーイ)」のレザーバッグで締めた。

食べるのが大好きというテイラー・ヒル。体型維持と健康のために運動を欠かさない。写真:Backgrid/アフロ

朝のピラティスを終えたばかりのケンダル・ジェンナーは、ミントカラーに白を効かせたコーディネイトを披露。レギンスにかぶせた白のソックスやスライダーにトレンド感が漂う。

カーダシアン&ジェンナー一家の一員として、常に注目を浴びるモデルのケンダル・ジェンナー。写真:Backgrid/アフロ

★トップスとボトムスの組み合わせで一味ちがうコーデに

ゆるめのトップスにフィットボトムという組み合わせがお好みのカイア・ガーバー。すそに絞りの入ったクロップ丈のプルオーバースウェットを合わせたことで、もともと長い脚がさらに長く見える。

スーパーモデルのシンディ・クロフォードを母に持つ、売れっ子モデルのカイア・ガーバー。写真:Backgrid/アフロ

40歳の俳優クリステン・ベルのワークアウト帰りをパパラッチ! ショート丈のキャミソールとレギンスを青みの強い白でそろえつつ、腰まわりにスウェットを巻いてパステルグリーンを挿し色に。

『アナと雪の女王』のアナ、『ゴシップガール』のナレーションなど、声の演技にも定評のある俳優のクリステン・ベル。写真:Backgrid/アフロ

上半身の露出度を調整するため、ビッグサイズのカーディガンをラフに羽織った、モデルのヘイリー・ビーバー。鮮やかなピンクのスライダーをアクセントにしたクールな着こなし。

ジャスティン・ビーバーの妻でモデルのヘイリー・ビーバー。写真:Backgrid/アフロ

★ルーズ&フィットで気になる部分をカバー

オレンジをキーカラーにした現役VSエンジェルのサラ・サンパイオ。レギンスの丈感、トップスのサイズ選び、ひとつにまとめたアップヘアなど、真似しやすいポイントがいっぱい!

VSのエンジェルとして人気を集めるモデル、サラ・サンパイオ。写真:Backgrid/アフロ

長年、ランニングを日課にしている俳優のリース・ウィザースプーン。かつてはショートパンツやフレアシルエットのジャージパンツが定番だったが、最近はトレンドを取り入れてレギンスを愛用中。

ロマコメの女王、リース・ウィザースプーン。写真:Backgrid/アフロ

ピラティスに激ハマり中の娘ルーマー・ウィリスに付き合い、ワークアウトセッションに参加した母のデミ・ムーア。いずれも、やや光沢のあるレギンスにお尻が隠れない程度のトップスを合わせ、ルーズ×フィットのバランスを調整。

デミ・ムーア(左)と、デミとブルース・ウィリスの長女、ルーマー・ウィリス。写真:Backgrid/アフロ

以上のセレブたちの着こなしから、今時のワークアウトルックを取り入れるコツをまとめてみた。

1.キャメルトゥ対策がしっかりしたレギンスを選ぶ
2.ラインが響きにくいインナーを穿く
3.おへそまで隠れるハイウエストが便利
4.サポート力の強い素材は絶対
5.鮮やかな色を取り入れる
6.スポーツバッグではなく、レザーなどかっちりしたバッグを持つ

「ピタピタは気恥ずかしい」という人も、自宅でのワークアウトでトライするといい。まだまだ続きそうな自粛生活。運動不足を解消するきっかけとして、まずはカタチから入ってみるのも一案である。

  • 原西香(はら あきか)

    海外セレブ情報誌を10年ほど編集・執筆。休刊後、フリーランスライターとして、セレブまわりなどを執筆中

Photo Gallary13

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事