大河女優・門脇麦が年下イケメン俳優・金子大地とお泊り愛! | FRIDAYデジタル
熱愛スクープ

大河女優・門脇麦が年下イケメン俳優・金子大地とお泊り愛!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
電車を待つ二人。3月のウェブサイトの取材で金子大地は、門脇麦を「サッパリしていてすごく話しやすい」と語っていた

夜はまだ肌寒さが残る5月末。品川駅の新幹線ホームに、肩が触れ合うほど身を寄せ合って歩くカップルの姿があった。女性はマスクにワンピース、リュックからスニーカーまで、全身黒で統一。独特なコーディネートを悠々と着こなすのは、女優・門脇麦(28)である。傍(かたわ)らを歩くのはブルーのシャツにサンダルとラフな格好の若者。売り出し中のイケメン俳優・金子大地(24)だ。

「門脇は、’15年放送の朝ドラ『まれ』で土屋太鳳(たお)演じる主人公の親友役を好演し、注目を集めました。NHK大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』ではヒロイン・駒役を熱演。女優としての評価を確固たるものにしました。今年でデビュー10周年を迎え、さらなる飛躍が期待されています。

一方の金子は’18年に放送され一大ブームとなった『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)でクセのある若手社員役を演じ話題に。6月からは初主演映画『猿楽町で会いましょう』が公開されるなど、いま勢いに乗る気鋭の若手俳優です」(芸能プロ関係者)

人目を気にしているのか、二人は会話こそほとんどなかったものの、つかず離れず、まるで付き合い始めたばかりのような絶妙な距離感で在来線のホームまで歩いていく。そのまま示し合わせたかのように同じ電車に乗ると、新宿方面へと走り去った。舞台関係者が明かす。

「二人が知り合ったきっかけは舞台『パンドラの鐘』での共演です。この舞台では門脇が主演を、金子が二番手を務めており、二人で演じるシーンも多い。練習中は年下の金子が、演技について門脇に相談する場面が何度も見られました。二人とも映画が趣味でお酒も好き。コロナ禍で自宅に籠(こ)もって趣味に没頭していたようで、金子が『毎日家で飲んでいて、めっちゃ太っちゃったんですよ』と門脇に話すなど、とても仲良さそうでした。交際を始めたのは年明けからでしょう」

品川駅のシーンから4日後、世田谷区の住宅街の一角で、真っ黒なマスクにスエット、短パンと黒ずくめの服装の門脇を発見。通い慣れた様子で近くのスーパーへ入ると、生鮮食品やトイレットペーパーを購入。そのまま金子の自宅へと入っていった。この日は金子と二人きりで仲良く映画鑑賞を楽しんだのだろうか。その後、門脇が金子の自宅から出てくることはなかった。

さらにその2日後の夜、門脇はお馴染みとなった黒コーデに身を包むと、再び金子の家へ。途中、コンビニで氷やお菓子などを購入するとそのままお泊まり。たっぷり自宅デートを楽しんだ。

コロナ禍でもひっそりと逢瀬(おうせ)を重ねる二人。気になるその関係について、門脇を直撃した。

――金子大地さんと交際されてますか?

「さ……されてないです」

――何度も自宅に通う姿を見ています。

「そうですか。ちょっと待ってくださいね。ごめんなさい」

――舞台の共演がきっかけと聞いてます。

「私からはまだ何も言えなくて……。事務所に聞いてもらえますか?」

そう言い残すと、駅のある方角へと立ち去っていった。

門脇の所属事務所に確認したところ、「大人ですのでプライベートは本人に任せています」との回答があった。今後が期待される若手同士、プライベートの充実を更なる活躍へつなげてほしい。

買い物を済ませ、金子の自宅へ向かう門脇。生活用品の買い出しを任されていることからも親密さがうかがえる
上下とも黒の服装に身を包み、黒のリュックで自宅から出てきた金子。ファッションセンスも二人の共通点だ
直撃に答える門脇。交際については具体的な回答を避けたものの、突然の問いかけにも真摯に応じてくれた
【本誌未掲載カット】大河女優・門脇麦が年下イケメン俳優・金子大地とお泊まり愛
【本誌未掲載カット】大河女優・門脇麦が年下イケメン俳優・金子大地とお泊まり愛
【本誌未掲載カット】大河女優・門脇麦が年下イケメン俳優・金子大地とお泊まり愛
【本誌未掲載カット】大河女優・門脇麦が年下イケメン俳優・金子大地とお泊まり愛
  • 撮影島颯太

Photo Gallery8

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事