菜々緒「美しすぎる看護師姿」に完成度高すぎ…とファン歓喜! | FRIDAYデジタル

菜々緒「美しすぎる看護師姿」に完成度高すぎ…とファン歓喜!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
2013年に試写イベントに参加した時の菜々緒。いまも進化を続けている(写真・AFLO)

女優でモデルの菜々緒が投稿した「看護師姿」が話題になっている。7月4日午後9時から放送スタートの日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)の公式インスタグラムアカウントが投稿した写真で「こんな素敵な人に治療されたい」「カッコいい菜々緒さん」「絵になる」といった賞賛の声が集まっているのだ。

ドラマの公式ホームページによると、「TOKYO MER」は事故・災害・事件の現場へと駆けつけて、患者を救命する組織だ。メンバーは7人で、看護師・蔵前夏梅役の菜々緒のほか、チーフドクター喜多見幸太役の鈴木亮平、研修医・弦巻比奈役の中条あやみなど、豪華キャストが出演する。

話題となっている写真の菜々緒は、青い半そでの医療服に身を包む。病院のような場所で、「東京海浜病院」という文字が映し出されたパソコンモニターの前に座っている。赤いストラップを首にかけ、右ひじはテーブルにつき、左手は「いいね!」のサイン。緊急救命の看護師は体力勝負なのだろうか、その役にどっぷりとつかった男らしいポーズだ。

しかし、白いマスクの下の美貌はどうしても隠せない。キリっとした眉にぱっちりとした目、スリムな体形……このナースは、国際的に注目が集まっているトップモデル・菜々緒にしか実現できない「世界で一番美しいナース」だ。これまで放送されてきた数多くの医療ドラマでも、さまざまな演者たちがナース役に挑戦してきたが、これほどまでに完成度が高いナースはそういないだろう。

菜々緒は5月公開の映画『地獄の花園』でヤンキーOLという難しい役を演じたばかり。今回はナースなので、比較的想像しやすい役なのかもしれないが、それでも彼女は一切妥協しないはずだ。その努力の積み重ねが、菜々緒という孤高の女優を生み出したのだ。

「早くこのドラマがみたい」といったコメントも投稿に見られたが、それだけ視聴者を引き込む演技力が彼女にはあるのだろう。菜々緒にますます目が離せなくなってしまった。

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事