捨て身の安倍封じに打って出た二階幹事長の「最後の切り札」 | FRIDAYデジタル

捨て身の安倍封じに打って出た二階幹事長の「最後の切り札」

AAAに対抗「安倍晋三を黙らせろ」の深層

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

1億5000万円の支出に関与したのは「安倍と自分」

「責任は(安倍)総裁と私(幹事長)にある」

二階俊博幹事長がいきなりこう語った瞬間、記者団に緊迫した空気が漂った。5月24日、これまで否定してきた「広島買収1億5000万円問題」について当時の首相・安倍晋三の責任を認めたのだ。政権の屋台骨がきしみ始めた瞬間だった。菅義偉首相を支える二階が、ついに安倍の封じ込めに動いた。いわば「捨て身」の作戦だ。

自民党本部が提供した1億5000万円の責任に言及した二階幹事長。安倍前首相とともに「死なば森友」の覚悟だろうか。写真は2018年の党大会。左が広島県連会長の岸田 写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ

河井案里元参議院議員は、2019年に行われた選挙で、1億5000万円という潤沢な選挙資金を自民党から提供されて議席を獲得した。広島の地で、大規模でなりふり構わぬ「買収」が行われたのだ。2020年3月、公職選挙法違反で摘発。6月逮捕。河井案里は失職し、選挙運動を仕切った安倍晋三前首相の側近・河井克行前法相は罪を認め議員辞職した。安倍前首相の肝入りだった河井案里の選挙は、買収戦だったことが明らかになった。

今年4月25日、再選挙となった広島は、3月に広島県連会長になったばかりの岸田文雄前政調会長が失地挽回の陣頭指揮に立った。しかし最後まで「自民政治と金」のイメージを払拭することができず敗北。尻拭いをさせられた岸田は、この結果を踏まえ、1億5000万円の詳細を二階幹事長に説明を求めることとなったのである。

この件に関して二階は、こう言った。

「党全般の責任は(幹事長である)私にあるのは当然だが、個別の選挙戦略や支援方針はそれぞれの担当で行っている」

そして、二階幹事長の背後にいた林幹雄幹事長代理が唐突に質問を引き取り、

「選挙資金は選対委員長が担当だった」

と言い放ったのである。

「1ミクロンも関与していない」甘利の薄笑い

当時の選対委員長・甘利明税制調査会長は、薄笑いを浮かべてこう言った。

「(自分は)1ミリも関与していない。もっと言うなら、1ミクロンも関与していない」

小学生か?といったら、小学生に失礼だろう。そしてさらに、痛いところをつかれたくない林幹事長代理がキレる。

「党のことを根掘り葉掘り聞かないでほしい」

党のこと、政権が選挙のときに行った不正、有権者への不実を「聞かない」という選択肢は、メディアにはない。この発言は、国民のみならず、身内の自民党広島県連からも「無責任で情けない」「これほど侮辱した言葉はない」と、猛反発をくらった。

二階の「死なばもろとも」で次々噴出する安倍政権の暗部

衆院の任期満了が迫るなか、このままでは選挙に勝てないと慌てた二階がいきなり発言を翻したのが、冒頭の「1億5000万は総裁と私が」である。

「河井スキャンダルの責任を二階さんに押しつけるのであれば、死なばもろとも、差し違える覚悟で安倍前首相を引きずり出したんですよ。そうすれば、細田派、麻生派、岸田派から竹下派までを黙らせることができるからです」(閣僚)

自らの政治生命をかけた勝負に出た二階。自民党長老議員が言う。

「半導体議連で、A(安倍)A(麻生)A(甘利)がそろい踏みしたときから不穏だった。二階は欠席し、『売られた喧嘩は買う』と漏らしていたんだ」

そればかりではない「安倍vs.二階」には古くからの因縁があったと続ける。

「安倍政権最盛期、安倍首相は二階派を加藤勝信官房長官に継承させてはどうかと打診した。安倍からすれば、高齢の二階に議員辞職を促し、党の実効支配を細田派か麻生派にして、安倍帝国を完成させようとしたんだな。かつて小泉元首相が中曽根、宮沢元首相に定年辞職を促したことと似ているけど、『自民党をぶっ壊す』といった小泉元首相と違い、安倍は自分の権力の完全掌握を計った。目的がぜんぜん違う。それ以来、二階と安倍は敵対している。

今、二階は、幹事長であり続けなければ政治生命を絶たれる存在ともいえる」(同)

新しい議連や各地の講演で存在感を強める安倍。一方、菅政権の後見人である二階は、コロナ対応と発信力不足で内閣支持率が急落するなか、断崖絶壁なのである。

ポスト菅に「小池」で、安倍封じを画策

多勢に無勢の二階幹事長に勝機はあるのだろうか。

「二階幹事長が菅首相にプッシュしたのが、困窮世帯への30万円給付。緊急事態の延長とセットで決定する。逆風の総選挙を最小限のリスクにとどめつつ、その後はポスト菅のサプライズ人事として、小池百合子都知事を担ぐ可能性も」

そう言うのは麻生太郎副総理に近い自民党幹部だ。わかっているだけで4月20日、5月11日と続いた「二階−小池会談」はただ事ではない。

東京など人口集中地域にワクチン接種を優先してほしいという小池知事に、二階幹事長は、

「感染拡大が続いている東京を抑えるというのは良い考え方だ。日本全体にとってもいいのではないか。だから、五輪中止などということは言わないようにお願いしますよ、ね、知事」

そう言いながら、小池知事の顔をのぞき込んだという。

二階は自民の実効支配を持続するために、昨年の都知事選挙で366万票超を獲得した「日本一の女性政治家」カードが必要なのである。一方、小池は都議会選挙とその後の政治展望において二階幹事長を怒らせたくない。2人に共通しているのは、安倍を封じなければ主導権は得られないという事実だ。

「とにかく安倍を黙らせろ」。これがまず「菅−二階」のミッションだろう。しかし国民にとっては、もし安倍が健康を取り戻したのであれば「やるべきこと」は政権取りではない。放り出した疑惑の数々を、まずは説明するべきだろう。国民はそれを、忘れてはいないのだ。

(文中敬称略)

  • 取材・文岩城周太郎写真Rodrigo Reyes Marin/アフロ

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事