日本医師会会長も出席「政治資金パーティー」はコロナ禍でボロ儲け | FRIDAYデジタル

日本医師会会長も出席「政治資金パーティー」はコロナ禍でボロ儲け

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
自身の出演しているニュース番組で医師会会長を厳しく批判した”カトパン”こと加藤綾子キャスター

「日本医師会という組織がこのコロナ禍で何をしているのか」

語気を強めてそう語ったのは“カトパン”こと加藤綾子アナウンサーだ。5月12日放送の『イット』(フジテレビ系)での発言だが、客観的な進行が求められる番組MCがここまで苦言を呈するのは異例なことだ。

カトパンが怒るのも無理はない。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、国民に自粛のお願いをする立場の日本医師会・中川俊男会長が4月20日に都内で開かれた自民党・自見英子参院議員の政治資金パーティーに参加していたことが判明したからだ。

「週刊文春」が報じたもので、パーティーには日本医師会の幹部ら約100人が出席。中川氏はよりによって会の発起人だった。

批判を受け中川氏は、感染対策ガイドラインに基づいて検温やマスクの着用、手指消毒などを徹底したうえで食事は提供せず、「感染対策は十分だった」と弁解したが、納得できるものではない。医療関係者が吐き捨てる。

「何をやっているんだ、と。コロナの最前線では次から次へと重症患者が運ばれてきて、いつ医療崩壊を起こしてもおかしくない。感染を防ぐには、国民に不要不急な外出を控えてもらうしかない。それを訴えてきた人間がよりによって、パーティーに参加しているのだから開いた口が塞がらない」

歌手の小柳ルミ子も自身のブログで、

《今後 何を仰られても説得力はなく国民は信じないと思いますよ 少なくとも私は もう 信用しない》

と言い切った。そもそもなぜこのタイミングで政治資金パーティーを開いたのか。日を追ってみるとよくわかる。中川氏はパーティーに出席した翌4月21日、何食わぬ顔で政府に「3度目の緊急事態宣言は不可避の状況」との見解を示し、実際に同23日に延長された。

それ以前は宣言下ではなく、「まん延防止等重点措置」だった。自民党ではまん防期間中の政治資金パーティーは黙認されてきたフシがあり、重鎮・麻生太郎財務相は先陣を切って先月13日に大規模な政治資金パーティーを開催している。

「今年は選挙もある。自見氏は参院議員だが、来年改選を迎える。党内では『今回の緊急事態宣言は長くなる。いつ解除されるかわからない』といった声があり、“まん防”期間中のうちに『資金集め』をやっていた。

自見議員は医師一家で育ち、まさに日本医師会の“お抱え議員”。緊急事態宣言がいつ延長されるか、リアルタイムでわかる立場にあった」(全国紙記者)

しかも、コロナ禍の政治資金パーティーは平常時よりも格段に“実入り”がいいようだ。女性蔑視問題でやらかしたキングメーカー・森喜朗氏は昨年12月、元閣僚の政治資金パーティーでこんな発言をしている。

「コロナっていいですね。飲食物を出さなくていいですから」

政治資金パーティーのパー券の相場は2万円ほどで、主催者はパー券収入のうち、一部を飲食費や会場となるホテルの使用料などにあて、残りがフトコロに入る。コロナ禍では感染拡大を防ぐため、食事は出さず、原則飲み物だけ。アルコールの提供も控えている。

「こう言ってはなんだが、まさに“ボロ儲け”。麻生さんのパーティーなんか1千万円単位で利益が出た可能性だってある

選挙にはとにかく金がかかる。コロナ禍のパーティーはコスパが非常にいいから、議員は与野党問わず、やりたい人がごまんといるんです」(与党関係者)

中川氏は一連の騒動を受け、日本医師会会長の辞任について問われたが「そういうつもりはまったくございません」と断言している。

政治家たちは国民がコロナ禍で生活に支障が出ている中、「金集めパーティー」でボロ儲け。彼らは本当に庶民の“痛み”を理解しているのだろうか…。

  • 写真原一平

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事