元アイドルが告白…「枕営業」強要プロデューサーの卑劣な手口 | FRIDAYデジタル

元アイドルが告白…「枕営業」強要プロデューサーの卑劣な手口

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
アイドル志望の女性を自身の欲望のはけ口にしていた疑いのある清成容疑者(画像は一部加工しています)

警察官に付き添われた男は顔をゆがめ、肩を震わせていた。送検のため車が動き出すと、報道陣のカメラが一斉にその姿をとらえる。フラッシュに照らされた男の顔を見て、カメラマンたちは絶句した。号泣していたのだーー。

警視庁池袋署は5月18日、さいたま市の会社員・清成啓貴容疑者(27)を逮捕した。2月に東京・豊島区のホテルへ「枕営業」名目で女性を連れ込み、乱暴をはたらいた準強制性交とわいせつ目的誘拐の疑いが持たれている。

「清成容疑者は、『プロデューサー・高宮光』を名乗っていました。SNSで『音楽活動にやる気がある人を募集します』という書き込みに、返信してきた声優、歌手志望の30代女性と連絡をとっていたんです。

さらに面接と称して女性を音楽スタジオに呼び出し、デビューをちらつかせたうえ、こう誘っていたとか。『枕営業をしないといけない。プロデューサーの俺を接待すれば仕事をあげる』と。清成容疑者は、2月20、21日の2日間、女性をホテルに連れ込んで乱暴した疑いがあります」(全国紙社会部記者)

昨年3月にも同様の犯行

清成容疑者から元アイドルの遠藤舞さんへ送られたメッセージ。「違法ではない」と書いているところがかえって怪しい(画像:遠藤さん提供)

その後、清成容疑者と連絡が取れなくなったことを不審に思った女性が、警察に相談したことから事態が発覚した。清成容疑者は調べに対し、犯行を否認しているという。だが、他にもSNSで複数の女性とやりとりしていた痕跡があり、警察では余罪を追及している。

叩けばホコリの出てきそうな清成容疑者だが、1年前の3月にも準強制性交の疑いで逮捕されている。アイドル志望の女子高生に自らをフリーランスのプロデューサーと名乗り、「アイドル活動は枕営業をしなければいけない。皆やっている」などと言って、わいせつ行為を働いたのだ。今回の犯行と手口がまったく同じだ。

元『アイドリング!!!』リーダーで、現在はボイストレーナーとして活動する遠藤舞さんも、昨年2月ごろ清成容疑者から仕事のオファーが来たという。

「突然DMで仕事の依頼が来たのですが、自分がどこの誰という自己紹介がまったくなかったんです。文章も稚拙で社会人とは思えない感じ。しばらくやりとりをした後で怪しいと思ったので、ツイッターのアカウントを調べたら、明らかに私のことだと思われる悪口をツイートしていました。こんな人は信用できないと感じ、仕事は丁重にお断りしました」

清成容疑者が遠藤さんにオファーした仕事は、オーディションの審査員だったという。アイドル志望の女のコを集めるために遠藤さんの名前が必要だったのだろう。遠藤さんがオファーを断ったにもかかわらず、清成容疑者は『アイドリング!!!』の名前を使っていたようだ。さらにツイッターではアイドル志望の女のコに声をかけまくっていた。

「ツイッターで『#アイドルになりたい』などで検索した女のコに、片っ端から声をかけている感じでした。怪しすぎるのでほとんどのコは無視していたようですが、返事をしてしまったコもいると思います。アイドルになりたくて必死なコはチャンスだと思ってしまうかも」(遠藤さん)

近年、アイドルの活動の場はテレビにとどまらず、ネットや劇場など、裾野は飛躍的に広がった。芸能事務所も、オファーする相手の名前だけでは、良し悪しを判断するのが難しくなっている。

「枕営業を要求するのはあり得ませんが、それだけでなく、レッスン費、宣材費などの口実でおカネを要求するような所は論外です。最低限の判断材料は、ちゃんとした企画書があるか、会社のHPがあって所在地や電話番号が実在するものなのか、ですね。あとは、その人の人間性。『○○の知り合い』ということを吹聴する人は、まず怪しいです。清成容疑者がまさにそうでした」(遠藤さん)

清成容疑者が遠藤さんに送ったファイルには、芸能人とのツーショット写真がこれでもかという具合に添付されていた。だが、明らかにファンイベントで撮られたものがほとんどだったという。

自身を嘘と虚勢で塗り固めた清成容疑者が目論んだのは、性的欲求を満足させることだった。逮捕後に報道陣にさらされ号泣しても、後の祭りだろう。

  • 撮影蓮尾真司写真遠藤舞さん提供

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事