優香、永作、キムタク、河北が…芸能人夫婦「散歩中に見せた素顔」 | FRIDAYデジタル

優香、永作、キムタク、河北が…芸能人夫婦「散歩中に見せた素顔」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
優香が見せた「ママの顔」夫の青木崇高と広尾散歩

自然と体からオーラが放たれる芸能人。夫婦ともに有名人であれば、二人がそろって歩いていると、どうしたって気づいてしまう。遠目でも分かる存在感。街でみかけた「あの有名人夫婦」の素顔を見てみよう。

結婚5年目の充実ライフ

今年春、ベビーカーを押しながら広尾(渋谷区)の商店街を歩く優香(40)を発見したのは、よく晴れた祝日の昼下がりだった。まぶしい太陽の光が子供に当たらないよう、ベビーカーを覗き込んで気遣う優香。その姿を隣で見守っているのは、夫で俳優の青木崇高(むねたか)(41)だ。

時代劇『ちかえもん』(NHK)での共演をきっかけに交際を開始し、二人が結婚したのは’16年のこと。結婚5年目の現在は、昨年4月に生まれた第一子の子育てライフを満喫中だ。

商店街にあるスーパーに立ち寄った優香は、野菜を手に取り、産地を入念に確認してカゴに入れていく。店員に何かを尋ね、案内されたところにあったのは菖蒲(しょうぶ)だった。来たるこどもの日に菖蒲湯に浸かる我が子の姿を想像したのだろうか、少し微笑みながら、大きな菖蒲を手に取っていた。

「産休から8ヵ月で復帰した優香ですが、子育て最優先ということで、現在はレギュラー番組とCMの出演のみに仕事を限定しています。夫婦共に、結婚後のプライベートについてメディアで語ることもなく、堅実な生活ぶりで知られる彼女ですから、ママタレとして活動する可能性は極めて低いと思います」(民放テレビ局ディレクター)

買い物を終えた一家は、その後も周辺をのんびりと散歩。何度も子供の様子を確認する優香は、すっかり「ママの顔」を浮かべていた。

目当てのアイスクリームを手にご満悦のキムタク夫妻。木村が待ち時間にファン女性に笑顔で神対応する場面も

モフモフ犬とアイスクリーム

春の陽射しが降り注ぐ昼下がりの恵比寿ガーデンプレイス。人が行き交う広場に2匹のモフモフ犬を連れたカップルの姿があった。木村拓哉(48)と工藤静香(51)夫妻だ。

この日は愛妻・静香の誕生日の2日前。二人で愛犬の散歩がてら、夫婦水入らずの時間を楽しんでいたのだろう。しばらくすると、木村は愛犬の「エト(エトワール)」と「アム(アムール)」をお座りさせ、ベンチに腰を下ろす。

一方の静香はアイスクリーム店へ。数分後、アイスクリームを手に静香が戻って来ると木村は笑顔を見せながら立ち上がり、歩き始めた。道中、静香がアイスクリームを木村に差し出すと、ペロッと舐めて返す光景も。結婚から20年経った今でも、夫婦は円満のようだ。

「最近、静香さんは娘のCocomi(19)とKōki,(18)のSNSに頻繁に登場しています。これまでキムタク夫妻は世間とかけ離れているイメージがありましたが、娘たちがライブ配信などで木村さんの〝パパ〟としての一面や木村家の内側を語るようになり、たちまち話題になりました。

静香さんはそこに目をつけたようで、家族の誕生日や結婚記念日などのお祝い事、愛犬たちとの戯れなどの何気ない日常を発信していくことによって、 〝理想の家族像〟を見せていったんです。

実際に木村さんは『日産自動車』や『マクドナルド』など家族向けCMにも次々と起用されています。ファミリーによるSNS効果が木村さんのイメージアップにもつながっているのでしょう」(テレビ局関係者)

「芸能界最強家族」の快進撃はまだまだ続きそうだ。

帰り道はアイスクリームを交互に食べていた。結婚20年目でも家族仲良し。憧れの夫婦だ!
本誌未掲載カット 木村拓哉&工藤静香 お散歩デート
本誌未掲載カット 木村拓哉&工藤静香 お散歩デート
本誌未掲載カット 木村拓哉&工藤静香 お散歩デート
本誌未掲載カット 木村拓哉&工藤静香 お散歩デート

FRIDAY202157日・14日号より

店から出て、大きくジェスチャーをしながら熱心に語りかける永作と、優しくうなずきながら話を聞く内藤氏

まったく色褪せない笑顔

夕暮れ時のビジネス街。高層ビルが立ち並ぶ通りに、小柄な女性の姿があった。マスク姿だが、優しげな目元は隠し切れない――女優の永作博美(50)だ。

彼女は現在放送されているドラマ『半径5メートル』(NHK)で、芳根京子(よしねきょうこ)(24)演じる若手編集者とバディを組む〝オバハンライター〟を好演中。この日もドラマの撮影を終えた後なのだろうか、どことなくスッキリとした表情を浮かべ、誰かと待ち合わせしている様子で、同じ道を行ったり来たりしている。

と、そこへ一台のタクシーが近寄り、永作を乗せた。後部座席にいたのは、夫で映像作家の内藤まろ氏(51)。どうやら夫婦でデートのようだ。二人は銀座の街角でクルマから降り、ミシュラン二つ星を獲得した、カウンター8席のみの寿司店で2時間ほど食事を楽しんだ。

「内藤氏が手掛けた日本酒『月桂冠』のCMに永作さんが出演したことで出会った二人。先月結婚12周年を迎え、夫婦仲は円満なようです。永作さんがプロデュースした半蔵門にあるカフェは、内藤氏が運営に携(たずさ)わっています。オープン時は永作さんが自ら厨房に立つ姿も見られたそうですよ」(芸能誌デスク)

寿司ディナーを終えて店を出た永作は、ゴキゲンに笑いながら、身振り手振りを交えて熱心に夫に話しかけている。ずれたマスクから覗く笑顔は、20年前と変わらず、まったく色褪せていなかった。

美貌が衰えない秘訣は、夫との円満な結婚生活にありそうだ。

夫婦一緒で楽しいひとときを過ごす芸能人。日ごろのハードな仕事から解放された素顔はなんとも魅力的だ。

『FRIDAY』2021年6月4日号より

魯山人の器で寿司がつまめるのがウリの高級店で食事を楽しんだ二人
本誌未掲載カット 永作博美 映像作家の夫と夜の銀座で見せたゴキゲン笑顔
本誌未掲載カット 永作博美 映像作家の夫と夜の銀座で見せたゴキゲン笑顔
本誌未掲載カット 永作博美 映像作家の夫と夜の銀座で見せたゴキゲン笑顔
理想の男性は「沢山笑わせてくれるさんまさんみたいな人」という河北。M氏のトークもキレキレなのだろうか
本誌未掲載カット 河北麻友子「結婚間近」の6年越し恋人と向かった先は?
本誌未掲載カット 河北麻友子「結婚間近」の6年越し恋人と向かった先は?
本誌未掲載カット 河北麻友子「結婚間近」の6年越し恋人と向かった先は?
  • 写真原一平(優香夫妻)西圭介(木村拓哉夫妻)島颯太(永作博美夫妻)

Photo Gallary16

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事