親族を焼き殺し母親を殴打…自称コンサルタントの呆れた犯行動機 | FRIDAYデジタル

親族を焼き殺し母親を殴打…自称コンサルタントの呆れた犯行動機

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
住宅に火をつけ親族を殺害した疑いが持たれている一倉容疑者。母親にも暴行を加えている

「外に出ると煙が広がっていて、すぐに火事だとわかりました。消防の人が家の住人を探していました」(近隣の住人)

明け方の住宅街にどす黒い黒煙が立ち上った。4月25日午前4時45分ごろ、千葉県船橋市本中山の住宅街にある木造2階建て住宅から出火。ほぼ全焼した焼け跡から、この家に住む会社役員・渡辺和彦さん(65)の遺体が発見された。司法解剖の結果、焼死とみられる。

だが――。その後。火災は放火殺人だったことが判明するのだ。

千葉県警は6月4日、殺人と現住建造物放火等の疑いで東京都港区の無職・一倉大悟容疑者(30)を再逮捕した(一度目の逮捕については後述)。一倉容疑者は、伯母の元夫である渡辺さんの自宅に火をつけ殺害した疑いが持たれている。

「現場にはガソリンをまいたような跡があり、放火と見られていました。一倉容疑者は火事の起きる1時間ほど前、市川市にある住宅で母親の顔などを殴ったうえ、粘着テープで両手足を縛り監禁。その際に『渡辺を殺る』などと、犯行をほのめかしていたようです」(全国紙社会部記者)

もう一件の「不審な死」

一倉容疑者が出かけると、母親は重傷を負いながら自力で脱出して隣家に救けをもとめた。その日のうちに、一倉容疑者は母親に対する傷害と逮捕監禁容疑で緊急逮捕されたのだ。

「一倉容疑者が車で母親の家から4㎞離れた渡辺さんの家に向かう様子が、複数の防犯カメラに映っていました。調べに対して一倉容疑者は、『ガソリンをまいて火をつけた』と供述。一方で殺人に関しては否認をしています」(同前)

渡辺さん宅は、今回の放火事件が起こる前の4月上旬にも、ある「災難」に見舞われていた。

「渡辺さん宅から、絵画2点(95万円相当)が盗まれたという被害届が出されていたのです。県警が捜査したところ、絵画は都内の店に売却されていたことが発覚。一倉容疑者が関与していたことがわかったため、5月に窃盗容疑でも逮捕されています」(同前)

一倉容疑者への疑惑は、これだけではない。周囲にも「不可解な死」があるのだ。

「放火事件の2日前、一倉容疑者の母親宅の隣に住んでいた、渡辺さんの元妻が不審な死を遂げているのです。この件に関しても、県警は捜査を進めています」(同前)

一倉容疑者は、渡辺さんから複数回におよぶ多額の借金があったという供述もしている。母親の家からは通帳やキャッシュカードを持ち去っており、県警では親族との間に金銭トラブルがあったと見て調べている。

「母親宅の近所の人からは、『高そうなベンツを乗り回してヤンチャな若者だった』という証言もあります」(事件ジャーナリスト)

近所の人の話では、渡辺さんは一倉容疑者が子供のころ、可愛がってよく遊んでやっていたという。世話になった身内を傷つけて回るほど、金の必要に迫られていたのだろうか。一倉容疑者の闇は深い。

  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事