フォトギャラリー3枚目 コロナ治療薬で再注目「イベルメクチン」日本版EUAが重要な訳 | FRIDAYデジタル

1974年に発見した微生物が生み出すアベルメクチンをもとにした化合物(誘導体)「イベルメクチン」は、大村教授がキャンベル博士とともに2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞するきっかけとなった。写真は、2015年ノーベル賞の授賞式

share icon写真をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
FRIDAY DIGITAL
記事TOPへ

コロナ治療薬で再注目「イベルメクチン」日本版EUAが重要な訳

3/3