あのCMから34年…宮沢りえが森田剛と掴んだ「幸せ笑顔」 | FRIDAYデジタル

あのCMから34年…宮沢りえが森田剛と掴んだ「幸せ笑顔」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
18年6月、東京・代官山での夕食を終えコインパーキングにとめたオープンカーに向かう夫妻

女優の宮沢りえ(48)が、再び注目されている。「三井のリハウス」のCMに34年ぶりの出演。1987年当時は美少女・白鳥麗子として登場し、今回は母親になった同役を演じているのだ。撮影について、宮沢は、感慨深いコメントを発表している。

「34年間も自分はこの仕事をやってきたのだと思いましたし、とても思い出に残る撮影になりました」

少女がトップ女優になるまでには、紆余曲折があったのだろう。現在は『V6』の森田剛(42)と結婚し幸せを掴んだ。秘蔵写真で、宮沢の「ハッピーな今」を紹介したいーー。

腕にそっと手を添え……

都内の高級スーパーで森田と宮沢夫妻の姿をキャッチしたのは、20年5月のことだ。スーパーの前に事務所の送迎車が停まると、まず運転手が外へ。スライドドアが開き、森田と宮沢が降りてきた。

約20分後、買い物を終えた二人が、仲良く笑い合いながらスーパーから出てきた。食料品などを買い込んだのだろう。森田はパンパンに詰まったエコバッグを肩にかけ、宮沢はそんな夫の腕にそっと手を添えている。二人が乗り込んだクルマは寄り道することもなく、まっすぐ自宅マンションへと帰っていった。

16年8月の舞台での初共演をきっかけに交際が始まり、18年3月に結婚を発表。超人気アイドルと大物女優にもかかわらず、二人は結婚前から堂々と交際を続けてきた。銀座、箱根、沖縄、ゴルフ場……本誌もさまざまな場所でデートする姿を目撃してきたが、結婚4年目を迎えた現在もラブラブぶりはまったく変わっていないようだ。

「宮沢さんは森田さんについて、『優しい人』と言っている。それは自分にだけでなく、現在12歳の娘さんにとっても同じようです。交際中から3人で何度も食事に行っていましたが、娘さんが森田さんにとても懐いていたことが、結婚に踏み切った大きな理由になったと聞きます。

宮沢さんは自身がCMキャラクターを務めていた資生堂の特設サイトで『家に居られることが何よりのリラックスではあります』と綴っていましたが、その言葉通り、家族3人で充実した時間を過ごしているようです」(宮沢の事務所関係者)

いまや芸能界きってのおしどり夫婦となった二人なら、どんな困難も支え合って乗り越えられるだろう。

結婚前から堂々とデートを楽しんでいた宮沢りえ&森田剛。客でにぎわうスーパーでも、まったく人目を気にしていなかった。20年5月撮影
ディナー終了後、オープンカーで帰宅する一行。ハンドルを握るのは森田だ
21年1月、都内のスーパーでカートを押す宮沢。左手の薬指には金色の指輪が輝いている
テイクアウトしたドリンクを片手に帰宅する宮沢。20年5月、撮影
宮沢りえ&森田剛がセレブスーパーで見せた「腕組みラブラブ」姿
宮沢りえ&森田剛がセレブスーパーで見せた「腕組みラブラブ」姿
宮沢りえ&森田剛がセレブスーパーで見せた「腕組みラブラブ」姿
  • 撮影川上孝夫 西 圭介

Photo Gallary8

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事