有村昆 ゲスナンパ報道に「私も」の声続々…擁護ゼロの“業界評” | FRIDAYデジタル

有村昆 ゲスナンパ報道に「私も」の声続々…擁護ゼロの“業界評”

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
騒動により、レギュラー出演番組から降板した有村昆。今後、復活することはできるのか……

「トホホな人ですね~」

業界内からそんな声が多数聞こえてくる。映画コメンテーターの「アリコン」こと有村昆が若い女性とラブホテルに行ったことがFRIDAY(5月28日号)に報じられた。

「やるね! アリコン」

なんて声も出るには出たが、同誌の記事を読めば有村がどれだけイケてないかがよくわかる。

コンセプトバーで働くTさんに興味を持った有村はSNSで連絡を取るなど積極的にアプローチしたという。彼女と対面が叶うと、有村はエンジン全開となり、

「キミの彼氏になりたい。ムラムラしたときはいつでも呼んでくださいね!」

と、“彼氏になりたい宣言”をしたという。そして下ネタ全開でアタックし続けホテルに連れ込むことに成功した。

だが彼女にその気はなく、あえなく玉砕。しかし有村はめげないオトコだった。1週間後に再び彼女を誘い出しホテルに誘おうとしたが、今度も簡単に撃沈したという。

有村がTさんを必死に口説き落とそうという情熱が伝わってくるが、会話が下ネタ全開というのはいただけない。有村は目的を完遂しておらず、Tさんとは男女の関係にはなっていない。だからこれはあくまで“不倫未遂”。

それでも彼に対する非難の声が多数噴出した。そのため所属事務所は素早い対応を取り、彼の活動自粛を決めた。これで騒動は落ち着くものと思われたのだが、後追いの記事が続々と出ている状態だ。

「“私も彼に口説かれたけど、今回の人と同じように未遂でした”という旨のタレコミが多数届いている媒体もあります。今後も後追い報道は続くかもしれません」(ワイドショースタッフ)

有名人ではあるが、タレントや俳優とは違い、どちらかといえば文化人枠に入る“映画コメンテーター”。女性スキャンダルなど仕事にそれほど影響はないように思えるのだが、彼は出演番組もそこそこあり、タレント並みの活動をしていた。

活動休止となればそれらの番組も休むか、最悪の場合は降板となるかもしれない。実際に活動自粛が発表された日、メインMCを務める『地方創生プログラム ONE-J』(TBSラジオ)と水曜コメンテーターを務める『内山絵理加のふくわうち』(静岡放送・SBSラジオ)も降板することがわかっている。ダメージは大きい。

「不倫とは言えないまでも、彼のとった行動はあまりにも軽すぎ。ただの“ヤリオ”ですからね。しかもヤれてない。世間の人は“しょうもない男”と見たでしょう。お笑い芸人なら笑いで済みそうですし、ネタにもなる。ただ、有村さんは“文化人”ですから。そんなコメンテーターの解説など聞きたくないし、周りもイジりにくいでしょう」(キー局プロデューサー)

有村は大手芸能プロダクションに所属しているため、映画コメンテーターとしては同業者の中では番組出演が多かったという。ただ業界内での評判は芳しくない。映画誌ライターはこう語る。

「女性問題は別にしても、仕事に対する姿勢はどうかなと思うことが多いです。彼が観ている映画作品の本数がどれくらいかわかりませんが、古い作品のことはあまり知らないようですし、コメントも誰でも言えるようなことが多く、薄っぺらです。淀川長治さんや小森和子さんのようにハリウッドスターと親交があるという話は聞いたことがないし、この人に映画を語ってもらいたくないですね」

と、かなり辛らつだ。

また有村がテレビに出始めたころは“セレブキャラ”を前面に出していて、お金持ち芸能人が集うようなバラエティー番組の常連だった。世間は彼のことを育ちのいいボンボンと見ていたから、こんなチャラい男とわかって呆れているだろうが、その“セレブキャラ”にも疑わしい点が。

「某雑誌の忘年会に彼がゲストで招待されたことがありました。呼ばれたゲストは会の最後に行われるビンゴゲームの景品か賞金を用意してくるのが、業界の習わしなんですが、アリコンが用意した賞品は3000円くらいで買えそうな、本人お勧めの映画DVDでした。会場からは“お金持ちのハズなのに意外とケチだな”と失笑が漏れていました」(週刊誌記者)

セレブキャラにもケチがついてしまったが、はたして有村はこの危機を乗り越えることができるのだろうか。

「そもそもテレビで映画コメンテーターが活躍する場は少ない。評判が悪かったりスキャンダルを起こしたりした人に、あえてオファーすることはないでしょうし、事務所もその辺の事情が分かればゴリ押しすることもないでしょう」(前出・キー局プロデューサー)

このまま画面から消える可能性は高いという。“アリコン”は“オワコン”になってしまうのか――。

  • PHOTO結束武郎

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事