石田ゆり子「ソファーでウトウト」忙し過ぎにファンが心配の声…! | FRIDAYデジタル

石田ゆり子「ソファーでウトウト」忙し過ぎにファンが心配の声…!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
もはや癒しの象徴である石田ゆり子(‘17年)

人気女優の石田ゆり子が自身のインスタグラムアカウントで公開した衝撃ハプニング写真がネットで話題を呼んでいる。「台本を読みながらまたソファで寝てしまった」と書き綴る石田。しかし、起きたらそこには思わず「えっ」と驚く光景が……一体石田に何があったのか!

石田が公開した写真に写るのは、フローリングに敷かれた白いマットの上に綺麗に置かれたアイテムたち。まずは、7月4日から放送開始の日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室』(TBS系)の台本。石田はこのドラマで、東京都知事役に挑戦する。そして、ルームシューズの中にはなぜか「虫眼鏡」「眼鏡」「ボールペン」が入っている。なんで、そんな置き方をしているのだろう。

石田自身がインスタの中でこう説明している。

<台本を読みながらまたソファで

寝てしまった。

もはや自己嫌悪を通り越して

ソファをベッドに改造してしまおうかとすら思う

(マットをもっと硬くするとか)。

そしてふと足元を見ると

こんな光景だった。>

そう、石田はソファで台本を読みながら寝落ちし、無意識に虫眼鏡と、眼鏡とボールペンをルームシューズの中に閉まっていたのだ。

この何とも可愛らしい光景に「ゆり子さんらしいです」「素敵な収納場所」「もはや小物入れかと」「チャーミングすぎる」「どこにメガネ突っ込んでまんねん」「そんなゆり子さんが大好き」といったコメントが殺到。なんと脅威の、16万5000いいね!が集まった。

大ヒットドラマ「逃げるは恥だか役に立つ」(TBS系)で癒し美女として再ブレイクを果たした石田。「年齢に抗わないナチュラルな美しさ」が注目されたが、その評価の裏には限界まで自分を追い込む努力があったようだ。ファンからは「忙しい中、ごくろうさま」「からだに気を付けて下さいよぉー」と石田を労う声もあった。

さて、ドラマでは都知事役を務める石田だが、本物の小池「百合子」都知事のようにありとあらゆる話題をかっさらってもらいたいものだ…!

  • PHOTO川上孝夫

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事