有村架純&佐藤健、椎名桔平、斎藤ちはる…有名人の焼肉会現場! | FRIDAYデジタル

有村架純&佐藤健、椎名桔平、斎藤ちはる…有名人の焼肉会現場!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

芸能人は交際相手との密会やドラマの打ち上げなどに、焼肉店を選ぶことが多い。芸能人御用達となると、VIPルームや一般客とは別に裏口を用意している店もあり、安心して食事ができるのだろう。それに、昼夜問わず仕事にまい進する彼ら彼女らは、とにかくエネルギーを蓄えなければならない。

旨い肉を食べれば、自然と力があふれ、笑みがこぼれるのは誰しも同じ。『FRIDAY』がキャッチした、芸能人の「焼肉宴会」現場をご紹介したいーー。

マーブル柄のワンピース姿でロケに臨んだ有村。大勢のテレビ局スタッフに警備され現場を後にした 『FRIDAY』2021年6月4日号より

渋谷の繁華街にある焼き肉店。5月上旬の夕方6時頃、こぢんまりとしたこの店に、30名近いテレビ局クルーが集まっていた。撮影が終わり、スタッフに囲まれながら外に出てきたのは、有村架純(かすみ)(28)と佐藤健(32)。この二人は、現在公開中の映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』で共演している。

「本作はコロナ禍にもかかわらず、2部作の興行収入が50億円を突破するなど快進撃を続けています。この日はバラエティの番宣収録だったようで、占い師のゲッターズ飯田も撮影に参加していました。実は佐藤は、かつてバラエティの企画で別の占い師に有村との相性を見てもらったところ、『抜群に良い』と言われたこともあるんです」(映画関係者)

店を出た有村は、すぐさま車に乗り込むと、近くの高級ホテルへ。ホテル内の控え室で着替えを済ませたのか、送迎車に乗り換えて帰路に就(つ)いた。

相性抜群の二人のタッグが、映画を大ヒットに導いたのだろう。

本誌未掲載カット 有村架純 バラエティロケ中の有村を発見 『FRIDAY』2021年6月4日号より

テレ朝・斎藤ちはるアナ

午後2時ごろ、約2時間の焼き肉ランチを終えて『K』を出る斎藤ちはるアナ(右)とイケメン。この後、徒歩で駅へ 『FRIDAY』2021年4月30日号より

3月も中旬を過ぎると、花ほころぶ春の陽気に誘われて都内はどこも人、人、人で溢(あふ)れていた。ここ表参道も例外ではない。そんな人込みの中で、ひときわ目立っていたのが、テレビ朝日の斎藤ちはるアナ(24)だ。

爽(さわ)やかなパープルのパンツに黒いブルゾン。スラッと背が高く、姿勢がいいので歩いているだけでもサマになる。

後ろで編み込んだ髪型は、数時間前に放送されていた『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)のときと同じ。今日はもう「上がり」なのかもしれない。

斎藤は人込みを縫うように路地の裏手へ入り、人気焼き肉店『K』へと入って行った。まもなく正午、仕事終わりでお腹が空いているのだろう。『羽鳥慎一モーニングショー』は玉川徹氏ら濃厚な出演者揃いだから、オンエア後はドッと疲れが出るのかもしれない。

「斎藤アナは入社3年目にして、次期エースの座をほぼ手中に収めています。幼少期から売れっ子モデルで、中3で受けた『乃木坂46』のオーディションに合格。第一期生として活動した美貌(びぼう)が群を抜いているのは当然として、人柄の良さがバツグンなんですよ。マジメで若手とは思えないほど落ち着いていて、趣味も考え方も古風。一緒に仕事をしたスタッフは必ず『また斎藤と組みたい』と言います」(テレ朝関係者)

だからこそ、’19年4月1日の入社日から『羽鳥慎一モーニングショー』の2代目アシスタントに抜擢されるという異例の人事が断行されたのだろう。当初は緊張で脚が震えたというが、”朝の顔”として視聴率首位に貢献している――なんて感心しているうちに『K』から斎藤アナが出てきたのだが、思わず二度見した。店内で合流したのか、山崎育三郎似のイケメンが一緒だったのである。

「上下ともブラウンで統一。いかにも仕立てのよさそうな服を着ていて、相当稼いでいそうでした。サラサラヘアに切れ長の目で長身。モデルか、俳優さんじゃなければ、外資系のエリートサラリーマンという感じ」(居合わせた客)

ビジネスの打ち合わせだったのかもしれないが、焼肉を食べながら斎藤アナと話ができるとは、テレビ越しでしか彼女を見たことない身からすれば、ちょっとうらやましい。

椎名桔平&原田知世

ホルモン焼き店に入ると、椎名と原田はホルモンと土鍋ご飯を楽しみ、店を後にした 『FRIDAY』2021年7月2日号より

超大物カップルは人知れず愛を育んでいた――。

涼しい夜風が吹き始めた6月上旬の午後6時、港区のマンション前に一台の高級車が停まった。運転席にはベースボールキャップに半袖半ズボン姿の男。超大物俳優の椎名桔平(56)である。誰かを待っているのだろう。椎名はスマホをいじりながら、外をキョロキョロとしている。待ち人が現れたのは5分後のこと。エントランスから大きなスーツケースを転がしながら、ベージュのワンピースに身を包んだ可憐な美女が出てきた。

美女はまっすぐ椎名のへ近づいていく。マスクで隠れた顔をよく見てみると……、なんと女優の原田知世(53)ではないか!まるで10 代から“時をかけてきた”ような美貌と若々しさだ。

椎名は原田に気づくと、すぐさま車から飛び降り、原田を迎える。スーツ―ケースを受け取り、トランクに詰め込むと、原田を優しく助手席へとエスコートしたのである。

「椎名さんは売れるまで、長い下積み生活を送っていたのに対し、原田さんは14歳でのデビュー直後から大ブレイクした。椎名さんは下積み時代からずっと、原田さんのファンだったと明かしていました」(制作会社関係者)

2人を乗せた車は渋谷方面へ。40分後、ホルモン焼き店へと入った。店内では椎名が肉を焼き、原田の皿に取り分けていく。原田も舌鼓を打っていた。時折、互いに見合って笑い合う2人。それはまるで熟年夫婦の食卓を思わせる光景だった。

人生の酸いも甘いも経験して、ようやく出会った「運命の相手」。ゴールインの吉報が届く日も近いのかもしれない。

那須川天心

11月下旬の夕方6時過ぎ、西日暮里駅近くの人気焼き肉店に向かう那須川一行。左の女性は格闘家の寺山日葵 『FRIDAY』2020年12月18日号より

プロ公式戦は42戦42勝。「キックボクシング史上最高の天才」と言われる男は、私生活も王者の名にふさわしかった。

昨年11月下旬の夕方、西日暮里駅(荒川区)近くの路上を7~8名の集団が歩いていた。自分よりはるかに年上のオトコたちを引き連れ、貫禄たっぷりに先頭を歩くのは、格闘家の那須川天心(22)である。一行は駅の近くにある、熟成肉がウリの人気焼き肉店へ入っていく。

「この日は11月1日に大阪で行われた大会の祝勝会でした。那須川の対戦相手は、その日が引退試合となった裕樹(38)。『RISE』の3階級を制覇した強敵でしたが、那須川は冷静に左飛びヒザ蹴りを決め、KO勝利しました。同じ日、那須川の父・弘幸氏のチームに所属する寺山日葵(ひなた)(19)も、同大会の女子軽量級で優勝。那須川の妹分的存在でもあるので、二人にスポンサーらが焼き肉をごちそうしたんですよ」(格闘技関係者)

なるほど、たしかに一人の男性が花束を箱に入れ、手に提(さ)げている。約3時間後、肉をたらふく食べてスタミナを付けたであろう那須川は、王者の風格を漂わせつつ、再び周りの大人たちを従えて店を後にした。一行は車に乗り込むと、那須川の自宅方向へ走り去っていった。

以前、「練習は練習。どんな時期でも最大限できることをやる」と語っていた那須川。毎日ハードな練習をこなしながら夜も豪遊するこのスタミナがあれば、連勝記録はまだまだ伸びそうだ。

有名人には焼肉が良く似合う。いい肉を食べて、エネルギーを蓄えて、これからも多くの人たちに仕事を通じて元気を与えてほしい…!

本誌未掲載カット 那須川天心 天才格闘家の豪快すぎる日常 『FRIDAY』2020年12月18日号より
本誌未掲載カット 那須川天心 天才格闘家の豪快すぎる日常 『FRIDAY』2020年12月18日号より
  • 撮影小川内孝行(有村架純)、高塚一郎(斎藤ちはるアナ)、島颯太(椎名桔平&原田知世)西原 秀(那須川天心)

Photo Gallary7

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事