新垣結衣と星野源が“逃げ恥婚”で「得たモノ」「失ったモノ」 | FRIDAYデジタル

新垣結衣と星野源が“逃げ恥婚”で「得たモノ」「失ったモノ」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ドラマの共演をきっかけにゴールインした新垣結衣と星野源

ビッグカップルの誕生に日本中が沸いた。

人気女優の新垣結衣と歌手の星野源が5月19日、結婚することを発表した。ともにコメントを発表し

《これからも互いに支え合い豊かな時間を積み重ねていけたらと思っております。未熟な二人ではございますが、温かく見守っていただけますと幸いです》

などと報告。2人と言えば、‘16年放送のドラマ『逃げるが勝ちだが役に立つ』(TBS系)で夫婦役を演じた間柄。まさか現実世界でも夫婦になるのだからドラマティックだ。

気になるなれそめについては、今年1月に放送された『逃げ恥SP』で久しぶりに再会し、互いにフリーだったことから、逃げ恥絡みのすべての仕事を終えた後に正式に結婚前提の交際をスタートさせたという。裏を返せば、交際半年未満の“超スピード婚”だったということになるが…。

「ちょっとデキすぎな気もしますよね(笑)。双方の事務所が“逃げ恥”の世界観を壊さないよう、ドラマ期間中ではないと強調していたことも引っかかります。もともと2人は同じマンションの別部屋に住んでいたこともあり『実は交際は“年単位”ではないか?』という声もあります。とはいえ、それがファンタジーだとしても、それをファンに許容させる二人のキャラクターがすごいんですが」(ワイドショー関係者)

新垣は結婚を機に、それまで所属していたレプロエンタテインメントとの専属契約を終了。今後は同社のサポートを受ける新しい形で、より自由に活動することを決めた。

「有吉弘行さんと結婚した夏目三久さんのように、仕事よりも家庭に重きを置きたいようです。子供も欲しいようですしね」(スポーツ紙記者)

レプロはあくまで今後も“協業”体制にあると強調。「ガッキー、フリーに」と報じた一部メディアには訂正もさせていた。

結婚によって2人はかけがえのない家族を手に入れたが、同時に「失ったもの」もある。最たる例はファンだ。祝福の声が上がる一方で、ネット上では「ショック…」「明日会社休みます」とった書き込みも散見される。

「ひと昔前に比べて結婚に理解はありますが、それでもこれを機にファンを辞める人は続出するでしょうね。ファン心理で言えば、あまりにお似合いすぎて、ぐぅの音も出ない感じ」(前出・スポーツ紙記者)

結婚したことで「逃げ恥」自体の設定も生々しくなった。放送すればまずヒットの優良コンテンツだったが、

「さすがに続編は描きづらいのではないか。『このドラマはフィクションです』ではなくなったわけですから(笑)。まあ、続編を作ればそれはそれで話題になるのは間違いないですが」(テレビ局関係者)

という。1月放送の〝逃げ恥SP〟の番宣では、新垣と星野が理想の結婚生活に言及。「家具はお揃いにしたいですか?」と聞かれた新垣は2つ並んだシングルベッドを指さし、

「シングルが2つ。寝相が悪くても迷惑かけないし、ちょうどいい距離感だと思います」

とコメント。星野が何度も頷き「スクープ!」と返すと、新垣は両手で顔を覆い恥ずかしがった。

動画はSNSを通じて拡散。ネット上では《どう見てもこの時点で付き合ってただろ》といったツッコミも入っている。しばらくは世の男女のジェラシーが向けられそうだが、それも「理想の夫婦」となるためのひとつの過程、なのだろう。

  • 写真時事通信

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事