ワクチン接種で「1億円が当たる」…米国のヤバイ大盤振る舞い感 | FRIDAYデジタル

ワクチン接種で「1億円が当たる」…米国のヤバイ大盤振る舞い感

「野球観戦チケットが無料」「ビールが飲める」「1億円が当たる」 海の向こうでは考えられない事態が起こっていた

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

タダでメジャーリーグ観戦

5月4日、シアトル・マリナーズはメジャーリーグ初となる球場でのワクチン接種を開始した。初日には160人が列を作った。予約不要で、試合来場者は無料で接種を受けられる

「ワクチン接種者から抽選で5名に1億円をプレゼントします」

5月12日、米国オハイオ州では、この発表に100万人以上の人々が会場に詰め掛けたという。

遅々として接種が進まない日本を尻目に、米国ではあり余るワクチンを打たせようと「特典競争」が起きている。ニューヨークでは、接種者にメジャーリーグ球団・ヤンキースの試合観戦チケットが配られたり、地下鉄の運賃が1週間無料になったりなど大盤振る舞いだ。国際ジャーナリストの山田敏弘氏が言う。

「米国では『ワクチンは有毒だ』という陰謀論が流布していて、接種を拒否する人がかなりいるんです。7月の独立記念日までに成人の7割にワクチン接種をさせることを公約としているバイデン政権は、特典で釣ってでも、接種率を高めたいという思惑(おもわく)があるのでしょう」

「ワクチン特典」はすでに結果を出し始めているという。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が語る。

「コロナは初夏と冬に流行しますが、接種者が増えた米国では再流行する気配はない。ワクチン特典は有効な手段といえます」

日本もいつまでも指をくわえて見ているわけにはいかない。

1週間地下鉄が乗り放題

ニューヨークのグランドセントラル駅は通勤客向けに無料ワクチン接種を行い、地下鉄乗り放題券を配っている

家族4人まで入場無料

『アメリカ自然史博物館』は家族向けにグループ4名分の無料入場券を配り、館内でワクチン接種を行っている

 

  • PHOTO時事 共同

Photo Gallary3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事