安住アナの朝番組が『ラヴィット』吸収案浮上で加藤浩次がピンチ | FRIDAYデジタル

安住アナの朝番組が『ラヴィット』吸収案浮上で加藤浩次がピンチ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
朝の情報番組『スッキリ』のMCを務める加藤浩次。安住アナとの直接対決は見れるのか…

TBSの絶対エース投入にお笑い界の“狂犬”が震えている…?

TBSは夏目三久の引退に伴い9月いっぱいで終了する情報番組『あさチャン!』(午前6時~8時)の後継番組に安住紳一郎アナウンサーが就任することを正式発表した。

安住アナはオリコンが実施している「好きな男性アナウンサーランキング」で、第1回から第5回まで連続1位に輝き、殿堂入り。老若男女問わず抜群の人気を誇るだけに、競合する他局の番組は戦々恐々としているに違いない。

そんななか、当の安住アナは5月22日夜のレギュラー生番組『新・情報7DAYS ニュースキャスター』で、お天気キャスター新井恵理那から

「安住さん、朝の番組やるって本当ですか?」

と突っ込まれ、次のように述べた。

「10月までにはあとふた波乱ぐらいありますよ!」

言葉尻から察するに「10月までに~」としている以上、同アナの朝番組への異動は確定。そこへプラスアルファ、何らかのサプライズが加わるという見方が強い。

そのサプライズとはなにか? 業界内で様々な憶測が飛んでいるが、実はここへきて『あさチャン!』の後番組で、4月にスタートしたばかりの『ラヴィット!』(午前8時~9時55分)をも“吸収合併”するといううわさが聞こえてくるのだ。

『ラヴィット!』はお笑いコンビ「麒麟」の川島明をMCに据えた新番組。報道系のニュースを扱う他局と違い、暮らしの役に立つ生活情報番組という立ち位置でスタートした。独自の色があり、番組自体の評価は高いものの、視聴率は早くも1%台を記録するなど苦戦が続いている。

「予想はされていましたが、やはり数字は芳しくありませんでした。今のスタイルで続けても劇的回復は見込めない。ならば、安住さんの新番組をラヴィットの枠までやってもらおう…という話が噂されています」(キー局テレビ局員)

つまり、TBSの朝は平日午前6時から10時までをカバーする大型情報番組に様変わりする可能性がある…ということだ。

「4月に番組が始まったばかりの川島さんにとっては痛恨の一撃になってしまいますが、背に腹は代えられません。万一にもそうなった場合には、もっか川島さんの“顔”を潰さないための代替案が用意されるでしょう」(同)

これが実現すれば、“安住ショック”はさらにライバル局に波及する。なかでも首元が危うくなってくるのが日本テレビ系「スッキリ」(午前8時~10時25分)でMCを務める加藤浩次だ。

「加藤さんは‘19年の闇営業問題で吉本上層部を公然と批判し、加藤の乱を起こした張本人。3月いっぱいで吉本とのエージェント契約は解消され、現在はフリーという立場です。一部で『粛清』と揶揄されたように、加藤さんを取り巻く環境は激変しました。

『スッキリ!』も元は吉本が取ってきた仕事。視聴率が好調なため放送は継続していますが、10月から目に見える形で数字が下がるようだと、リニューアルなんて声も聞こえてきそうです」(テレビ局関係者)

朝の帯番組の仕事を欲しがる芸能事務所はごまんとある。フリーの加藤ではその攻勢に太刀打ちできないだろう。

「なかでもジャニーズ事務所が各局の朝の番組に熱心に営業をかけているそうです。ジャニーズはここ数年、報道系番組にタレントを送り込むことに力を入れています。日テレとは昵懇でもあり、加藤さんに“異変”が起きれば、真っ先に名乗りを上げるでしょう」(同・テレビ局関係者)

加藤は今月7日配信の『石橋貴明プレミアム』(ABEMA TV)で、「千鳥」の大悟や千原ジュニア、ケンドーコバヤシら吉本芸人と共演し「粛清されてねぇんだ!」と歓喜の雄たけびを上げたが、石橋からは冷静に

「いや、俺はちょっとずつ真綿で首を絞めてくると思うんだけど…」

とツッコまれていた。現実にならなければいいが…。

  • PHOTO足立百合

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事