フォトギャラリー3枚目 井手上漠が明かす「奇跡の島」と呼ばれる故郷・海士町への思い | FRIDAYデジタル

海士町の玄関口の菱浦港周辺。穏やかな水面に太陽の光が輝くように反射することから「鏡ヶ浦」の異名をもつ。この島を愛した明治の文豪・小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)がつけた名前だ(撮影:三宮幹史/井手上漠フォトエッセイ normal? より)

share icon写真をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
FRIDAY DIGITAL
記事TOPへ

井手上漠が明かす「奇跡の島」と呼ばれる故郷・海士町への思い

3/10