深田恭子 実業家彼氏が交際宣言のウラに「結婚カウントダウン」 | FRIDAYデジタル

深田恭子 実業家彼氏が交際宣言のウラに「結婚カウントダウン」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
撮影現場では”猫耳タイプ”のフェイスシールドをつけていた深田恭子。そのキュートさが多くの人を惹きつけてやまない。いまは少しでも早く良くなることを願うばかりだ…

「えっ?爽やかじゃん」
「イメージと全然違う」

そんな声が取材記者からも漏れた。適応障害で芸能活動を休止中の女優・深田恭子の恋人で実業家の杉本宏之氏が、6月23日に自社のクラウドファンディングサービス「利回りくん」の記者会見にTシャツ姿で登場した。

杉本氏はお笑いコンビ「ミルクボーイ」とトークを交え、最後は集まった報道陣から「私生活で支えたい人は?」と“お約束”の質問が飛んだ。現場スタッフは慌てて制止したが、同氏はハニかみながら

「ありがとうございます。(深田を)支えていきたいですね」

と回答。公の場で初めて交際を認めたことになる。

2人の熱愛は‘19年1月に発覚。昨年には一部で結婚秒読みと言われたが、深田の所属事務所「ホリプロ」が難色を示しているとの報道もあった。ホリプロが懸念していたのは、杉本氏の“過去”だ。

「杉本氏は24歳だった‘01年、不動産会社エスグラントコーポレーションを創業し、当時の年収は軽く1憶オーバー。毎日のようにパーティー遊びを繰り返していたが、‘08年のリーマンショックで400億円の巨額負債を抱え、民事再生法を適用。その後、現在のシーラを創業し、‘16年に売上高197億円を達成した。元ヤンを公言し、派手に遊んできたタイプ。昔は典型的な“チャラ男”という印象だった」(芸能プロ関係者)

ところが、この日の杉本氏は清潔感漂ういでたちで、イケメンぶりが話題になるほどだった。現場取材したワイドショー関係者も

「もっとチャラいかと思ったら、全然違った。元ヤンと言われてもピンと来なかった」

と同調する。

チャラ男イメージからの脱却をアシストしたのは恋人の深田だ。ホリプロを説得するために「髪形や服装、礼儀作法まで、みっちり鍛えた」(事情通)という。

その甲斐あってか、この日、杉本氏はついに深田との交際を事実上認めるようなリアクションを取ることができたのだ。

「今までなら絶対許されなかった。勝手に話せば深田さんに迷惑がかかりますからね。それが“解禁”になったということは、ホリプロも2人の結婚を“容認”したということではないでしょうか。

深田さんが体調を崩した際も、時間の許す限り、寄り添ってあげている。深田さんも彼に全幅の信頼を置いているそうだ」(スポーツ紙記者)

消せない“過去”についても杉本氏はそれを逆手に取り、この日のイベントではマスコミに自ら「プレゼン」していたという。それによると、8歳の時、交通事故に遭って死にかけ、13歳の時に母が病死。14歳の時に父の会社が倒産し、非行に走った杉本氏は16歳の時にバイク事故に遭ってまた死にかけた。

さらに18歳の時には、折り合いが悪かった父に刺される経験もしている、とのこと。杉本氏は会見で「18歳までに3回ほど死にかけています」とサラリと言ってのけた。

「父親に刺された話は衝撃的。当時の杉本氏は地元でケンカに明け暮れていたそうです」(同・スポーツ紙記者)

こうした話を堂々できるようになったのも、深田との関係が良好であるからに他ならない。

「ビジネス的な話をすれば、同社の『利回りくん』は社運をかけた一大事業。自分が喋ることによって知名度アップにつながると考えたのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

深田が適応障害で先月から芸能活動を休んでいることもあり、ここで自分が支えることを前面に出す…とともに、事業についてもアピールするチャンスと捉えたようだ。

甘いマスクのウラでプロモーション戦略も抜群。杉本氏の今後の“仕掛け”に注目が集まる。

  • PHOTO足立百合

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事