祝・結婚!「恋多き歌姫」アリアナ・グランデ驚きの恋愛遍歴 | FRIDAYデジタル

祝・結婚!「恋多き歌姫」アリアナ・グランデ驚きの恋愛遍歴

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
2020年1月26日、第62回グラミー賞授賞式に出席し、両親とともにポーズを取るアリアナ・グランデ(中央)。 写真:REX/アフロ

先日、大人気シンガーのアリアナ・グランデが、不動産エージェントのダルトン・ゴメスさんと結婚した。家族だけの式を自宅で挙げたことも報じられ、あまりの急展開に驚いたファンも多いだろう。

2019年の大ヒット曲『thank u, next』では、過去に交際した4人の恋人の実名をあげ、「元カレたちにはマジで感謝してる。はい、次!」と歌ったアリアナ。曲中で名前を挙げられなかったお相手も含め、彼女のドラマティックすぎる恋愛遍歴をおさらいしよう。

アリアナは自身のInstagramに、ダルトンさんとの結婚式の写真を投稿

アリアナの大出世を見届けた:グラハム・フィリップス

グラハム・フィリップス(写真左)との破局直前の2ショット。写真:Shutterstock/アフロ

アリアナの舞台女優デビュー作となったブロードウェイミュージカル『13』で共演し、2008年から2011年まで交際した相手が、同い年のグラハム・フィリップス。当時ふたりは15歳で、表向きには「特別仲の良いお友達」だった。

2010年にニコロデオンのシットコム『ビクトリアス』に主要キャストとして大抜擢され、2011年には歌手デビューを果たすなど、アリアナのキャリアが波に乗りはじめたころに破局。一説には、アリアナがバックダンサーと親密になったのが別れの原因とも言われる。交際期間は3年11カ月に及んだ。

破局してからというもの目立った動きはなかったが、2019年3月にニューヨークでの密会をパパラッチされている。とはいえ“同窓会”のようなもので、熱愛復活には至らなかった。

アリアナのツアーで意気投合:ジョーダン・ヴィスコミ

アリアナの後ろで踊る、ジョーダン・ヴィスコミ(写真左)。写真:Shutterstock/アフロ

4年近く交際したグラハムとの別れに深く関わっているとも言われるのが、歌手デビューしたアリアナのバックダンサーだったジョーダン・ヴィスコミだ。2012年2月ごろから本格的に交際をスタートするも、アリアナはグラハムとの破局を引きずっていたため、短期間で別れることに。

話題作りに成功したYouTuber:ジェイ・ブルックス

当時20歳のアリアナ。2歳年下のジェイ・ブルックスが、だいぶ子どものように見える。写真:Splash/アフロ

次にアリアナが交際したのは、双子の兄弟らとグループYouTuberとして動画を投稿していた、オーストラリア在住のジェイ・ブルックス。ジェイのアプローチでTwitter上にてやりとりをスタートし、2012年10月に一度も会わないまま交際が始まった。

当初はTwitter上でのやりとりのみだったが、グラハムとの失恋から気を逸らすにはうってつけだったもよう。やがて、初対面を果たすと恋はさらにヒートアップ。ジェイは何度もアメリカへ駆けつけ、遠距離恋愛を楽しんだ。

ビジネスカップル疑惑も:ネイサン・サイクス

悪ガキタイプのジェイから、優等生タイプのネイサン・サイクス(写真左)に心変わり。写真:Splash/アフロ

ジェイとの遠距離恋愛の最中に始まってしまったのが、この恋。お相手のネイサン・サイクスは、イギリスのボーイズグループ「ザ・ウォンテッド」のメンバーだ。

アリアナのアルバム収録曲『Almost Is Never Enough』でのデュエットとミュージックビデオの撮影で親密になり、2013年8月から秘かに交際をスタートした。
リリースのタイミングでの熱愛報道だったことから、「宣伝のためのフェイクカップル」とも噂されたが、9月後半にディズニーランドでのデートを目撃されたのを機に、両者ともにTwitter上で交際宣言する。

ところが、遠距離恋愛の恋人ジェイが「浮気された! 裏切られた!」と大騒ぎ。アリアナはすでにジェイとは別れていたこと、別れ話の最中に「よりを戻さなかったら世界中にあることないことツイートする」と脅されたことをTwitterで打ち明け、浮気はもちろん二股もしていないと潔白を主張した。

しかしネイサンとの交際は長く続かず、わずか4カ月で自然消滅。すると、「浮気された!」事件で疎遠になっていたはずのジェイと、Twitterの相互フォローを再開。たちまちよりを戻したふたりは、2014年5月に交際を公表した。

ところが7月にアリアナの祖父が亡くなると、ジェイとの関係は急転。自分の元に駆けつけなかったジェイに愛想を尽かし、二度と連絡を取ることはなかった。

実はお互い二股だった!?:ビッグ・ショーン

ラッパーのビッグ・ショーン(写真左)とは、2015年のグラミー賞で2ショットも披露。写真:ロイター/アフロ

2014年7月に祖父を亡くし、悲しみに暮れるアリアナを励ましたのが、2013年に『Right There』でコラボしたラッパーのビッグ・ショーン。当時、彼は『glee/グリー』のナヤ・リヴェラと婚約中だった。

10月にようやく交際を認めるも、翌年2015年4月には破局。原因は、アリアナのわがままな態度や幼稚さにショーンが冷めた、ショーンの新曲でアリアナが侮辱されたため、など、多くの憶測があがっている。

「ドーナツ事件」の共犯者:リッキー・アルヴァレス

グロサリー帰りのリッキー・アルヴァレス(写真左)とアリアナ。写真:Backgrid/アフロ

アリアナとバックダンサーのリッキー・アルヴァレスの交際が発覚したのは、とあるドーナツ店でのキスをすっぱ抜かれたため。このとき、店内で行った粗相が問題となり、アリアナは窮地に立たされたが、2016年7月に破局するまで、リッキーとの交際はごく順調に進んだ。

「ドーナツ事件」/ドーナツ店のセキュリティカメラに収められた、アリアナとリッキーの姿。映像には、ふたりがキスする様子のほか、陳列されたドーナツをなめたり、話の流れで「アメリカ大嫌い」と暴言を吐いたりする一部始終が映っていた。写真:Splash/アフロ

オーバードーズで急逝:マック・ミラー

タトゥーパーラーの前でまったりくつろぐマック・ミラー(写真左)とアリアナ。写真:Splash/アフロ

リッキーと別れたアリアナは、2013年に『The Way』でコラボしたラッパーのマック・ミラーと急接近。マックの新曲『My Favorite Part』で再コラボし、2016年8月から恋人同士に。

交際当時、マックはアルコールと薬物の依存症という問題を抱えており、アリアナは克服をサポートをしたものの、力及ばず。また、アリアナ自身も2017年5月に起きた英マンチェスターの公演における自爆テロ事件に強く心を傷めていたこともあり、マックのサポートどころではなくなり、2018年5月、お互いのために破局を決断した。

また、破局直後にマックが起こした飲酒運転による交通事故は、アリアナとの失恋が原因だと指摘する声がネットに溢れた。

初めての婚約者:ピート・デヴィッドソン

MTVビデオ・ミュージック・アワードにピート・デヴィッドソン(写真後方)を連れて出席。写真:Shutterstock/アフロ

次の恋人は、『サタデー・ナイト・ライブ』に出演するコメディアンのピート・デヴィッドソン。ふたりは2018年6月に婚約を発表。デートを目撃されてからわずか4週間というスピード婚約だった。

このまま結婚に向かうかと思われたが、展開があまりにも早すぎたことでバッシングを受け、SNS上では特にピートへの”クソリプ”が急増。アリアナの元恋人マック・ミラーが2018年9月17日にオーバードーズにより急逝すると、アリアナへの誹謗中傷が激化した。こうした外野の声に疲れたふたりは、10月に婚約を解消する。

目立たぬよう交際するも…:マイケル・“マイキー”・フォスター

チャールズ・“スクーティー”・アンダーソン(写真右)とともに、HIPHOPデュオ「ソーシャル・ハウス」として活動するマイケル・“マイキー”・フォスター。写真:REX/アフロ

アリアナのヒットアルバム『thank u, next』の制作に携わり、シングル『Boyfriend』でコラボした「ソーシャル・ハウス」。そのメンバーであるマイキー・フォスターとの熱愛が発覚したのは、2019年8月のこと。翌年2月にはディズニーランドでのデートも目撃されたが、翌月には破局してしまった。

秘かに愛情を深めて結婚:ダルトン・ゴメス

ロックダウン中、アリアナとドライブデートを楽しんでいるところをパパラッチされたダルトン・ゴメスさん。写真:Backgrid/アフロ

2020年2月にデートを目撃されて熱愛が発覚し、6月にアリアナがInstagramで交際を公表したのが、高級不動産エージェントのダルトン・ゴメスさん。一般人であること、交際当初にロックダウンで自主隔離生活が始まったことなどから、大きく騒がれることなく愛情を深められたとみられる。12月には婚約したことを明かし、今年5月18日に結婚を発表したばかり。

コソコソと恋愛するのが苦手なせいで様々な批判を浴び、恋を終わらせることも多かったアリアナ。たくさんの失恋に学びを得て、ついにたどり着いたのがダルトンさんだったのだ。彼との結婚が、彼女の豊かな人生の支えとなりますように!

  • 原西香(はら あきか)

    海外セレブ情報誌を10年ほど編集・執筆。休刊後、フリーランスライターとして、セレブまわりなどを執筆中

Photo Gallary13

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事